Yahoo! JAPAN

大人心のド真ん中にささる喫茶店へ 三宮『喫茶ストライク』実食レポ 神戸市中央区

Kiss

神戸国際会館から海側へ徒歩2分の場所にあるビルの2階に、喫茶店というには少しかけ離れた、まるでBAR?な空間が存在します。木の看板が目印です。

最近、喫茶店という名の店が減ってきている現状が寂しいとの思いから、あえて今、喫茶店の精神が一本通っている店を誕生させたいとオーナーの比嘉さんと、店長でありバリスタの平井さんが考案し、めがね舎ストライク、BARストライクに続く3店舗目として昨年1月にオープンしました。

喫茶店と言っても、ここならではの面白さやこだわりもプラスされ、喫茶の変態 “喫茶2.0” をテーマに、次世代の喫茶文化を目指しているそう。店の雰囲気やグラス、ドリンクどれもが、コーヒーとカクテルを熟知したバリスタとバーテンダーが協働して作り上げただけあって、ストーリーがあり妥協のないこだわりが、貫かれています。

あるべき良き喫茶文化の継承を意識しつつ、一歩踏み込んだ新しい喫茶文化も堪能できる


レシピを重視するバリスタと、創造力や即興性に富んだバーテンダーとでは、アプローチのし方が違う。両者が協働し開発するメニューにその事実をどう落とし込むのかが大きなテーマであり、最も苦労した点だったと。バーっぽさで奇をてらっているわけではなく、コーヒーや提供するメニューへのこだわりは喫茶店そのものであり、時に柔軟性も取り入れるところが、“喫茶2.0”なのかも。

静かな時間を過ごすのに最適な空間


対話の中からその人に合ったものを見つける「Bespoke(ビスポーク)」を大切にしているそう。めがね舎ストライク、BARストライクにおいても、大切にしていることのひとつ。交わす言葉の中から、心のど真ん中にぴったりとハマるストライクな味わいが提供されます。

スペシャルティコーヒー 550円/HOT(浅煎、中深煎、深煎)。今日は浅煎・ドミニカで一服


バリスタと対話しながらコーヒーを楽しむには、カウンター席をおすすめしたいですね。

対話を大切に、お客様にとってストライクな商品を届けられたらうれしいと話すバリスタ平井さん


カウンター奥には、しっとりと色を放つ器の数々が並びます。「スペシャルティコーヒー」を注文するとこの器に注がれ、新感覚な一服に。今回は、ブドウやプラムのようなフルーティーさと赤ワインのような豊潤さの「ドミニカ」を、5月をイメージした淡い緑色の器でいただきました。

今日は「柔らかい緑のとき」。風にそよぐような緑を感じる器


女流せとやき作家の深田涼さんが作る「旅する茶碗」と題する瀬戸焼の器は、ひとつひとつに物語が込められています。今月の色の器で提供されるほか、誕生月を選んだり、自分で気になる色のリクエストも可能です。(コーヒー、紅茶、カフェラテ注文時のみ茶器で提供)

エスプレッソシェケラート 600円(税込)


暑くなるこれからの季節にぴったりのひんやりとした「エスプレッソシェケラート」。エスプレッソに砂糖を溶かし氷で冷やしたあと、ブレンダーを使って空気をたっぷり取り込んだドリンクは、提供後の写真撮影は数秒で終わらせるのがおすすめ。ふんわりエアリー感が消えないうちに飲み干したい一杯だから。

「コーヒーハイボール」シーバスリーガル12年×ドミニカ900円(税込)ほか数種


看板メニューになりつつある「コーヒーハイボール」。コーヒーを漬け込んだウイスキーに、自家製コーヒーシロップを加えて炭酸で割ったもの。今回は、シーバスリーガル12年にフルーティーでワインのような味わいの「ドミニカ」を合わせたものを一杯。ウイスキーのあとからコーヒーの香りと華やかさが、バランスよく追いかけてくるのを感じます。

グラスや氷へのこだわりにも注目したい


いつもと違う気分で飲みたい時、仕事のあとにすっきりと飲みたい時におすすめ。さらに大人を満喫できるのは、昼下がりにカウンターで飲む「コーヒーハイボール」。わずかな罪悪感と最高の贅沢時間を与えてくれます(笑)。

本日の「大人のプディング」はヘーゼルナッツのお酒入り550円(税込) ※日によって種類、値段は変わります


現在定番のスイーツは、固めな食感が懐かしい濃厚な「ビスポーク・カスタード・プディング」と、お酒入りの「大人プディング」の2種。取材時は、ヘーゼルナッツのお酒を使った、まろやかなくちどけでとナッツ感が口に広がるプディングとなっていました。どちらも丁寧に手造りされた数量限定メニュー。

「ビスポーク・カスタード・プディング」400円(税込)。しっかりめの懐かしいプディング


プディングの甘さと似合う深く苦みのきいたエスプレッソのカラメルソースは、プディングを食べ終わったあとも、飲むカラメルソースのように最後まで堪能。日によってメニューの変更や品切れになる場合あり。

コーヒーやカクテルだけでなくノンアルコール、紅茶、ソフトドリンクまでそろう


斬新さもあり見た目は、ほぼBAR。ど真ん中をめがけて淹れた一杯を届ける思いがブレないところは「喫茶店」、という正統派な枠から外れていない不思議さが、一度訪ねると、居心地の良さに自分だけの隠れ家にしておきたい、という気持ちにさせるのかもしれない。

※今回ご紹介したメニュー価格は取材時のものであり、変更する場合があります。

場所
喫茶ストライク
神戸市中央区八幡通4丁目2-24 セビーヌ神戸三宮ビル2F

営業時間
平日 12:00〜20:00、土・日曜、祝日 11:00〜20:00

定休日
水曜

問い合わせ
080-5864-4963

【関連記事】

おすすめの記事