Yahoo! JAPAN

新デザインの「名探偵コナン列車」出発進行! 24日からは抽選でコナングッズが当たるキャンペーンも

鉄道チャンネル

出発式の様子。写真右から西日本旅客鉄道(株)理事 米子支社長 佐伯祥一さん、北栄町長 松本昭夫さん、鳥取県知事 平井伸治さん(2021年9月18日 鳥取駅にて)

2021年9月18日、「名探偵コナン列車」の新デザイン車両が運行を開始した。

1994年に連載が始まった人気マンガ『名探偵コナン』作者の青山剛昌さんは鳥取県出身。その登場キャラクターたちを車体に描いた「名探偵コナン列車」は、「まんが王国とっとり」の建国を記念して2012年度に運行を開始した人気のラッピング車両だ。

青山剛昌さんのふるさとにあるJR由良駅は、2013年12月に愛称「コナン駅」に。鳥取県には他にも「青山剛昌ふるさと館」「コナン通り」「鳥取砂丘コナン空港」などがあり、いわゆる「聖地」を訪れるファンの姿も見られる。

本年9月上旬まではコナンや怪盗キッドのイラストをあしらった「ピンク色車両」、工藤新一や毛利蘭などが描かれた「青赤車両」の2本が走っていたが、「ピンク色車両」は9日に運行を終了。そのデザインを一新したのが今回デビューした「新デザイン車両」だ。「名探偵コナン列車」としては4代目にあたる。

新デザイン車両 正面イメージ
新デザイン車両 車体側面デザインイメージ

2両それぞれにテーマが設定されており、米子側は「招集された探偵たち」、鳥取側は「少年探偵団」とし、テーマにあわせたキャラクターたちを描いた。また内装にもコナンと探偵風衣装の工藤新一を配し、トイレ入り口のピクトグラムは工藤新一と毛利蘭を模したイラストに。

新デザイン車両の運行区間は鳥取―米子間。今後の運行予定は、鳥取県まんが王国官房ホームページに掲載予定。

コナングッズが当たる!リニューアル記念キャンペーンも実施

「名探偵コナン列車」の新デザイン車両登場を記念し、「9~10月」「11月」「12月」の各月で、抽選で10名にコナングッズが当たる「ツイッターフォロー&リツイートキャンペーン」も実施する。

ツイッターアカウントを用意し、「まんが王国とっとり公式アカウント」をフォロー。そして当該キャンペーンの対象ツイートをリツイートすれば応募できる。

キャンペーンは2021年9月24日からで、応募方法詳細等は前述の鳥取県まんが王国官房ホームページに掲載されている。

画像:鳥取県まんが王国官房
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/)

【関連記事】

おすすめの記事