Yahoo! JAPAN

東武、「ももクロ」の曲を発車メロディーに 富士見市内の東上線3駅で4月8日から

鉄道チャンネル

富士見市PR特別大使「ももいろクローバーZ」左から佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに(画像:富士見市・東武鉄道)

「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市」ライブから5年――

富士見市と東武鉄道は2022年4月8日(金)より、富士見市内の東武東上線3駅(みずほ台駅、鶴瀬駅、ふじみ野駅)の発車メロディーを「ももいろクローバーZ」(以下、ももクロ)の曲に変更する。放送期間は2023年3月31日(金)まで。

採用した曲はいずれも「笑顔」がテーマ。コロナ禍を乗り越え、市制施行50周年を「笑顔」で祝い、これからの富士見市に「笑顔」と「絆」をはぐくんでいきたいという思いから選定された。

放送曲名および番線は次の通り。全てのホームで、それぞれ異なる発車メロディーが流れる予定という(歌は含まれない)。

「走れ! -ZZ ver.-」
作詞:NOBE、モリモトコージ 作曲:KOJI oba、michitomo
みずほ台駅1・2番線(下り・上り)、ふじみ野駅1番線(下り)

「行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-」
作詞・作曲:前山田健一
鶴瀬駅1・2番線(下り・上り)、ふじみ野駅4番線(上り)

「ニッポン笑顔百景 -ZZ ver.-」
作詞・作曲:前山田健一
ふじみ野駅2番線(下り)

「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」
作詞:只野菜摘 作曲:invisible manners
ふじみ野駅3番線(上り)

あわせて東武東上線の50000型車両1編成に、ももクロメンバーのオリジナルヘッドマークを掲出、4月8日(金)~5月31日(火)まで、池袋~小川町駅間で運行する。

(画像:富士見市・東武鉄道)

富士見市は2017年に開催した「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市」ライブをきっかけに、翌2018年からももクロを「富士見市PR特別大使」として委嘱している。発車メロディー放送事業は富士見市が企画し、ももクロの所属事務所であるスターダストプロモーションをはじめとした各所の協力を得て実現した。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 幾重に重なる紙の幾何学模様 彫刻切り絵作家・輿石孝志が伝える「新世界」

    おたくま経済新聞
  2. 原因不明の腰痛は不良姿勢のせいかも。高齢者でも行える姿勢改善トレーニングを紹介

    「みんなの介護」ニュース
  3. 「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「火垂るの墓」など あさご芸術の森美術館『アニメーション美術の創造者 新・山本二三展』朝来市

    Kiss PRESS
  4. 伊賀南部クリーンセンター 2日連続で火災 けが人なし

    伊賀タウン情報YOU
  5. 三村マサカズ、さまぁ~ず・単独ライブ初日前に足を痛める 千秋楽まで乗り切り「アスリート並のことをやった」

    Techinsight
  6. <お下がりクレクレママ>困ってる人を助ける「過剰な親切心は迷惑?」【まんが:結衣の気持ち】

    ママスタセレクト
  7. 大木優紀さん、“高給”テレ朝アナ辞め転職した理由

    ナリナリドットコム
  8. 片岡愛之助、妻・藤原紀香と墓参りへ「お稽古で行けなかった」

    Ameba News
  9. 杉浦太陽、妻・辻希美の手料理を絶賛「やはり、ノンのご飯は最高」

    Ameba News
  10. 平野ノラ、君島十和子さんから貰った品を公開「大切にさせていただいてます」

    Ameba News