Yahoo! JAPAN

JR桑園駅の高架下!おしゃれ心地よい"コーヒースタンド" 麺もあったり「ここ素敵!」

SASARU

たくさんのお店が集まった札幌駅周辺は賑やかで楽しい時間を過ごせる場所ですが、夜になれば人々が通り過ぎていく場所でもありますね。
そこから少し足を延ばすと現れるのは通勤・通学に便利な桑園エリア。

穏やかな日常が流れる同エリアには人々の憩いの場を目指すコーヒースタンドがありました。

プロスキーヤーがオーナーのコーヒースタンドって?

「まろやかカフェオレ(ICE) 429円(税込み)」

コーヒー好きのプロスキーヤー、吉田勝大さんがオーナーを務めている「M’s beans」。

オーナーのコーヒーへのこだわりから生まれた同店では3種類のブレンドを用意しており、毎日日替わりで提供しているのだとか。
苦味が強めキリッと「Carving」
甘さを感じる優しさ「Bogen」
甘さと酸味が絶妙「M’s blend」

提供されるコーヒーは一つ一つハンドドリップで淹れていただけます。
※ハンドドリップコーヒー注文時のみ対応

この日いただいた「Carving」は苦味が絶妙で、ミルクともよく合うブレンドでした。

フードメニューも充実

「エビピラフ(ホットコーヒー付き)(1158円)」※写真はエビピラフのみ

美味しいコーヒーと一緒にランチはいかがですか?
エビピラフやドライカレー、カルボナーラなどコーヒースタンドらしいメニューが並びます。

筆者は迷うことなくエビピラフをチョイス。エビピラフってなんだか懐かしい気持ちになりませんか?私だけでしょうか(笑)

提供画像:M's beans 札幌本店

またコーヒースタンドでは珍しいメニューもあるんです。
それが「日替わりヌードル 800円(税込)」。
これまでに「トムヤンクンヌードル」や「パクチーヌードル」を提供してきたのだとか。

「コーヒー」×「ヌードル」とは新しい組み合わせ。
いつものコーヒースタンドで、楽しい味変ができそうです。

かけるよ、かける

スノーアパレルブランド「WONSNOW」のスキーグローブ(左)とダウンベスト(右)

"山は白銀~"ということで、
プロスキーヤーのオーナーが手掛けるアパレルブランド「WONSNOW」の販売も行っています。
ウエアの内側に着るフリースやジャケット、そしてグローブまで。

滑る楽しみに加え着る楽しみが増えそうな、洗練されたデザインですね。

「Wasted time is actually amazing」

同店のコンセプトは「無駄な時間こそ素晴らしい」。

日常の中でほっと一息つく時間が今までよりももっと素晴らしいものになるような、そんなコーヒースタンドでした。
更に多くの人々にとっての憩いの場になっていく姿を、私も見ていきたいです。

M’s beans 札幌本店
住所:北海道札幌市中央区北10条西15丁目SOEN WEST PLAZA
営業時間:午前10時~午後10時(平日)
午前10時~午後5時(土日祝日)
定休日:無し
公式HP:https://msbeans.thebase.in/
公式Instagram:msbeans2020

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 3戦連続0封で2軍防御率1.76!巨人中継ぎテコ入れへ原監督が目をつける上投げに戻し好投続ける右腕とは!?

    ラブすぽ
  2. 安政町の天外天本店が7月中に閉店。8月に文龍菊陽店跡(7月7日閉店)に移転

    肥後ジャーナル
  3. 栃木県那須烏山 ~清流が生み出した里山に、民話の世界が静かに息づく~

    さんたつ by 散歩の達人
  4. アレルギー疾患の予防にもつながる 新生児期から始めるスキンケア

    ミキハウス 妊娠・出産・子育てマガジン
  5. 【お食事・喫茶 渓谷】絶景とそばで日頃の疲れをリフレッシュ|十日町市

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. 【お食事処 山愛(さんあい)】女性でもペロッと食べられる重量200グラム以上の激厚カツ丼|十日町市松之山

    日刊にいがたWEBタウン情報
  7. 【夏新作コスメ】“リップ”を三戸なつめがレビュー!“ツヤっとシアー”が今夏の推し

    mer
  8. レンチンだけで「冷ややっこ」の味が激変!? 極上の味わいになる「裏ワザ」を管理栄養士が伝授!

    毎日が発見ネット
  9. 見た目がちょっと変わっている「エビ3兄弟」 味はいずれも絶品

    TSURINEWS
  10. 非加熱、採れたまま栄養満点の「完熟生はちみつ」が北海道にあった

    おとりよせネット