Yahoo! JAPAN

6000万画素センサー採用の「ライカM11」発表。価格は118万8,000円(税込)

価格.comマガジン

6000万画素センサー採用の「ライカM11」発表。価格は118万8,000円(税込)

独ライカカメラ社は2021年1月13日(現地時間)、レンジファインダーカメラ「ライカMシステム」の新モデル「ライカM11」を発表した。約6000万画素の高画素センサーを搭載したほか、ベースプレートのない構造を採用するなど、従来モデルから大幅な改良が施されている。日本国内での販売価格は1188000円(税込、ブラック・シルバーとも)。ライカストア、ライカオンラインストア、ライカブティックおよびライカ正規特約店にて2022年1月14日10時より受注を開始し、1月21日より発売する予定となっている。

「ライカM11」のカラーバリエーションはブラックとシルバー2種類

3種類の記録画素数を選べる裏面照射型CMOSセンサーを採用。ベース感度はISO64に

「ライカM11」は、2017年1月に発売された「ライカM10」から約5年ぶりとなる、M型デジタルのフルモデルチェンジとなるモデルだ。

最大の注目点は、M型デジタルとして最高画素数となる、約6000万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載したこと。「トリプルレゾリューションテクノロジー」の採用によって、JPEGだけでなくDNG(RAW)でも約6000万画素、約3600万画素、約1800万画素の3種類から記録画素数を選ぶことが可能となっている。どの記録画素数でも撮像素子の全域を使って撮影できるのが特徴で、ライカの最新のアポレンズの光学性能を引き出した高画質な撮影を行う場合は約6000万画素、連写の持続性を高めたり、ファイルサイズを抑えたりしたい場合は約3600万画素/約1800万画素といったように、使い方にあわせた選択が可能だ。

また、撮像素子の前面には、極薄のガラスを2層に重ねた特殊なUV/IRカットフィルターを配置。急角度で入射してくる光の状態も効果的に補正し、周辺部まで高画質を実現している。新たなカラーフィルターの設置によって、より自然な色再現性も可能となった。

背面左側のボタンは配置が変更になり、これまでの「LVボタン」は「FNボタン」になった。モニターは230万ドットの新タッチパネル液晶モニター

画像処理エンジンには「LEICA MAESTRO III(ライカ・マエストロ・スリー)」を採用し、高精細・高品質な画像を生成する性能と、スムーズで即応性にすぐれた操作感を両立。感度はISO64がベースになり、最高でISO50000に対応している。画像記録時の色深度は14bitで、ダイナミックレンジは最大15ストップ。バッファメモリーの容量は3GBで、約6000万画素記録時の連続撮影可能枚数はRAWが15コマ、JPEGが100コマ以上。連写速度は最高4.5コマ/秒となっている。

メカシャッター時の対応シャッタースピードは1/4000秒~60分(フラッシュ同調速度1/180秒)。電子シャッターに対応するようになったのも特徴で、電子シャッター時は最高1/16000秒の高速シャッターが可能だ。明るいシーンで大口径レンズを選択する場合でも、NDフィルターを使わずに絞りを開けて撮影することができる。

また、通常のファインダー撮影時およびライブビューモード時ともに撮像素子を使って測光する方式となり、M型カメラとしては初めて、距離計を使用しながらのファインダー撮影時でもマルチ測光が可能になったのも見逃せない。測光モードは中央重点測光、マルチ測光、スポット測光の3種類から選べる。

ブラックカラーの側面

ベースプレートのない構造を採用。新EVF「ビゾフレックス2」も用意

操作性では、伝統的なM型カメラのデザインとスタイルを維持しつつ、より効率的な操作が行えるように改良したのがポイント。特に大きな改良となるのが、ベースプレートのない構造になったこと。これにより、バッテリーやSDメモリーカードをより素早く交換できるようになった。また、本体に64GBの内蔵メモリーを搭載し、SDカードスロット(UHS-II対応)と内蔵メモリーのデュアルメモリー仕様になったのも新しい点である。さらに、バッテリーは、従来モデルよりも容量が64%アップした、容量1800mAhの新タイプ(BP-SCL7)になり、より長時間の撮影を実現。インターフェイスはUSB Type-Cで、USB接続での本体内バッテリー充電もできる。

ブラックカラーの上面。従来モデルは前面にあったフォーカスボタンが上面右側に移動になっている
ブラックカラーの底面。ベースプレートがなくなり、新たにUSB Type-C端子が搭載されている

ファインダーの仕様は「ライカM10」と同様で、倍率は0.73倍。別売オプションとして、新しい電子ビューファインダー「ビゾフレックス2」を用意しており、-4dpt.~+3dpt.での視度調整が可能なほか、角度を上向き90度まで調整することができる(※0度、45度、90度の3段階)。なお、「ビゾフレックス2」は2022年3月公開予定のファームウェアによって、「ライカM10シリーズ」の各モデル(ライカM10、ライカM10モノクローム、ライカM10-R、ライカM10-P、ライカM10-D)でも使用できるようになる。

接続機能も強化しており、付属の「Leica FOTOSケーブル」で接続すれば、「iPhone」や「iPad」でさまざまな機能を利用することが可能とのこと。2022年後半には、ファームウェアのアップデートによって、画像への位置情報の追加やBluetooth接続による画像の転送などに対応する予定だ。

ブラックは上面にアルミを採用し、約530gの軽量ボディを実現

カラーバリエーションはブラックとシルバーの2種類。ブラックはトップカバーの素材がアルミニウムになっており、真鍮製のシルバーよりも重量が約20%(100g)程度軽くなっている。重量はブラックが約530g、シルバーが約640g(いずれもバッテリー含む)。

シルバーカラーの上面
シルバーカラーの背面

【関連記事】

おすすめの記事