Yahoo! JAPAN

今年はオープンエアで芸術の秋を満喫!屋外アートスポット4選

TABIZINE

tabizine.jp

秋の空気を感じるこの季節、今年は密を避けながら屋外で芸術に触れてみてはいかがでしょう。毎年イベントとして実施されている屋外のアート作品展示や、今年だけの特別開催、通年で楽しめる場所など、外でアートを満喫できる4つのスポットを紹介します。

箱根彫刻の森美術館 (C) gg-foto / Shutterstock.com

年に一度のアートイベント「六甲ミーツ・アート芸術散歩2020」


神戸の六甲山を舞台に現代アートの作品を楽しめるイベント「六甲ミーツ・アート芸術散歩2020」が、2020年9月12日(土)〜11月23日(月・祝)の期間で開催中です。招待されたアーティストと公募で選ばれたアーティスト合計44組の作品が、各会場に展示されています。

会場は六甲ケーブルの駅付近、六甲有馬ロープウェー六甲山頂駅、植物園や天覧台など、六甲山の自然を感じられる場所を中心に展開しています。2010年にスタートしてから11回目を迎える今年は、六甲山のほかに有馬温泉エリアがサテライト会場として追加されました。JR新神戸駅でもサテライト展示を実施中です。

大きなオブジェや小さなアート作品、絵画など多岐にわたり、六甲山の景観や歴史などの特性を織り込んだ作品が展示されています。無料と有料の会場があり、6つの有料会場をお得に巡ることができる観賞パスポートや、キュレーターが作品を解説してくれるオフィシャルツアーも実施されているので、作品の世界観を深く知りたい方にはおすすめですよ。

【六甲ミーツ・アート芸術散歩2020】
期間:2020年9月12日(土)〜11月23日(月・祝)
※ 休業:9月17日(木)・24日(木)
※ 六甲山サイレンスリゾートのみ休業: 9月14日(月)・23日(水)・28日(月)、10月の毎週月曜
開催時間:10:00〜17:00(会場により営業時間が異なる)
会場:六甲山上の観光施設など12会場
※ サテライト会場:有馬温泉エリア、サテライト展示:JR 新神戸駅
鑑賞パスポート料金(税込):大人(中学生以上)2500円/子ども(4歳~小学生)1000円
公式サイト:https://www.rokkosan.com/art2020/
[PR Times]

明治神宮鎮座百年の記念開催「神宮の杜芸術祝祭」


今年2020年に創建100年を迎えた明治神宮では、2021年3月まで日本博主催・共催型プロジェクト「神宮の杜芸術祝祭」を開催しています。明治神宮内苑や外苑など各所でアートを楽しめる期間限定イベントや美術展示を展開。屋内での美術展や現代文化展のほか、屋外でアート作品を観賞できる野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」を実施中です。

(C) 西将隆

「天空海闊」は、明治神宮で初となる野外彫刻展で、12月13日(日)までの開催。都会にありながら自然あふれる敷地内には、4名のアーティストが手掛けたオブジェが点在しています。緑豊かな神聖な空気の中に佇む4つの芸術作品は、それぞれのアーティストが何度も明治神宮を訪問し、尊敬や畏怖の気持ちを持って今回の彫刻展のために制作したものです。

[White Deer (Meiji Jingu)]2020
彫刻家:名和晃平/Photo: Keizo Kioku

明治神宮の杜は、100年前の創建の際に森林学や造園学、都市工学が取り入れられ、全国から集まった青年団の奉仕活動によって造られました。当時の若者たちが掲げた、持続可能な自然と都市づくりというコンセプトを今回の野外彫刻展で見直しつつ、芸術を通して改めて自然環境について考える機会となりそうです。

[Paradise/Boundary-SINME-]2020
彫刻家:船井美佐/Photo: Keizo Kioku
日本博主催・共催プロジェクト/明治神宮鎮座百年祭記念
【神宮の杜芸術祝祭 野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」】
期間:2020年3⽉20⽇(⾦・祝)〜2020年12⽉13⽇(⽇)*会期中無休
時間:明治神宮の開⾨・閉⾨時間に準じます
出展作家(*五⼗⾳順、敬称略):名和晃平、船井美佐、松⼭智⼀、三沢厚彦
芸術監督:⼭⼝裕美
会場: 明治神宮 内苑
公式サイト:https://jingu-artfest.jp/

芸術鑑賞と一緒に温泉も「箱根彫刻の森美術館」


人気の温泉地、箱根の強羅エリアにある「箱根彫刻の森美術館」は、1969年に開館した野外美術館です。7万平方メートルという広大な施設内には、近代・現代を代表する国内外のアーティストたちの彫刻作品が約120点展示されています。

(C) gg-foto / Shutterstock.com

箱根の山々を望む自然豊かな庭園美術館には、散策路が整備されているので、ゆっくりと散歩しながらアート作品を鑑賞できます。お弁当などを持ち込むこともできるので、屋外のベンチに座ってアート作品を眺めつつ軽食をするのも楽しみ方のひとつ。ただ眺めるだけではなく、触れたりできるオブジェもあり、思い思いの過ごし方ができます。

(C) gg-foto / Shutterstock.com

敷地内の奥にあるカフェ&ギャラリーの隣には、屋外に設置された足湯があります。敷地内に湧き出る温泉の源泉掛け流しの天然温泉が引かれているので、目の前に広がる自然豊かな眺望を楽しみながら、本格的な温泉気分を味わえます。人気の温泉地にある美術館ならではユニークな体験になりそうですね。

(C) Fotos593 / Shutterstock.com
【彫刻の森美術館】
住所:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
電話:0460-82-1161
開館時間:9:00〜17:00(年中無休)
入館料:大人一般1600円/大・高校生1200円/中・小学生800円
公式サイト:https://www.hakone-oam.or.jp/

国内外から注目されるアートの島「直島」


瀬戸内海に浮かぶ直島と犬島、豊島などの島々からなる「ベネッセアートサイト直島」は、現代アートを満喫できるスポットとして国内外から注目されているスポットです。それぞれの島には美術館や野外に展示されるオブジェが点在し、島特有の文化や自然と現代アートが融合した特別な世界観が味わえます。

なかでも、1989年に「ベネッセアートサイト直島」の活動が始まったのが、同プロジェクトの発祥の地となる「直島」。この島では、現代アートを観賞できるホテルや、島内各所に点在する屋外展示、島民が生活する集落で展開する「家プロジェクト」など、現代アートが島の環境とうまく溶け込み、さまざまな形でアートプロジェクトが発展してきました。

(C) Carlos Huang / Shutterstock.com

直島にある屋外アート作品として有名なのが、ベネッセハウスミュージアム近くの海沿いに佇む、草間彌生さんの「南瓜」や、海の駅「なおしま」すぐ近くにある「赤かぼちゃ」です。彼女の作品の特徴的な水玉模様は独特の存在感があり、写真スポットとしても人気に。直島には、ベネッセハウスミュージアム周辺や宮之浦エリアなど、他にも国内外のアーティストによる作品が野外展示されているので、開放的な空間で芸術鑑賞をゆっくりと堪能できます。

(C) Carlos Huang / Shutterstock.com

【直島】
住所:香川県香川郡直島町

[参照]
・ベネッセアートサイト直島:https://benesse-artsite.jp
・直島町観光協会:http://www.naoshima.net/art/art_miyanoura

【関連記事】

おすすめの記事