Yahoo! JAPAN

【奈良が舞台の百人一首】Vol.1大伴家持(6番)

奈良のタウン情報ぱーぷる

【奈良が舞台の百人一首】Vol.1大伴家持(6番)

どこか堅苦しさを覚える和歌ですが、現代語訳すると共感できるものが多いんです。
現代でいうところのツイート投稿のようなものだったのではないでしょうか。

特に有名な「小倉百人一首」は、鎌倉時代初期に藤原定家が京都の小倉山にある山荘の襖に、百首の歌を装飾していたことから始まります。
そんな百人一首のなかでも、特に奈良県にゆかりのあるものをご紹介していきます!6番 かささぎの 渡せる橋に おく霜の  白きを見れば 夜ぞ更けにける(大伴家持)

「天の川にかかる橋のような宮中の階段に白い霜が降りているのを見ると、すっかり夜も更けたものだ」

「かささぎの渡せる橋」とは七夕の夜、織姫と彦星が一年に一度出会えるように天の川にかかる橋のこと。
かささぎが手助けをして、この橋を作っている伝説からきているそう。
この橋を、宮中の橋や階段に見立てて詠んだ歌。

大伴家持は奈良時代後期の歌人で、三十六歌仙のひとり。
平城京の御殿で、漆黒の空に霜のようにきらきら輝く星々が頭に浮かんできそう。

奈良の寒さは堪えるけれど、奈良時代の人々が詠んだ美しい歌を知ると、こんな冬も乗り越えられるかも?

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【群馬】水芭蕉が清らかに咲き誇る日本屈指の湿原、遥かな尾瀬。【2022年道路開通予定も】

    おんせんニュース
  2. 累計56店舗目出店!デリバリー業界最大手グロブリッジの展開する『ハンバーグ専門店がっつりハンバーグ』

    ソトコトオンライン
  3. ベルリンのディナーパーティーへようこそ

    料理王国
  4. BLACKPINKのジスが「カルティエ」の新たなアンバサダーに

    SEVENTIE TWO
  5. 撤去されつつある、住宅地に残されていた旧貨物専用線の遺構。旧・日本製紙北王子線 ~廃なるものを求めて 第10回~

    さんたつ by 散歩の達人
  6. 王子駅からはじめる王子散歩 〜飛鳥山で渋沢栄一の足跡を学び、幽玄な歴史スポットへ〜

    さんたつ by 散歩の達人
  7. SIGNS/テデスキ・トラックス・バンド:ブルースの一言で片付けられない、ダイナミックな4作目

    YOUNG GUITAR
  8. 【仙台スイーツ】爽やかな初夏の風吹く週末時間♪「天空のメロン」が織りなす贅沢アフタヌーンティ♡~ウェスティンホテル仙台~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  9. 「ほぼ等身大のカモノハシを作りました」 羊毛フェルト作家・Lilacooさんの「リアルぬいぐるみ」に驚き

    おたくま経済新聞
  10. 三ノ輪駅からはじめる町屋・王子さんぽ〜都電荒川線沿線の昭和レトロさんぽコース〜

    さんたつ by 散歩の達人