Yahoo! JAPAN

田中公平×園崎未恵「生演奏とその瞬間を楽しんでほしい」~『田中公平コンサート2022 園崎未恵さんを呼んでしまいました!』インタビュー

SPICE

田中公平

数多くのアニメ/ゲームヒットソングを手がける作曲家、田中公平。田中公平が自ら演奏するピアノと歌が中心のピアノクインテット『田中公平コンサート2022 園崎未恵さんを呼んでしまいました!』が2022年5月29日(日)に銀座・王子ホールにて開催される。

この度、田中公平と今回のゲストを務める園崎未恵が対談し、それぞれの魅力とコンサートへの意気込みを語ってくれた。

ーー今回のコンサート、園崎さんご出演のきっかけをお聞かせください。

田中公平(田中):『サクラ大戦』紐育華撃団に出演されていた園崎さんは、紐育レビュウショウにも出演して歌ってもらいました。私はその人の技量に応じて歌を作ってしまうので、園崎さんにはいつも難しい難易度の曲を作っていましたね。それは認めているからこそで、いつか機会があればまたご一緒したいと思っていました。

園崎未恵(園崎):ありがとうございます。

田中:前回(2021年の田中公平作家生活40+1周年記念コンサート)は早見沙織さんに来ていただいて、来年は誰がいいですか? とTwitterで呼びかけたところ、本人からオファーが来ました。

園崎:「公平先生 私、空いてますよ!!」

田中:そうそう。ファンの方からも園崎さんが良いっていうリクエストがいっぱいあって。それで、第一希望がOKになっちゃったという感じです。

園崎:もう準備運動はしていますから、いつでも呼んでください! みたいな

田中:(園崎さんに決まった)後で手が挙がった人もいたけれど、それはもうしょうがない。「決まりました、ごめんなさい」と言っておきました。園崎さんはミエカタンという物凄い面白いライブをやっていらっしゃるんですけど、その映像を見ていて、この人すごいなと、いつかやってみようと。それで、今回に至ったんです。

園崎:超絶技巧ギタリスト 日比谷カタンさんという方がいるのですが、その方とひたすらアニソン特撮ソングを歌いまくるというライブをやっていたんです。30曲、40曲を2人で歌いまっくって、いつも3時間みたいなものをやってまして……。アニメの歌はいつも元気が出るし、何かの折に触れていたいなぁなんてことをずっと考えていました。
(昨年)公平先生がご自身のコンサートを成功されて、その様子を端から見ていた時に、次は誰が? という流れの中で、では是非わたしに! という勢いだったんですよ。

ーーすぐに出演が決まった時の心境は?

園崎:びっくりしました。でも嬉しかったです。

田中:生バンドで歌えることも中々ないからね。

園崎:やれることをやれるうちにみたいな気持ちがあって。でなければただ呑気に、公平先生は次、誰を呼ぶのかなぁなんて、傍目から眺めていたと思います。

田中:本当にそうだよ。この頃、色々な方がお亡くなりになるじゃないですか。だから会えるうちに会っとけと。やりたいうちにやっとけと。明日どうなるか分からないと。(読者の皆さんも)この記事を読んだら、2回目や来年があると思わないで(今回のライブに)来てください。ライブって昼と夜でも同じものを見たようで全然違うので、昼の部だけ見ようと思っている人も(夜も)来てくれると嬉しいなと思っています。

田中公平

ーー今回のコンサートで注目して欲しい曲があれば教えてください。

田中:園崎さんからのリクエストがたくさんありました。どうしても『新サクラ大戦』上海華撃団の「虹の彼方」が歌いたいと。ですので、この曲には期待しています。でも(この情報を)出しちゃうと……。

園崎:ネタバレになっちゃう。

田中:別にいいけどね。それで聞きたいって来てくれる人もいると思うし。「虹の彼方」と「地上の戦士」は本当に必聴です。

園崎:『新サクラ大戦』の舞台を拝見させていただいて、その時に上海華撃団の歌を聴いて、この曲かっこいいな!と思ったんです。プライベートでもサクラの楽曲はよく聴くので、そのラインナップにスッと入ってきました。それで、何を歌う? となった時に、「虹の彼方を歌っちゃだめですか?」って……。

田中:あぁ、いいよって

園崎:と、快くOKを頂きました。

田中:あとは、「月光組曲」とか「LOVE is」とかね。割と難しい(曲)。

園崎:確かに、そうですね。

田中:弾きながら(生演奏で)歌う曲じゃないから、両方とも(笑)。

園崎:すみません……(笑)。

田中:それが彼女からのリクエストでした。

園崎:私と公平先生の組み合わせなら、サクラ大戦のショウのイメージがあると思うので、その中でみんなに楽しんでもらえる曲って何かなぁって……。

田中:「LOVE is」なんかは絶対に歌って欲しい曲だよな。「ここはパラダイス」とか。

園崎:どちらも星組の曲ですけど、実はスターファイブの曲ではないんです。でもショウのオープニングを飾るとても重要な曲ですし、公平先生とせっかく一緒にやらせていただけるなら、逆にむしろ、スターファイブの枠を超えて歌えたらいいなと、あえて選曲しました。『サクラ大戦』は新旧いろいろで『新サクラ大戦』が始まって、ステージが定期的に開かれていて、脈々と続いている。帝都さん、巴里さん、そして我々の紐育と受け継いできたみたいに。

田中:歌い継がれて欲しいと思っています。

ーーサクラ以外の曲も歌われますか?

