Yahoo! JAPAN

世帯年収500万円の女性「田舎なので車必須。今年は車検で家計に大打撃です」

キャリコネニュース

世帯年収500万円。一口にそういっても中身は様々だ。愛知県の20代男性は、正社員で世帯年収500万円。キャリコネニュースに「夫婦のみの世帯です。嫁に家計を握られていて遊ぶお金が減り、楽しみがなくなりました」という声を寄せている。

一方、同じく正社員で世帯年収550万円だが、子どもが2人いるという福岡県の40代男性は、

「通勤代がかかるので、ガソリンなどの二重税を廃止してほしいです。それと私立高校の学費も下げて下さい。大学、中学校や小学校の学費軽減も同様です」

とコメントする。

年代や家族構成が違えば、当然ながら直面する問題も異なる。世帯年収500?600万円のリアルな声を聞いてみたい(文:鹿賀大資)

「主人に何かあったら、我が家は暮らしていけません!」


栃木県の40代既婚女性(不動産・建設系)は、2人の幼児を養うワーキングマザー。共働きで世帯年収500万円だが「主人の収入だけが頼り」「贅沢な生活とは縁遠いです」と現状について説明する。

「田舎なので、車がないと生活できません。さらに今年は車検、これも家計には大打撃です。主な支出は保険や固定費で、そこに税金も加わるためカツカツの月も。なぜ日本は、これほど税金が高いのか恨めしく思っています」

女性は「主人に何かあったら、我が家は暮らしていけません!」と切実な胸の内を述べている。

世帯年収600万円でも「今の暮らしに満足している点はありません」

静岡県の40代女性(正社員/世帯年収600万円)は、子育て世帯への補助金制度のあり方などに、不満を抱きながら暮らしているという。

女性は「今の暮らしに満足している点はありません。共働きをしていても、子ども2人の養育費でカツカツです」と綴っていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」やオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事