Yahoo! JAPAN

note創作大賞入賞、熊田健大朗の「手紙~間宮家の34通~」を朗読劇化 伊瀬茉莉也、織部典成、堰沢結衣が出演

SPICE

朗読劇『手紙~間宮家の34通~』

メディアプラットフォームnoteが主催し、16000通を超える応募のあった投稿コンテスト「note創作大賞」入賞作品である、熊田健大朗「手紙~間宮家の34通~」を株式会社ソニ・ーミュージックエンタテインメントと株式会社フェイスが共同主催で朗読劇化することが決定した。

公演の日程と場所は、2022年7月23日(土)song&supper BAROOMにて。

本作には、声優の伊瀬茉莉也、俳優の織部典成、女優の堰沢結衣が書簡形式の朗読とピアニスト山口紗貴のピアノ生演奏でおくる。

脚本・演出 熊田健大朗 コメント

「手紙~間宮家の34通~」が朗読劇になるということで大変うれしく思っております。
唐突ですが、皆さんが最後に手紙を書いたのはいつですか?
ペンを取り机に向かい想いを綴る行為は面倒に感じてしまうかもしれません。
ただ、手紙には整ったフォントでは決して表現することのできない"特別な想い"を込めることができます。
秘めた恋心、口にしづらい感謝、ただただ自分が元気で過ごしているという報告、何でも構いません。
僕の母は「私のところへ生まれてくれて、子供でいてくれて有難う」と手紙を通し中学生の僕に伝えてくれました。
これまでこの言葉に支えられた瞬間がいくつもあり今でも僕の心にそっと寄り添ってくれています。
この作品はそんな【手紙】の持つ力を伝えたい、届けたいという想いで書き上げました。
あえて朗読劇というカタチでお届けするこの作品。観劇後に一人でも多くの人が大切な人に手紙を送ろうかな…
そんな風に思って頂ければ幸いです。

高田由美 役:伊瀬茉莉也 コメント

小さい頃、母との仲直りはいつも手紙でした。
ドアの下の隙間から入ってくる手紙に私の心はほぐされ、何回かやり取りをするうちに自然と謝ることができました。
手紙には想いを素直に受け取ることができる、届けることができる、不思議なパワーがあると思います。

<プロフィール>
9月25日生まれ。神奈川県出身。
アクロス・エンタテインメ ント所属。
主な出演作に『ジョジョの奇妙な冒険 ストーン オーシャン』(フー・ファイターズ)、
『約束のネバーランド』(レイ)、『HUNTER×HUNTER』(キルア)などがある。

間宮浩二役:織部典成 コメント

デジタル社会の現代では便利なツールが溢れており、手紙を書くということが滅多に無くなってしまいました。
相手を思いながら綴る手紙には、送り手の思いがあり受け取ったときの嬉しさがあります。
今の便利な時代だからこそ、僕自身手紙をいただくと余計に胸に刺さるものがあります。
本作は現代ではなかなかコミュニケーションツールとして使用しない手紙が主流の時代の心温まる作品です。
お客さまが目を閉じるとその情景が浮かぶ様な素敵な空間となる様丁寧に演じたいと思います。

<プロフィール>
2000年8月18日生まれ。大阪府出身。
劇団番町ボーイズ☆に所属し、多数の劇団公演に出演。
近年の主な出演作に、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』(山口忠 役)、映画『僕が君の耳になる』(主演 山岸純平役)、映画『あしたのわたしへ 私の卒業-第3期-』(清水洋輝役)など。

間宮サチ役:堰沢結衣 コメント

私にはとても大切にしている手紙があります。
小さい頃からの仕事仲間にもらった「絶対にどんなこともで乗り越えられる。自分を信じて頑張れ!」という内容の手紙です。
何度も読み返しています。「形としていつまでも心に残る」そんな魅力が手紙にはあります。
お芝居を見に来てくださった方の心に残るような作品になるよう頑張ります。是非、見に来てください。

<プロフィール>
2007年2月17日生まれ。東京都出身。
0歳より芸能活動開始。天才てれびくんYOUにてれび戦士として出演。
近年の出演作に、映画『きさらぎ駅』(大園葵 役)、CM「駿台予備校」イメージモデル、他多数出演。

【関連記事】

おすすめの記事