Yahoo! JAPAN

津田健次郎『ナンバMG5』特別編で豆三郎と奇跡の共演!「うれしいサプライズ」

フジテレビュー!!

津田健次郎さんが、松役の豆三郎との共演を振り返りました。

柴犬の松(豆三郎)は、間宮祥太朗さん主演の水10ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ)のアイドル的存在で、その声を人気声優の津田健次郎さんが務めてきました。

津田さんは、いわゆる“中の人”のため、劇中に登場することはなかったものの、6月29日(水)放送の『ナンバMG5』「全開バリバリでアリガト」編に、特別に出演。

以前より、津田さんと豆三郎の共演を望む声が多かったため、ファンは大盛り上がりとなりました。

フジテレビュー!!は、津田さんと豆三郎の共演シーンに密着するとともに、収録後に津田さんにインタビュー。特別編の出演について、また、豆三郎やドラマへの思いについても聞きました。

松と一心同体で収録してきたつもりなので、撮影が楽しみだった

<津田健次郎 インタビュー>

──このたび、声だけではなく、本人役として出演も果たされた感想をお聞かせください。

お話をいただいて、「いいんですか!?」と思いつつも、本当にすごくうれしかったですね。

ずっと、松の声でアフレコの収録現場にはいましたけど、撮影現場の方には行けていなかったので、どこかでみなさんの顔を見られたらなぁ、と思っていましたので。

今日、たくさんのスタッフのみなさんともお会いできましたし、こういう雰囲気で撮っていたんだなというのもわかって、本当に素敵な機会をいただきました。

──豆三郎くんとは写真の撮影で一度会っていますが、お芝居をしてみていかがでしたか?

いやぁ、本当にいい子でしたね。正直、もっと撮影に時間がかかるかなと思っていたんですけど、すごくスムーズに進んでいって。

本当に絶妙なタイミングで、こっちを振り向いてくれたり、神がかり的な瞬間があって…改めてすごい子だなと感じました。

このあと、もう一度僕が出たシーンで、松の声をアテるので、何か不思議な感覚になりそうです(笑)。

──これまで、豆三郎くんの芝居を見ていて、どんなことを感じていましたか?

印象的なのが、口を開けているのを正面から見ると、笑っているように見えることですね。「すごく笑顔だな」っていうのが、本当に印象的で。

本広(克行)監督がおっしゃっていましたが、第1話を撮っていたころは、もっと大変だったそうなのです。

でも、現場を経験するうちに、どんどん成長していったと。わずか数ヵ月ですけど、豆(三郎)も成長したんだと思うと、感慨深いものがありました。

声を収録する時も、画面越しに面白い顔をしたり、いろいろな表情を見せてくれていたりしたので、僕も、ただセリフを話すだけではなく、「豆三郎くんがしゃべっているように見えるなぁ」と感じるところでは、心の声みたいなものを遊びで足させていただきました。

そんな感じで、僕としては、松と一心同体で収録してきたつもりでしたので、今日の撮影をすごく楽しみに迎えました。

また、集まる機会があれば、その時はすぐに帰ってきます

──声の収録ではどんなアドリブを足していたのですか?

わりと遊ばせていただいたかなと思います(笑)。豆三郎くんがワンワン吠えていたりすると、「このセリフの尺だと、その前後でも何か言った方がいいのかな」と思って、ちょっとずつ足したりしていましたね。

第9話で剛と吟子ちゃん(原菜乃華)と松が部屋で話している時も、豆三郎くんが何かしゃべっているような声を小さく発していたから、「アニキ〜、俺も心配だよ」というセリフの流れで、ちょっと相づちを入れたりして、ニュアンスでしゃべっていました。

そんなふうに豆三郎くんが動いてくれるので、こっちも合わせていくのが楽しかったですね。

──番組の公式Tik Tokでも松の声をアテていらっしゃいましたが、すべてアドリブで収録されていたそうですね。

最初にTikTokの収録をさせてもらった時に、映像を一度見て松として思いついたことを自由にしゃべる、という感じだったのです。そこからそのスタイルで…。

そういう意味では瞬発力と言いますか、考えるよりも反射的にしゃべっていった方がいいのかな、と。ですので、どの投稿も全部ワンテイク、1回で録っています。

おかげさまでたくさん再生されているようで、僕もうれしいです。

もちろん、コメントも全部読ませてもらっていますよ。「かわいい、かわいい」「まちゅ(松)、まちゅ」というのも多いですが、中にはすごく熱心なコメントを書いてくださっている方もいて。ありがたいことです。

──最初は松だけの映像が多かったですが、だんだんと本広監督やキャストも登場するようになって。そのあたりのご苦労というのは?

本編で松との関係性がないキャラクターだと、どういうふうな感じでしゃべればいいのか、ちょっと考えたりはしました。例えば、(剛が通う白百合高校の美術部の)部長(加藤諒)と副部長(藤田真澄)は、ちょっとナメた感じがいいのかな、みたいに(笑)。

あと、(白百合高校きっての仲良しカップルの)トオル(久本雅弘)とアキ(藤本沙紀)にも、「なんだよ、イチャイチャしてんじゃね〜よ」みたいなことを言ったりして。

松には“彼女”がいないので、きっとムカついているだろうなって(笑)。

そんなふうにしてSNSも込みでドラマがすごく盛り上がっていって、評判もどんどん良くなっていったので、参加させていただいてすごくうれしかったです。

アニメの収録現場でも結構、スタッフさんから「犬(=松)…見てますよ!」なんて言われることも多かったですね。

──津田さんと松が対面する「全開バリバリでアリガト」編も、放送後には大反響を呼ぶと思われます。

話題になるとうれしいですねぇ。

第1話と同じように「全開バリバリでアリガト」編でも、松が家出しちゃうんですが、ちょうどサンドイッチ的な構造になるので、すごくおしゃれだな〜、なんて思ったり。

その1話で映ったポスターをバックに、松と対面するという登場の仕方をさせていただいて…めちゃくちゃありがたいです。

──いよいよ『ナンバMG5』も完全終幕となりますが、津田さんの中で思い出深い回は何話でしょうか?

僕はやっぱり…松の声を担当させてもらっているので、1話ですかね。難破家のみんなを紹介したり、松が家出してあっち行ったりこっち行ったりしてというのが、すごく印象的でした。

もちろん2話以降も面白かったですし、いろいろな起伏があって、後半にはシリアスな展開にもなっていきましたけど、松的には1話が思い出深いです。

──『ナンバMG5』という作品と登場人物たちとの別れを惜しむ声がたくさんあります。最後にツレ(『ナンバMG5』のファン)のみなさんにメッセージをお願いします。

『ナンバMG5』をご覧いただきまして、本当にありがとうございました。

僕は、松とともに楽しい時間をずっと過ごさせていただいて、今回、このように豆三郎くんと一緒にお芝居ができる機会もいただいて。

うれしいサプライズでしたけど、本当に素敵な機会をいただいて、僕としてもきれいに『ナンバMG5』をいったん卒業できるのかなと思っております。

作品自体も、みなさんに本当に応援していただいたおかげですごく盛り上がって、熱い熱いドラマになったかと思いますので、これからもいろいろ思い出していただければ、と思います。

そして、また『ナンバMG5』で集まる機会があれば、その時はすぐに帰ってきますので!

取材・文:平田真人

【関連記事】

おすすめの記事