Yahoo! JAPAN

電話から聞こえる「ニャー」に「うちの子では?」と飼い主 行方不明だった愛猫と無事再会(英)

Techinsight

8か月前に行方不明になった愛猫とようやく再会した飼い主(画像は『The Northern Echo 2022年1月18日付「Woman reunited with missing cat after recognising his meow on phone call」』のスクリーンショット)

行方不明になったペットと飼い主が再会できるとは限らないが、イギリスのある飼い主は電話口の向こうから数か月前に行方不明になった愛猫の鳴き声がすることに気付き、無事再会に至ったという。『The Mirror』『The Northern Echo』などが伝えている。

英エセックスのブレインツリーに住むレイチェル・ローレンスさん(Rachael Lawrence、40)が、8か月ほど前から行方不明だった愛猫“バーナビー(Barnaby)”と再会できたことが話題になっている。レイチェルさんはひょんなことから耳にした猫の鳴き声でバーナビーと気付き、再会を果たした。

レイチェルさんは当時、もう1匹の愛猫“トヴィー(Torvi)”を治療のため動物病院に預けていた。そしてある日、獣医からトヴィーの手術後の経過を電話で報告を受けたのだが、電話口の向こうで「ニャー」という猫の鳴き声が聞こえたそうだ。

猫の鳴き声が気になったレイチェルさんは「鳴いているのはうちのトヴィーですか?」と尋ねたところ、獣医からは「いえ、1週間前に連れてこられた迷子の猫の鳴き声です」と答えが返ってきた。レイチェルさんはその鳴き声が8か月前に行方不明になったバーナビーと似ていたため、電話を切った後も気になって仕方がなかったという。

いても立ってもいられなくなったレイチェルさんは、数時間後に獣医に電話で「猫の鳴き声が気になって…その猫は黒い猫ですか?」と確認した。「片方の後ろ足に白い斑点がありますか?」とも聞いたところ、獣医からの答えはすべて「イエス」だった。

レイチェルさんはトヴィーを引き取りに行く際にバーナビーの写真を持って行き獣医に見せたところ、まさに鳴き声の主がバーナビーだったことが判明したのだ。その場でバーナビーと再会したレイチェルさんは、のちにこう振り返っている。

「もう泣いて泣きまくって、鼻ちょうちんができるほど泣いたわ。だって8か月も会っていなかったから。」

そしてレイチェルさんは3人の子供たちにビデオ電話でバーナビーを見せつつ「見て! 誰だか分かるわよね」と声をかけると、子供たちは嬉しそうに「なんてこと! バーナビーじゃないの! うちの“ファットマン(Fatman)”だ!」と声をあげたそうだ。

以前のバーナビーは少し太り気味で子供たちは「ファットマン(太っちょ)」と呼んでいたが、再会した時のバーナビーはすっかり痩せて被毛も薄くなり、かさぶただらけだったという。しかしレイチェルさんに抱かれると安堵した様子を見せていたそうだ。

ちなみにレイチェルさんはバーナビーが行方不明になる前にマイクロチップを装着させたようだが、「どうも適切に装着されていなかったようです」と話している。

画像は『The Northern Echo 2022年1月18日付「Woman reunited with missing cat after recognising his meow on phone call」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

【関連記事】

おすすめの記事