Yahoo! JAPAN

シーズン終盤の渓流エサ釣りで良型ヤマメ&イワナ手中 サイズ感に満足

TSURINEWS

名栗川で釣りあげた28cmヤマメ(提供:TSURINEWSライターなぱぱ)

埼玉県飯能市にある名栗川支流へと釣行。3つの支流を渡り歩き、シーズン終盤戦に良型サイズのヤマメとイワナが釣れてくれ、納得の釣行となったのでレポートしたい。

名栗川支流域

名栗川は決して大きい川ではないが、支流の数はそこそこにある。水量も少ない川であるが、条件次第ではそれなりの魚と出会えることもあり、増水でも狙う価値あり。支流域の放流は皆無なので、魚影が濃い川とは決して言えないが、それだけに釣れる魚は当然ながら綺麗だ。ゆえに数は出なくても、綺麗な1尾との出会いを大事にできる川なのだ。今回は今季ラストの名栗川釣行と決めて挑んだ。

名栗側支流の釣り場風景(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

渓流エサ釣りタックル

4.5mの渓流ザオに、ミチイト0.6号を1.5mほど結ぶ提灯仕掛けにするので、ヤマメ7号バリを直結。目印を3つ付けて、オモリはガン玉2Bで状況により数珠付け。本日のエサは、ミミズだ。

エサは頼れるミミズくん(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

早々に20cm級ヤマメ

9月7日は今季ラスト名栗川釣行と決めたので、早起きして現地到着は5時30分と努力した。早々に準備してから入渓するが他に釣師はいない状況なので、下流域から中流域まで遡行できればと考えた。

開始早々、レギュラーサイズのヤマメとイワナが掛かる。増水気味の水量なのでサカナからの反応はまずまずである。そして7月にも釣れたポイントでは20cmクラスのヤマメ2尾が出て幸先イイ感じである。

早々にヤマメが登場(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

上流の滝を超えた小場所が意外と熱いのだが、今日はアタリがなく、掛かるのはカウントできないサイズと厳しい状況。そして上流に向かうと車止めに釣り師の車があり、挨拶された。どうやらこの先から入るようなので、時間もまだ7時過ぎなので私は別の支流に移動することにした。

ポイント移動でイワナ手中

本流最上流域の山中入りに行くと釣り師の車が見えたので、有間ダム上の有間川へと移動した。こちらも釣り師の車があるが、1人2人では到底探りきれないはずなので、様子を見ながら有間川へと入渓した。

有間川の釣り場風景(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

林道を歩いて上流へ向かう途中に先行者と思われる釣師がいたが、私の入る場所よりも遥かに下流なので安心して入渓地点まで歩く。そしてお気に入りのポイントで23cmの良型イワナが出てくれた。

良型に喜びつつ1尾追加して林道を見上げると、釣り師が上流へと歩いていった。色々とタイミングが悪いので、有間川は切り上げて隣の逆川へと移動することにした。なかなか思うようにはいかない釣行であるが、この決断が後の好結果につながることになった。

有間川で釣れた23cm良型イワナ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

3つめの支流は逆川へ

時刻は9時過ぎで空は小雨模様だ。増水気味のコンディションにこの天気、7月の釣行と同様のパターンである。釣れてくれれば嬉しいがどうだろうか?実積ポイントへと足早に林道の坂を上がっていく。

川を見ながら上がるが釣り師は見かけないので、目的の入渓場所へと入りまずは小場所を攻める。すると17cmのイワナが釣れた。ココでは次はなく狙いのポイントへ上がり、慎重に振込みアタリを待つ。

躍動感あるイワナ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

仕掛けが狙い通りに入りその間4秒、ゴンゴンとアタリが出た直後に即座にアワせると、良型が掛かった。同場所では毎回勝負は即座に決めているので今回も強引に行くと、わずか十数秒で私の勝利であった。釣れたサカナは28cmのヤマメで、私的には文句なしのサカナだ。

無事ネットインしたヤマメ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

サイズ感に満足

やはり渓流釣りにおいて納得のサカナを釣るためにはコンディションが最重要であると再認識できた。最終釣果は8尾だが、サイズ感がやはりとっても嬉しく綺麗なサカナばかりであった。釣れたイワナとヤマメは同支流の下流へとリリースして退渓した。今季ラスト名栗川釣行も気分よく終了できた、来季もまた綺麗なサカナに出会いたいと思う。

良型も交じり釣果は8尾(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

名栗川支流釣行時の注意点

一昨年の台風19号の爪痕で落石している場所もあり、林道陥没や川自体が変化している場所も多々見受けられる。陥没した場所が工事で改善されてきた所もあるが、釣行される場合は遡行の際、十分に注意して移動していただきたい。どこの渓流でも私は『自分には遡行が無理だと思う場所は無理をせず前進しない』と決めている。あくまで入退渓が個人レベルで可能な釣り場で釣行するのがベストなので、一連の安全を考慮して楽しんで頂きたいと思う。

安全第一で楽しみたい(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The postシーズン終盤の渓流エサ釣りで良型ヤマメ&イワナ手中 サイズ感に満足first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事