Yahoo! JAPAN

港南区内企業 港南図書館に児童書寄贈 「次代を担う子どもたちへ」〈横浜市港南区・横浜市栄区〉

タウンニュース

寄贈した本を手にする鈴木館長(左)と木村代表

水道施設工事や管工事を営む港南区下永谷の(株)ライフ・コア横浜(木村正司代表取締役)がこのほど、港南図書館に児童書51冊を寄贈した。木村社長は「次代を担う子どもたちが本に親しんでくれたら」と思いを語る。

同社は区内住宅の漏水修理などのほか、主に水道管工事などの公共事業を担っている。市からの受注もあるため、以前から「地元になにか還元できることはないだろうか」と平戸永谷川の清掃活動にも参加してきた。

その他にも方法を模索していたところ、木村社長がたまたま目にしたのが市のホームページ内の「図書寄贈のお願い」の文字。市立図書館で本の寄贈を呼びかけているのを知り、港南図書館に打診して今回の寄贈が実現した。両者が相談の上、寄贈する本は子どもたちに人気のある本を港南図書館が選び、地元の一幸堂に発注して納品した。

港南図書館の鈴木裕子館長は「児童書は人気で多くの親子が手にする。長く愛される作品はたくさん親しまれる分、本が傷んできたりもするので寄贈はとてもありがたい」と笑顔で語った。

寄贈された本はすでに貸出を開始しており、早くも多くの親子が手に取っているという。

「継続して続けたい」

「デジタル化が進んでいるけれど、本を読むのは大事なこと。教わる勉強だけでなく、いろんな学びが本の中にはあるはず」と木村社長。今回の寄贈は市からの仕事の受注に応じて予算を決めたといい、「今後も毎年寄贈を続けたい。そのためにと思うと仕事のモチベーションにもつながる」と話す。また「地域貢献をしたいものの、何をしたらいいかという企業も多いはず。こういう還元が広がるのもよいのでは」と思いを語った。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【富岡惣一郎 望郷】絵から雪国への思いがあふれ出す!富岡惣一郎の作品展|南魚沼市トミオカホワイト美術館

    日刊にいがたWEBタウン情報
  2. 『聖剣伝説』シリーズ30周年記念コンサート 『聖剣伝説 30th Anniversary Orchestra Concert』開催決定 

    SPICE
  3. 【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】子どもに否定的な言葉を使うのはNG?

    ミキハウス 出産準備サイト
  4. 真冬のヘラブナを釣りは難しい? 型を見るための条件とエサ使いを紹介

    TSURINEWS
  5. 透明感バツグン♡ 齊藤日菜子のスキンケアルーティンやナチュラルメイク術を徹底解剖!

    mer
  6. 実用性◎【トータリー・ミニー】スーベニア全4種一挙紹介!実写ミニー&ドット柄が可愛すぎ

    ウレぴあ総研
  7. 【令和のゆるっと育児】#4話 妊活への協力をお願いした時の夫の反応は…

    ウレぴあ総研
  8. “炊飯器に入れるだけ”!「お米が劇的においしくなる」かんたん裏ワザ8選

    ウレぴあ総研
  9. 犬が遠くからジッと見てくる時の心理5選!状況別に異なる意味とは?

    わんちゃんホンポ
  10. 人気の“節分スイーツ”『恵方ロール』今年も登場♪「パステル」で限定販売

    ウレぴあ総研