Yahoo! JAPAN

500本限定!「奇跡のぶどう」を使用した和食によく合うワイン フェリシモが展開する「f winery(エフワイナリー)」に行ってきました 神戸市中央区

Kiss

昨年11⽉19⽇にオープンした、フェリシモが展開する都市型小規模ワイナリー『f winery(エフワイナリー)』に行ってきました。あわせて限定500本の新作ワイン「f winery001 木村式ナイアガラ」を紹介していきます。

営業日は金・土・日曜、祝日。これまで国内外のワインを通信販売してきたフェリシモが自社でのワイン製造を初めて行い、様々な産地からその時々の良いぶどうを仕入れて土地や風土、気候変動に制約されないワインづくりを行っています。

ガラス張りの店内から外を眺めると一面海と空!土・日曜、祝日は朝11時から営業しているので、明るいうちから素敵な景色とともにワインを楽しむのもいいですね。

さらに、バーカウンターの後ろには醸造家が常駐する「醸造区」を見ることができます。スロベニア製のステンレスタンク7器と樹脂タンク2槽の計9つのタンクで、750ミリリットルフルボトルに換算し最大年間約3万本を製造可能だそうです。醸造区のなかは、衛生環境を保つためにフェリシモの社員の方も基本立ち入り禁止なんだとか。

ラベルのデザインもぶどう「ナイアガラ」をイメージ


こちらは「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則氏が北海道余市町で栽培した木村式自然栽培のぶどう(ナイアガラ種)で醸造した新作ワイン。肥料・農薬・除草剤などを使用せず、自然が持っている力や土壌微生物活性化、生物の共生、それに伴う自然界のバランスを最大限に引き出して栽培した「奇跡のぶどう」と呼ぶにふさわしい果実を使用しています。

(左)木村秋則氏(右)同ワイナリーに届いたナイアガラ 出典:株式会社フェリシモ


2021年秋に木村氏から果実を同ワイナリーが預かり、年が明けてできあがった500本のワインは「f winery001 木村式ナイアガラ」と名付けられました。001から100番までは特別なワインを作ったときだけに与えられる永久欠番なんだとか。その記念すべき00番台の第一弾をぜひ堪能してくださいね。

f winery001 木村式ナイアガラ(グラス700円、1本5500円)


グラスを口に近づけると葡萄の甘い香りがぱっと広がります。お酒が強くない人でもごくごくと飲めてしまうような、吟醸酒を思わせる軽やかな飲み心地。爽やかな余韻がいつまでも残り、寿司や刺身、魚介系のお酒など、特別な日の食卓で楽しみたい!スタッフさん曰く「3回に分けて3日間かけて飲んでみると、少しずつ味が濃くなり3日目も最高なんですよ」とのこと。

そのほか「f winery(エフワイナリー)」のオリジナルワインも多数用意。気になるものがあれば試飲をしながらチョイスすることが可能です。また、自宅にワインが年間12本(もしくは15本)届く「年間パートナー」(55000円)もあるので気になる人はチェックしてみてくださいね。

ワインとあわせて食事としても楽しめるカップスープとバゲット、前菜ミニプレートのセットも用意。

スタッフさんにおすすめのワインを伺いながら、自分にぴったりの味を見つけてくださいね。

店舗
f winery(エフワイナリー)
神戸市中央区新港町7-1(フェリシモ本社「Stage Felissimo」1階海側)

営業時間
金 15:00~21:00(L.O.20:00)
土日祝 11:00~21:00(L.O.20:00)
※SNSで最新の営業日時を確認ください

TEL
078-332-2468

【関連記事】

おすすめの記事