Yahoo! JAPAN

巨大生け花で想い一つに 馬絹の花木生産者が制作〈川崎市宮前区〉

タウンニュース

完成した巨大生け花

JAセレサ川崎本店(宮崎)で1月5日、花卉(き)部馬絹支部による巨大生け花制作が行われ、高さ約5mの生け花が完成した。

作品のテーマは「乗り越える」。花卉部馬絹支部支部長の名古屋徹さんによると、馬絹在住の同部員約10人がそれぞれ長い間、手塩にかけて育てた花木を持ち寄り制作。約2時間を費やし、大作を完成させた。

「10年の間に雨や風や雪など色々ある。それを乗り越えた花木の姿を見て気持ちを和ませてもらえたら」。作品は正面玄関に飾られており、3週間程度の展示を予定している。

歴史ある馬絹の花木

今回生けた花は白梅・蝋梅・南天・葉牡丹の4種類。毎年打ち合わせなしで持ち寄り、皆でインスピレーションを固めて作業に入るという。

作品を前に名古屋さんは「部員の思いと花の良さを活かして作るので、これから一つになって頑張ろうという気持ち」とし「歴史も長く昔からの産地で、1年を通してたくさん栽培しているので、皆さんにもたくさん花に親しんでもらえれば」と思いを語った。馬絹地区は江戸時代中期から花の生産地として知られ、毎年、生産者が巨大生け花を制作している。

【関連記事】

おすすめの記事