Yahoo! JAPAN

大和市 子どもの人口、減少緩やかに 〈大和市〉

タウンニュース

子どもの人口、減少緩やかに

5月5日は「子どもの日」。大和市の子ども(0歳〜14歳)の人口は、4月1日時点で29729人と、10年前の2012年をピークに、減少していることが本紙の調べで分かった。

国内が人口減少社会を迎える中、現在も人口増が続いている大和市だが、改めて「少子化」の進行が浮き彫りなった。

大和市の統計によると、15歳未満の人口はここ15年間3万100〜900人台を推移。ただし2012年10月頃をピークに年間で100〜150人のペースで減少が続いている。この間も人口は約23万1800人から23万6600人と5千人近く増加している。

2018年10月には子どもの人口が3万人を割り込んだ。全人口に占める子どもの人口割合は2003年に14%台だったが、15年に13%を割り込み、今年4月では12・31%まで減少した。

人口増加の続く大和市は、生産年齢人口といわれる15〜64歳の人口も子どもの人口と同時期をピークに減少していたが、18年頃から再び増加傾向に。65歳以上の高齢者が右肩上がりで増加している傾向は変わっていないが、少子化に伴う「高齢化」は進んでいるものの、生産年齢人口の増加で、高齢化のカーブはやや緩やかになってきている。

【関連記事】

おすすめの記事