Yahoo! JAPAN

『吹き抜け窓』にカーテンを取り付けるべき理由と簡単に開け閉めする方法とは。

オリーブオイルをひとまわし

『吹き抜け窓』にカーテンを取り付けるべき理由と簡単に開け閉めする方法とは。

家の中に光を取り込める吹き抜け窓は、明るく開放感がある。しかし、日光が眩しかったり、人の目が気になったり、日差しや目線を遮りたいと感じることもあるだろう。この記事では、吹き抜け窓にカーテンをつける必要性について解説する。取り付けが可能なカーテンやブラインド、掃除方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

1.吹き抜け窓とは?

見た目がオシャレな吹き抜け窓だが、メリットはそれだけではない。基礎知識や特徴について解説しよう。

家が明るくなる

吹き抜け窓とは吹き抜けの上部にある窓を指す。上の階から日光を取り込む効果があり、2階から1階までを明るく照らせる。

住宅が密集している都市部の家におすすめだ。一階部分が建物や壁で遮られていても、上から明かりが入ってくる。

開放感がある

吹き抜け窓があると家の開放感がアップする。視線が窓の外に誘導されるため、外の景色と日光を感じることが可能だ。

空間に広がりが生まれて天井が高く見える効果があるので、部屋がより広く感じられる。狭い部屋でも圧迫感を感じにくくなり、過ごしやすくなるだろう。

2.吹き抜け窓にカーテンやブラインドは必要なの?

吹き抜け窓にカーテンやブラインドを設置するメリットを紹介する。吹き抜け窓のデメリットを回避することにつながるので、ぜひチェックしてほしい。

日光を遮る

日光がたっぷり入る吹き抜け窓だが、季節によっては眩しく感じることもあるだろう。冬なら柔らかい光でも、夏は強く日照時間も長い。紫外線による日焼けも心配だろう。

遮るカーテンやブラインドがあれば、気になるときにすぐ閉めることが可能だ。材質や開閉の具合によって、取り込む日光を調節できる。

目隠しになる

カーテンやブラインドが吹き抜け窓についていないと、外から丸見えになる。昼間はもちろん、夜は電気をつけたときにかなり目立つだろう。

相手は覗くつもりはなくても、2階の窓やベランダから見える。お互い目が合って気まずい思いをする、なんてケースもあるだろう。カーテンやブラインドがあれば、必要なときに目隠しができるので安心だ。

暑さや寒さの軽減

吹き抜け窓は一般的な壁と比べて暑さや寒さを伝えやすい。夏は日光によって熱がこもり、冬は上部に溜まった温かい空気を冷やしてしまう。

外からの熱を遮って、家の暖気を逃さないためには、カーテンやブラインドが有効だ。断熱や防寒など、高い機能性をもったタイプなら、より快適に過ごせるだろう。

3.吹き抜け窓に取り付けられるカーテンの種類

吹き抜け窓に取り付ける場合、選ぶ基準は一般的な窓と違う。どのようなカーテンやロールスクリーンがよいのか、詳しく解説する。

電動カーテンレースがおすすめ

高い場所にある吹き抜け窓にカーテンを設置すると、開閉が大変だ。電動カーテンレールを取り付ければ、スイッチ一つで操作ができる。

ただし、自分で取り付けるのは難しいため、業者に依頼することになる。一般的なカーテンやロールスクリーンより、お金がかかるので注意が必要だ。

ロールスクリーン

吹き抜け窓にロールスクリーンを取り付ければ、1階からでも開閉の操作ができる。チェーンの長さやスクリーンのサイズは、オーダーが可能だ。

生地の選び方によっては、閉めた状態でも適度な明かりを取り込めるだろう。また、電動カーテンと同じように、自動で開閉できるタイプのロールスクリーンもある。

4.吹き抜け窓の上手な掃除方法

一般的な窓よりも高い位置になる吹き抜け窓は、掃除方法にもコツが必要だ。キレイにする方法と、掃除ができないときの対策について詳しく紹介しよう。

掃除の方法

吹き抜け窓に溜まるホコリや結露には、柄が長い掃除用ワイパーを使おう。窓掃除専用のワイパーが便利だが、フローリング用でも代用できる。

シートの代わりに濡れた雑巾を取り付けることで水拭きが可能だ。掃除したあとは下にホコリが落ちるので、掃除機でキレイに吸い取ろう。

業者に依頼する

吹き抜け窓の場所が高すぎると、市販のワイパーでは届かないことがある。カビが生えると、水拭きだけでは汚れを落とすことは困難だ。

高い脚立に登って掃除をする方法もあるが、足場が不安定で作業がしにくい。無理をすれば転倒や落下といったトラブルにつながる。

吹き抜け窓を安全に掃除したいなら、ハウスクリーニング業者の利用を検討してみよう。素人では掃除が難しい細かい汚れやカビまで、ピカピカにしてくれる。

結論

吹き抜け窓は強い日差しや人の目が心配だが、カーテンやロールスクリーンを設置すれば解決する。季節や時間など状況に合わせて開閉することで、入ってくる明かりを調整することが可能だ。高い所にある吹き抜け窓に取り付けるなら、電動カーテンレールやロールスクリーンがよいだろう。もちろん、定期的な掃除をしてキレイに保つことも重要だ。

【関連記事】

おすすめの記事