Yahoo! JAPAN

伊勢塚古墳|大きな横穴石室が特徴的な石室も見られる不正八角墳【藤岡市上落合】

We

伊勢塚古墳|大きな横穴石室が特徴的な石室も見られる不正八角墳【藤岡市上落合】

古墳大国群馬の中でも多くの古墳が点在する藤岡市。
白石古墳群には有名なものがあることでも知られています。

今回は住宅や畑のすぐそばにあり石室も見学できる伊勢塚古墳をご紹介します。

伊勢塚古墳のロケーション

群馬県藤岡市鮎川の右岸に3段の河岸段丘があり、その一番下の段に作られた古墳です。

田畑や住宅地とともに佇む古墳は大型では有りませんが、石室がしっかりと残されています。藤岡駅から北西に約4kmのところに位置、白石古墳群に属します。

白石古墳群は、5~7世紀にこの周辺一体に作られた260基あまりの古墳群のことをいい、全長役150mもある七輿山古墳や白石稲荷山古墳なども含まれます。
 
 
あわせて読みたい。

古墳の歴史・特徴

伊勢塚古墳が作れたのは6世紀後半、発見当時は円墳とされていましたが、現在はその構造から不正八角墳と言われるようになりました。

墳丘は4段で構成され、一番下が不正八角形で、2段目より上は円形をしています。古墳の2段目からは円筒・盾型・人物埴輪などが出土されました。

伊勢塚古墳の石室は、両袖型横穴式(模様積石室とも言われる)でドーム状の構造になっています。

玄室の壁には大きな石があしらわれ、その周りに細長い結晶片石を差し込んでいるので、飛白(かすり)模様が見られます。

このような石室は藤岡市から埼玉県児玉郡周辺に分布していますが、特に伊勢塚古墳は秀でているのだそうですよ。

古の世界に踏み込んでみる

1973年に群馬県の史跡に指定された伊勢塚古墳。近くには、七輿山古墳がそびえます。

円形の墳丘が離れたところからも確認でき、近づいてみると、古墳に対してかなり大きな石室があるのを確認できます。

石でできた段を確認できる。

近づいてみると、当たり前ですが中は暗い。石がたくさん積み上げられているこの内部に擬似楣が架設されているよう。

内部に続く羨道は積まれた石で迫力満点、見応え抜群です。

周辺には、畑や住宅が広がるのどかな土地に佇む、小さくとも情緒と歴史を感じる古墳です。
 
 
あわせて読みたい。

基本情報

観覧時間:24時間
住所:群馬県藤岡市上落合岡138ほか
問い合わせ先:0274-23-5997(藤岡市教育医委員会文化財保護課)
駐車場:古墳の脇に駐車スペースあり(約2台)
アクセス:
車 上信越自動車道藤岡ICより約10分
電車 八高線群馬藤岡駅よりバス30分
藤岡市HP:https://www.city.fujioka.gunma.jp/kakuka/f_bunkazai/isedukakohun.html
藤岡市周辺情報:https://www.jalan.net/travel/cit_102090000/
藤岡市で宿を探す:https://search.travel.rakuten.co.jp/ds/hotellist/Japan-Gunma-Fujioka

 

まとめ

古墳大国群馬県を代表する白石古墳群の一つ、伊勢塚古墳をご紹介しました。

周辺には畑や住宅地が広がり、のどかなロケーションの中にひっそりと古代王者の墓が佇みます。

石室の見学もOK、石がたくさん積まれた羨道は迫力満点。近くには七輿山古墳や白石稲荷塚古墳もあるので、ぜひ歴史とロマンを感じに足を運んでみてくださいね。

※情報は掲載当時のものです

【関連記事】

おすすめの記事