田中:「君のいないValentine's day」も披露します。この曲は園崎さんから曲を書いて欲しいと言われました。

園崎:ジャズアレンジのアルバムを作るにあたって、お願いしました。

田中:何かの企画で曲作りをすることが多いから、(役がない)普通の人に向けて曲を書くことはあまりないので、珍しいですね。

園崎:「何かあったら書いていただけますか?」って聞くと、「いいよ! いいよ!」とおっしゃっていただいたので、その時もちゃっかりと……。

田中:これもまた難しい曲なんです。まぁ、園崎さんなら歌えると思っていましたけど。この曲は珍しく曲先(メロディーを先に作り、歌詞を後でつけること)です。

園崎:バレンタインに発売のアルバムだったので、季節に合うものをお願いできますか?と

田中:隠れた名曲です。ファン多いもんね。園崎のあの曲を聴くために来ようとしている人もいるよ。

園崎:本当ですか!?

ーーお二人が揃うなら、なおさら聴きたい方もいらっしゃいますよね。

田中:はい。これはやらなきゃいけないなと。

園崎:公平先生とライブでやるのは初めてですね。

田中:編曲も色々と新しくしていますので、YouTubeに上がっているものとはちょっと違います。

園崎:全然違うものになっているので、お楽しみいただけるのではないかと!!

田中:園崎ファン、田中ファン、サクラファンそれぞれあるとしても、音楽を聴きに来て欲しいです。生の音の良さをもう一回再認識するために来てくれたら嬉しいと思うね。

園崎:録音した物もいいですけど。やっぱり実際にその場に来て、耳だけじゃなくて体全体で体感する音って、録音物とはまた違うものだと思うんですよ。ライブ録音とかともまた違う、臨場感と言いますか。

田中:届けるこちら側としてもお客さんがいるといないで全然違う。

園崎:ライブを、実際に会場に行って聴くことを「やっぱりいいね」って再認識していただけたら嬉しいなぁ。

田中:本当に。このコンサートは今回2回目ですが、できることなら続けていきたいですね。

園崎:みんな楽しみにしていますよ、きっと!

田中:なかなか2人でやることがないので、(見逃すと)もったいないですよ。次いつやるの? と聞かれても分からない。こういう機会は一期一会ですからね、皆さんも大切にしてくれると嬉しいなと。あと(伝えたいこと)は頑張ります。

園崎:頑張ります。今回、こうやって呼んでいただけて、私が歌いたい曲を歌わせていただきます。せっかくの機会なので、ただ私が勝手に歌うのではなく、みんなで素敵な楽曲を大事に楽しんでいきたいです。

田中:曲を愛でて欲しいね。

園崎:そうですね! ライブ用にアレンジされているものだったり、その時の息遣いだったりとライブならではのこともあります。それこそ、気分上がっちゃってすごいスピード上がっちゃってるみたいなことも起きますし……。

田中:気持ち良くなって、めちゃくちゃ伸ばしちゃうなんてのもいいね。月光の最後、ものすごい伸ばして見いたら?

園崎:倒れちゃう!

田中:倒れたら面白いなぁ

園崎:待って、待って。途中ですからダメですよ! アンコールとかだったらいいけど。

園崎未恵

ーーお二方それぞれから見た、お互いの魅力を教えていただけますか?

田中:表現力ですね。(表現力が)すごくある方なので、今回、自分の歌と違うものをどのように表現してくるかが楽しみだなと。

園崎:色々な作品に音楽家として関わっていらっしゃる田中公平先生の作り出す楽曲は、本当にいつも魅力的です。超えられるか超えられないかのギリギリの難易度なのでレコーディングは試練のようですが、超えられるでしょ?と見越してそのレベルの曲を書いてくださっているのが分かっているので、嬉しくもあります。「公平先生、難しいです。この曲難しいです。」と言うと、「園崎さん、歌えるでしょ?」ってしれっとおっしゃるんですよ!我々演者は課題があればあるほど、きっとそれを越えて行きたがる生き物なので、その課題が楽しくもありますが……。

田中:自分の持っている理想系を歌ってくれるのはよくないね。

園崎:それを超えていく?

田中:超えていくと言うか、違っていたら逆に面白いじゃん。

園崎:なるほど

田中:こう歌ったら正解よねって(思って)歌ったら、何回歌ってもその正解から逃れられない。レコーディングでは、100点はいらないから120点だけ頂戴って言うんです。

園崎:厳しい……。こんな様子なんですよ。でも、こちら側を信頼して言ってくださっているって本当に分かっていますから。今回のコンサートも襟を正す気持ちでと思いつつ、でも楽曲が楽しいのでついつい……。

田中:あ、園崎さんは10曲も歌いますよ。

園崎:ついつい懐かしく、体が動いてしまいます。

田中:すごいですよ! 全部で20曲なのに10曲歌うんだから。

園崎:半分!!!

田中:まぁ2人で歌う曲もありますが

園崎:公平先生のコンサートなのに、私が半分歌うって……。

田中:皆さん来て、楽しんで欲しいな

園崎:みんなで楽しめたらいいなと。頑張りますが、気負うと言うよりもお客さんと一緒にみんなで楽しめたらいいなと思っています!公平先生もたくさん歌います! 弾いて歌います!!!

終始、和やかで楽しく進んだインタビュー。二人とも、会場での生演奏とその瞬間を楽しんでいただきたいと、話していた。

なお、本コンサートは来週末5月29日(日)東京銀座・王子ホールにて開催。17:30開演のチケットは好評販売中(13:30開演の回は完売)。

【関連記事】

おすすめの記事