Yahoo! JAPAN

何らかの「Apple MacBook」が入っている1万9800円の『アップル福袋』の中身はコレだった! それをMac専門誌の編集長に見せた感想は…

ロケットニュース24

めずらしく「Yahoo!ショッピング」をパトロールしていると、なんとも珍しい福袋を発見!

商品名は『アップル 福袋 中古 Apple Mac Bookノートパソコン Intel Core i5 i7 第3世代〜第5世代 11インチ〜15インチ/メモリ4/16GB SSD128/512GB /カメラ 特売り』で、価格は税込1万9800円。

ともあれ何らかの「Apple MacBook」が入っているのだと思われる。Airか? Proか? それとも……? 気になったので買ってみた!

開封すると、まず目に飛び込んできたのは、思わず「なんでそれだけグチャグチャなんだよ(笑)」とツッコまざるを得ないACアダプタ。

別にいいんだけど……なぜここだけ気を抜いたのか。しかしながら、アダプタにはまだビニールが巻かれており、ほぼ新品同様の状態だった。

次に見えたのは、いろいろな注意書き。ログインのパスワードとか、領収証とか、そのほかもろもろ、パソコンを扱う際の諸注意とか。

んで……

きました!

Airだな!

小さいから11インチのやつかな?

中に入ってたのは本体、アダプタ、プリント関係、以上。

それにしても本体はメチャメチャ綺麗。

しっかりと電源も入る。

私の13インチMacBook Airと比べると、大きさの違いはこんな感じ。

んでもって、いよいよスペックを調べていきましょう! ここからは一気にいくぞ。

1万9800円の『アップル福袋』の中に入っていた「Apple MacBook」の正体は……

MacBook Air (11-inch Mid 2012)
プロセッサ 1.7GHz デュアルコアIntel Core i5
メモリ 8GB (1600 MHz DDR3)
グラフィックス Intel HD Graphics 4000 1536MB
内臓ディスプレイ 11.6インチ(1366 x 768)
ストレージ 251GB(256GB?)SSD
バッテリー 充放電回数:22(状態・正常)

てな感じ!

なにより驚いたのは「充放電回数:22」という点。ほとんど使っていないのでは? ちなみに今現在私が使っているMacBook Airは充放電回数:176である。

・オトクだったのかな?

次に調べたのは市場価格。メルカリでMacBook Air (11-inch Mid 2012)を検索したらリアルな相場がわかるかな……と調べてみたところ、まったく同じ機種は出てこなかったものの、以下のような結果に。

【A】Core i5 1.7GHz メモリ4GB SSD64GB 1万3400円
【B】Core i5 1.7GHz メモリ4GB SSD64GB 1万7900円
【C】Core i5 1.7GHz メモリ4GB SSD64GB 1万9222円
【D】Core i5 1.7GHz メモリ4GB SSD128GB 2万2000円
【E】Core i5 1.7GHz メモリ8GB SSD128GB 1万7500円
【F】Core i5 1.7GHz メモリ8GB SSD121GB 1万9400円
【G】Core i7 2.0GHz メモリ8GB SSD250GB 2万5000円

これらと比べたら、「Core i5 1.7GHz」の「メモリ8GB」の「SSD251GB(256GB?)」で1万9800円なら、メチャメチャお買い得じゃんコレ! とりあえずサクサク動くし、良いもの買った〜!

・専門家に聞いてみた!

でも、何に使おうかな……? また、本当にお買い得だったのかしら……と少し不安になってきたので、歴史古きMac専門誌『Mac Fan』の笹本編集長に意見を聞いてみた! すると……

笹本編集長「Mid 2012モデルのMacBook Airは、私が『Mac Fan』編集部に入ったときに購入したマシンなので、懐かしい思い出が蘇ってきます(笑)。

それはさておき、このマシンはバッテリ状況を見ても良品だと思いますし、メルカリの相場と比べても、お得にGETできたと言っていいと思います。

ただし、2012年モデルなので、とっくに最新のmacOSの対象は外れているのは気になるポイントです。セキュリティの脆弱性がある可能性が高いため、ネットワークにつなぐ場合は自己責任で使っていただくことになると思います。

スペック的にも、仕事でバリバリと使うにはストレスが溜まる懸念があるので、割り切って「ネットサーフィン専用」や「動画視聴専用」など、なにかの専用マシンとして使うのがよいかと思います」

──とのこと! さらに、笹本編集長なら、このマシンをどう使うのかも聞いてみると……

笹本編集長「私だったら、使い道に迷うので、思い切って「Chromebook化」に挑戦してみますね。

詳しい手順は、ITmediaの記事や、「のえ研〜NoelRecordsのプログラミング研究室〜」あたりを参照してください。

クラウドサービスを中心に利用しているなら、これによって仕事でも使えるかもしれません。もちろん、MacをMacとして使いたい方にはおすすめしませんが!(笑)」

──らしい。

Chromebook化……なるほど〜! そういうの、いいなぁ。昔やったことあるけど、BootCampでWindowsを入れることもできちゃったりするのかな?

ともあれ、だいぶオトクにGETできたのは間違いない。遊び用の改造ベースとしてなら悪くないかも?

ちなみに2024年2月6日の20時現在、まだ『アップル福袋』は売られているもよう。どんなMacが届くのかは運次第だ。

参考リンク:Mac Fan、Yahoo!ショッピング
執筆:GO羽鳥
Photo:RocketNews24

【関連記事】

おすすめの記事