Yahoo! JAPAN

三重・湯の山温泉「素粋居」天然温泉と贅沢な食事を楽しむスタイリッシュな離れ宿。8つの素材をテーマに

おんせんニュース

写真:

湯の山「素粋居(そすいきょ)」は、2020年7月グランドオープンしています。アートと癒しを融合させた源泉かけ流し露天風呂付きヴィラ12棟と、厳選素材を使った3つの美食レストランを配置しています。予約時にスマートフォンで自分の顔を登録すると、フロントでのチェックインなしに客室に入室できる、日本初の顔認証客室入退室システムの導入など、新型コロナウイルス終息後の新しい観光スタイルを取り入れながら快適な旅の楽しみを提案しています。その全貌をご紹介します。

写真:楽しい旅の始まりの期待感が増大しますね

アートと癒しを融合させた新感覚ヴィラ全12棟

土、石、漆喰(しっくい)、木、漆、和紙、硝子、鉄の8つの素材をテーマにしたスタイリッシュに造られたヴィラ。

ベッドルームや和室などインテリアも間取りもすべて異なり、源泉かけ流しの露天風呂やミニキッチンも併設しています。最大6名まで滞在が可能です。

写真:すべてのヴィラを覗いてみたくなります

木刻(きのとき)は国産のスギを内外装にふんだんに使った落ち着いた雰囲気が漂います。
木という自然素材の柔らかさや優しさが旅の疲れを癒してくれます。

写真:木刻のリビングルーム。木のぬくもりが随所に感じられます!

紙季(しき)はリビングの天井と壁も和紙を張り、障子を通したふっくらと柔らかな光に包まれる棟。

紙が生み出すやさしさと静けさが心を落ち着かせてくれます。

写真:紙季のリビングルーム。紙を通した光が優しい

存在感のある黒い玄漆(げんしつ)。「玄」とは黒の意。

「漆」をテーマにしたこの棟は、外壁やインテリア、そして特注した黒漆の浴槽からアートまで「黒」。大人の雰囲気がしますね。

写真:玄漆のリビング。黒の世界を楽しんでください

全棟に天然温泉!露天風呂付き!

写真:自然と一体になった離れ宿の醍醐味!いろいろな時間帯で入りたい露天風呂

それぞれの棟には、源泉かけ流し露天風呂が付いています。

湯の山温泉の歴史は古く、傷ついた鹿が傷を癒したという伝説から「鹿の湯」とも言われています。泉質はアルカリ性ラジウム泉、美肌に効く「美人の湯」として女性にも人気です。

全棟の建築&デザイン監修とアートキュレーションを担当するのは、陶芸家であり造形作家の内田鋼一氏。ヴィラの素材とアートが調和する設えは旅の印象と思い出を深めてくれます。

厳選素材を使った3つの美食レストラン

HINOMORI」はミシュランガイドにて1つ星を持つ、フランス・パリの「Restaurant PAGES」のオーナーシェフ・手島竜司氏が手掛ける熟成肉専門店(コースのみ/完全予約制)。

海の幸や山の幸を薪や炭、ワラなどであぶり、いぶし、焼くといった手法で、火の力や香り、味を堪能できます。(18:30~22:00/TEL.059-390-1239)。

写真:落ち着くHINOMORIの店内

写真:火の力と素材の力でおもてなし!

うなぎ四代目菊川」は90年の歴史を誇る川魚の卸問屋が生み出したうなぎ料理「一本うなぎ」が自慢。

老舗卸問屋の確かな目利きがあるからこその徹底した素材へのこだわりが多くのファンを魅了します。(11:00~15:00・17:00~22:00/TEL.059-390-3827)

写真:一本うなぎ(4950円)が有名

写真:厳選した極上のうなぎを、皮はパリッと、身質がフワッと柔らかい贅沢な食感を味わえる

そば切り石垣」はミシュラン1つ星「なにわ翁」で研鑽を積んだ石垣雄介氏が手掛けています。

店内の石臼で挽いた完全自家製粉の手打ち蕎麦の味わいと滑らかなのど越しが堪能できます(10:00~16:00/TEL.059-324-5974)

写真:自家製粉の手打ちそば

写真:のど越しがいい、人気のざるそば

※レストランご利用の方は、あらかじめ電話で予約をする方がよいでしょう。

withコロナ時代の新しいツーリズム

湯の山「素粋居(そすいきょ)」は、コロナ禍の真っ最中の2020年7月にグランドオープンしました。

予約時にスマートフォンで自分の顔を登録すると、フロントでのチェックインなしで部屋の出入りが可能となる日本初の顔認証客室入退室システムの導入や、自動運転モビリティによる送迎サービスを導入。

チェックイン・チェックアウトの送迎やルームサービスの配達に活用した、人と会わずに過ごせる新しい取り組みも積極的に取り入れ、withコロナ時代の新しいツーリズムを楽しみたいですね。

(まとめ・文 吉川)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飼い主に『お帰りのチュウ』をせがまれ首をグイン…。反らしてまで拒否ったゴールデンがあからさま過ぎ、泣きそう【動画】

    Retriever Life
  2. 今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

    TSURINEWS
  3. 洗濯直後の靴下を人質に、めっちゃ悪い顔で誘ってくる柴犬。もちろんこのまま『靴下綱引き大会』開催へ。【動画】

    柴犬ライフ
  4. (ママ…!)外に出た飼い主を追いかけ、フェンス越しに見送るダックス。後ろ姿が切なすぎて見ていられない【動画】

    ダックスフンドライフ
  5. 【セリア】いっきに外せる「ピンチハンガー」めっちゃ便利。物干し革命では?

    東京バーゲンマニア
  6. 2298gで産まれた赤ちゃんを見た実母が「このままずっと小さく育つかもよ」と一言。心配するべき?

    ママスタセレクト
  7. 【専門医監修】 他人事じゃないから知っておきたい 「乳がん」との向き合い方

    ミキハウス 出産準備サイト
  8. 2019年の神回から1年…「M-1グランプリ2020」決勝放送日が12月20日に決定!

    おたくま経済新聞
  9. 約40年間、変わらぬ味と雰囲気。赤羽の『純喫茶 デア』でよき時間を愉しむ

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 旬を迎えた秋の『戻りガツオ』 そもそもどこから「戻ってくる」の?

    TSURINEWS