Yahoo! JAPAN

メタルジグを価格毎に徹底比較 現行品・棚落ち品・100均製品の違いは?

TSURINEWS

メタルジグで釣ったサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メタルジグは、底を取る釣り方が基本になるので、ロストしやすく、気軽に使いにくいルアーです。ここではメタルジグを価格帯で3種に分類し、その使い分け術を紹介します。

メタルジグは価格的に3種類

知っておきたいのが、メタルジグのコスパ。おおむね3種類ある、100均ジグ、棚落ち品、そしてメーカー現行品のコスパを考え、釣り場の条件や釣り物に応じて、うまく使いましょう。

100均品、棚落ち品、メーカー現行品。メタルジグは価格帯だけで考えればこの3種類でしょう。タングステン製やブレードがついたものなど、やや高価なものもありますが、それもメーカー現行品としてここでは考えることにします。

100均品はまさしく100円。釣具店の棚落ち品は、安いものであれば350円程度で購入できます。メーカー現行品、これは価格に差がありますが500円~1000円くらいです。

100均のメタルジグ

まず100均ジグについて考えてみましょう。

筆者の使用するカスタムした100均ジグ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

100均ジグは、メタルジグそのもののアクションなどは劣るものではないと筆者は考えています。ただ、ハリとスプリットリングがサビやすく、ほとんどこの部分は使い物になりません。釣っている途中にサビてくるレベル。ハリ先は最初から甘い、ここが最大の問題です。

スプリットリングとハリのカスタムがほぼ必須となるわけですが、この場合、トータルで350円くらいのコストがかかり、棚落ち品とそう変わらない値段となります。ただ、メタルジグそのものは一流品となるので、350円で一流品ができると思うと悪くありません。

棚落ち品(ワゴンセール)

続けて、100均ジグよりも多少高価にはなる棚落ち品(ワゴンセール)です。

釣具店の棚落ち品がどのような基準でまさしく棚落ちしているのかわかりませんが、筆者がいくつか使ってきた印象からいえば、やはりハリやスプリットリングはサビやすいです。ただ100均のものと比べると、サビても強度は比較的高く、ハリ先も甘くなりにくいように思います。

安く買える棚落ち品(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アタリハズレがかなり多い棚落ち品ですが、筆者は気に入っています。メタルのアクションなどはどちらかといえば釣り人の操作次第なので、「つくり」の部分は気にしていません。

「強度面にさほど心配はないが、サビやすい」ということを理解して使えるならば、棚落ち品は釣れますし、ジグのかさましというか、ロストしやすいところでルアーの「数」がいるときに持っていってもいいでしょう。

メーカー現行品

さて、メーカー現行品です。現行品はさすがといわざるをえない出来です。ハリもスプリットリングもちょっとやそっとではサビません。

現行品はカラーにこだわりも(提供:TSURINEWSライター井上海生)

塗装が剥がれやすいなど、メーカーによって弱点が噂されているものもありますが、そのへんは使い方次第ではないでしょうか?おそらく、サーフでバタバタとジグを着底させていると、どれだけ塗装が強力なジグでも一日でかなり剥げます。

ハリ先も甘くなりにくく、やはりジグのアクションなどにも工夫したものが見られるので、現行品がこの中で一級のものであることは間違いありません。ただし、メーカー定価、ある程度割引された価格で500円~という額にはなります。

釣れるのは変わらない

筆者の印象では、100均、棚落ち品、メーカー現行品、どれを選んでも、魚の反応は変わりません。

なんでも釣れちゃうサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メタルジグは、カラー、水色とのマッチング、そしてウェイトとジャークがキモです。価格で「釣れる・釣れない」という品質がどうという感じはしません。

コスパが良いのはメーカー現行品

ジグの、特にハリ周りの耐久性ということでいうと、やはりメーカー現行品が群を抜きます。釣りというのはハリの刺さりが命なので、やはりコスパにもっとも優れるのは、ある程度の額を払ったとしても、メーカー現行品でしょう。

しかし見逃せないのは、100均ジグのカスタムです。トータル350円程度で一級品に近いジグを作れるので、これをメインに使っても面白いかもしれません。棚落ち品はその中庸、といったところでしょうか。

基本的に、素の状態で使うとすれば、コスパは、メーカー現行品>棚落ち品>100均ジグです。

しかし、100均ジグをカスタムすれば、メーカー現行品≒100均カスタムジグ>棚落ち品、の順番にもなりえます。

本命の魚、本番一発勝負のときには、ジグのカラー、シルエットとベイトの関係を考えて現行品を使うことを推奨します。しかし何を使っても釣れるときや、根が粗くてロストが避けられない場所では、この逆の順番、つまり安いものから使っていくといいでしょう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The postメタルジグを価格毎に徹底比較 現行品・棚落ち品・100均製品の違いは?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 親の愛かと思いきや作る人の特権? 「お母さんもうお腹いっぱいだから後はあんた達で食べり」には別の理由もあった???

    おたくま経済新聞
  2. 猫の『味覚』は人と違う?感知できる味の種類やおいしさの判断基準4つ

    ねこちゃんホンポ
  3. 韓国の時代劇ドラマ人気ランキング…「花郎」「トンイ」「オクニョ」らランクイン

    ランキングー!
  4. 大宮のカフェで憩う。こだわりを感じるおすすめ3店

    さんたつ by 散歩の達人
  5. <すみっコぐらし対マリオ!?>2021年クリスマスプレゼントランキング、1番人気のおもちゃは何?

    ママスタセレクト
  6. 週刊東洋経済「未来の成長企業」を特集 週刊ダイヤモンドは「強い株」、週刊エコノミストは「東証再編」

    J-CAST会社ウォッチ
  7. 産んだら自然に出ると思ってたのに!出ない、痛い、ツラい!私の母乳育児

    たまひよONLINE
  8. 「割愛する」の意味を“不必要なモノを切り捨てる”だと思ってない?

    saita
  9. 国民の99%が支持│迷い猫根絶のため、イギリスで「猫のマイクロチップ装着義務化」を検討

    ねこちゃんホンポ
  10. WIRED/エクリプス:デビュー20周年に提示した、生気と希望に満ちた力作!

    YOUNG GUITAR