Yahoo! JAPAN

犬が『隙間』に入りたがる理由5選!狭くて苦しくはないの?

わんちゃんホンポ

犬が隙間に入りたがる理由5選

犬を飼う方なら、犬が狭い隙間に顔を突っ込んだり、隙間に隠れたりする行動をたびたび目撃していることかと思います。

SNSでも「#隙間犬」というタグが出回るほど、狭い場所に入る犬がたくさんいることもわかっていますが…なぜ犬は隙間に入りたがるのでしょうか?

犬が隙間に入りたがる心理について深堀りをすると、いくつかの理由があげられます。

もし愛犬の行動が気になるときは、このうちのどれかに当てはまっていないか確かめてみてください。

1.落ち着くから

犬は本能的に狭くて暗い場所を好みます。犬は広い場所を駆け回るイメージがあるかもしれませんが、もともと犬の先祖は狭い穴ぐらを住処にしていました。

眠くなるとわざわざ部屋のすみっこへ行ったり、家具の隙間に顔を突っ込むのも本能的な理由が関係しています。

人間にも安心できる場所があるように、犬にとって隙間は安らぎの場所ということです。

狭くて暗い場所の方が、犬にとって「敵がこない安全な場所」と感じやすいようです。

2.体調が優れないから

ちょっと心配なのが、体調が優れないために犬が隙間に入る時です。前項でお伝えしたように、犬は本能的に穴ぐらのような狭い場所を選びます。

中には「飼い主さんに心配をかけたくない」という理由で隙間に隠れる犬もいます。

体調が悪い時にも、落ち着く狭い場所に入りたがる行動を見せるので「おかしいな」と感じた場合は様子をよく観察してみてください。

隙間ばかりを選んで眠る場合は、こまめに観察を行った方が安心です。

3.不安や恐怖があるから

雷や工事のなど大きな音が嫌いな犬もまた、狭い場所に隠れることが多いです。

不安や恐怖心から逃れたい一心で、とても狭い場所に隠れてしまう犬もいるでしょう。

怯えて隠れている犬はとても気が立っています。犬が落ち着きを取り戻すまでは、そっとしておくのが1番です。

恐怖心がおさまれば自ら出てくるはずなので、それまで待ちましょう。

大きな声をかけて呼んだり、無理に引きずり出そうとするのはやめておいてください。

また、隙間に隠れている犬をからかったりするのもやめましょう。

4.妊娠しているから

犬は妊娠をしたり、擬似妊娠の状態に陥った時も隙間に入りたがる習性があります。

とくに出産を控えたメス犬は、薄暗くて狭い場所を探すようになります。

犬の出産の兆候は、隙間に入りたがる以外にも、床を引っかくなど寝床作りのような行動を見せることが多いです。

5.老化しているから

耳が遠くなったり目の視力が落ちた老犬もまた、隙間に入りたがる傾向があります。

狭くて暗い場所は犬にとって落ち着く場所であり、犬の本能的な習性が深く関わっているからです。

ただ、狭い場所に入ってしまい出られなくなる老犬も多いので注意しなければなりません。

狭い場所に入っては後ずさりができない…といった行動を何度も繰り返す場合は、認知症を発症している可能性もあります。

犬がシニア期に差し掛かったら、柵を設置して危険な箇所をガードするなどの対処を行うと安心です。

まとめ

犬が隙間に入りたがるのは、本能的な理由が関わっていることがわかりました。顔だけ隙間に突っ込んで、お尻が丸見えな姿はとても愛らしいですよね。

ただ、「おかしいな」と感じる場合は体調不良や老化が進んでいる可能性があるので、よく観察を行いましょう。その上で早めに獣医師へ相談してください。

【関連記事】

おすすめの記事