Yahoo! JAPAN

光浦靖子、錦鯉・長谷川が同じ1971年生まれと分かり「同級生ってこんな感じなんだ…」

Techinsight

同じ年、錦鯉・長谷川にショックを受けた光浦靖子

『M-1グランプリ2020』4位の錦鯉が28日、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送)にゲスト出演した。大竹まことから「俺より年上だろ」と茶化された長谷川雅紀は現在49歳、大竹より20歳以上も年下だがかなり老けて見られるらしい。

錦鯉の2人はコンビを組んで今年で9年目だが、長谷川雅紀は芸歴26年、相方の渡辺隆は芸歴21年とベテラン芸人である。長谷川のキャラが強烈で目立たないが、渡辺も42歳のわりに老け顔なので相方と同じくらいの年だと思われることが多いという。

『大竹まこと ゴールデンラジオ!』の木曜パートナー、オアシズ・光浦靖子が「ショックなお知らせです」と突然話し出した。彼女と長谷川は同じ1971年生まれ、同学年なのである。「同級生ってこんな感じなんだ、嫌だなぁ」と思わず本音を漏らした光浦に、「ワハハハッ」と高笑いする長谷川。その笑い声もお祭りの神社の社務所で日本酒を茶碗で飲んでいるおじさんみたいだと言い、光浦は「も~嫌だぁ」とうんざりしていた。男性の芸人で長谷川と同学年になるのは、ナインティナインの矢部浩之、ココリコの田中直樹と遠藤章造、おぎやはぎの矢作兼と小木博明らがいる。確かに下積み時代が長かったのと奥歯が8本無いためか、長谷川の方がだいぶ年上に見えるのだ。

番組のなかで結婚について話が及ぶと、父親と実家で2人暮らしの渡辺は今まで考えたことがなく、彼女も10年以上いないという。アルバイト生活が長く、芸人としてもコンビ解散を繰り返し、先が見えない状態だったので仕方がなかっただろう。一方の長谷川は結婚したいと思っており、知人に紹介してもらった大阪在住の彼女がいるのだと嬉しそうに語る。だがよく聞くと付き合って3~4年で会ったのが7回、最後に会ったのが一昨年の5月だというので、「それ付き合ってないだろう!」と大竹まことと光浦靖子が口を揃えて反論した。

この長谷川の遠距離恋愛については、24日放送の『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)に錦鯉が出演した際にも新井恵理那アナから「大丈夫なんですか?」と心配されるなど、数々の番組で「本当に付き合っているのか?」と疑問視されていた。しかし長谷川は「毎日LINEで連絡を取り合ってるし、『M-1』の決勝進出も喜んでくれた」と言い、結婚を視野に入れた交際だと力説している。

渡辺によると先月の芸人としての収入は4万円だったので、今月からが楽しみだという。しかし長谷川は歯の治療費と100万円以上ある借金の返済があり、結婚はまだまだ先になりそうだ。

画像2枚目は『文化放送 大竹まこと ゴールデンラジオ! 2021年1月28日付Twitter「大竹まことゴールデンラジオ!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事