Yahoo! JAPAN

『おっとり温厚な犬種』5選!優しい性格の子が多い犬の種類とは?

わんちゃんホンポ

おっとり癒やし系!温厚な犬が多い犬種5選

今回は、おっとりとした温厚で優しい犬が多い傾向にある犬種を5犬種紹介していきます。もちろん、ここで紹介する犬種の中にも警戒心が強い子ややんちゃな子はいます。あくまでそのような傾向が強いという1つの参考までにご覧ください。

1.ラブラドールレトリーバー

おっとり温厚な犬種代表と言えるほど、日本では親しまれている大型犬がラブラドールレトリーバーです。盲導犬や警察犬としても活躍するほど賢く、飼い主の指示をしっかり聞くことが出来る犬種でもあります。

周りの様子を観察し、その時その時に合った行動を自ら考えて実行する能力にも長けているため、小さなお子様がいる家庭にも適していると言われています。

優しく愛情深い性格だけでなく、社交性も持ち合わせているため、家族にはもちろん、家族以外の人や犬、猫、小動物などにも優しく接することができる犬が多いです。

2.ゴールデンレトリーバー

ラブラドールレトリーバーと同系列のレトリーバー犬種です。ラブラドールレトリーバーと同じように愛情深く温厚な犬が多い傾向にあります。

しかし、ラブラドールレトリーバーよりは活発で、寂しがり屋な一面も持ち合わせています。そのため、家族に甘えたり、一緒に体を動かして遊ぶことを好んだりします。こちらも比較的低い年齢のお子様がいるご家庭では、適度に一緒に遊ぶことができますよ。

少々子どもっぽくひょうきんな要素を併せ持っていますが、最初にしっかり基本的なしつけをすることで、必要な場所では穏やかに落ち着いて行動することができるようになります。賢い犬種なので、比較的しつけもしやすい傾向にあります。

3.フレンチブルドッグ

日本でも人気の高いフレンチブルドッグは、おっとり穏やかで無駄吠えもほとんどしない犬種として知られています。そのため、ペット可のアパートやマンションで飼う飼い主さんも多いです。

穏やかで家族に対する愛情が深く、警戒心も強くありません。そのため、無駄吠えをすることは少なく、家族と一緒に過ごすことを好む犬も多いです。

おっとり温厚な犬種ではありますが、懐くのは基本的に家族のみです。他の人や犬と社交的に接することはできますが、懐くことは少なく、一定の線引きをしている犬が多いように感じます。

4.パグ

フレンチブルドッグと同じ短頭犬種として有名なパグも、温厚で落ち着いた態度の犬が多い犬種です。また、陽気で明るい性格も兼ね備えているため、一緒に過ごしているとユニークな行動を見せてくれると多くの人々を魅了しています。

また、こちらも警戒心が少なく、基本的にはのんびりとしているため、無駄吠えをする事も少ないです。「番犬には向いていない」と言われることもしばしばあります。

そんなおっとり穏やかなパグですが、マイペースで頑固な一面も持ち合わせているため、一度機嫌を損ねると拗ね続けることも…。また甘やかすとわがままになってしまう恐れがあるので、しつけは一貫性を持って行う事が重要です。

5.セントバーナード

日本では、『アルプスの少女ハイジ』でもお馴染みの犬種ですね。セントバーナードは、一見どっしりとした体格に強面の顔が特徴的で、「怖い犬種なのかな?」と思われがちですが、実はとても落ち着いた優しい犬種です。

自分で考え、その時どのような行動をするべきか判断できるほど賢く、ヨーロッパでは雪山の救助犬としても活躍しています。そのため、我慢強い性格の犬が多く、小さなお子様と一緒に過ごすことも可能です。

とても体格が大きい犬種なので、日本国内ではあまり見かけることがありませんが、海外では小さなお子様がいるお家の家庭犬として人気が高いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回紹介した犬種は、特に温厚な性格の子が多い犬種たちです。しかし、誤ったしつけや過度に甘やかしてしまうと、もちろんわがままになったり、警戒心が強くなったりします。正しく基本的なしつけを行い、家庭犬として家族と穏やかに過ごせるようにしてあげましょう。

【関連記事】

おすすめの記事