Yahoo! JAPAN

「ストレイテナー初配信ライブ」への心意気を聞く。ホリエアツシが“傑作再現ライブ”を決めた理由【前編】

ウレぴあ総研

ストレイテナー ホリエアツシ Photo:橋本塁

9月5日(土)、ストレイテナーにとって初の配信ライブとなる「TITLE COMEBACK SHOW」を開催する。

このライブタイトルからピンとくる人もいると思うが、今回のライブは今年リリースから15周年を迎える、2ndアルバム『TITLE』の再現ライブとなる。コロナ禍でこれまでのようなライブができない状況だが、だからこそスペシャルな企画で楽しんでもらいたいという、ストレイテナーの心意気が伺えるライブである。

この配信ライブ「TITLE COMEBACK SHOW」に向けての思い、またそこに至る過程や、また今回改めて感じたライブ観についてなど、フロントマン・ホリエアツシに話を聞いた。

コロナの前と後で変わったことと、変わらなかったこと

──いよいよ9月5日に、ストレイテナー初の配信ライブ「TITLE COMEBACK SHOW」が決定しました。その配信ライブについてお聞きする前に、ここに至る道のりをうかがいます。

20周年を終え、21年目を迎えた2019年は、「21st ANNIVERSARY ROCK BAND」と題した幕張メッセでのワンマンライブにはじまり、さまざまな盟友たちとの対バンツアーや、初の野音でのライブ、またミニアルバム『Blank Map』のリリースツアーなど、充実したライブ生活を送った1年となりました。

そこから迎えた2020年は、元々どんな活動プランを描いていましたか。

たしかに、去年を終えるまでは充実していたような覚えはありますね。今年は、ひとつは制作の年だったので、もともと上半期はあまりぎちぎちにスケジュールを入れていなかったんです。

春前くらいから曲作りをはじめてスタジオに入って、夏くらいまでレコーディングをやってというスケジュールだったんですよね。その間に、イベントとかフェスのお誘いはもらっていたので、オファーをもらえるものは受けつつという感じでした。

──新型コロナウイルスの影響で、今年の2月末くらいからはこれまでのようにライブができないムードになってきましたね。

2月の終わりくらいに弾き語りで東北に行ったりとかまでは、なんとか行けてはいたんですけど。その頃にも危機感というか、都心ではマスクが完全に売り切れていたりという感じにはなっていましたよね。

で、3月に入ってからは、ライブをやったアーティストが非難されたりするような感じにもなってきて。

──その頃ストレイテナーとしてや、ホリエさん個人としては、ここからどういうふうに活動をしていくのがいいのかというのは考えていましたか。

まずは、体を守らないといけないというのはありましたね。個人の判断というのは重んじられるべきだけど、我々ミュージシャンはどうしても、お店とかとはちがって、自分たちが動くことによってファンやリスナーを集めてしまうというか。

自分たちの存在に人を集めるという職業なので、その責任というのがあるなというのは考えました。例えば、僕がどこかお店にご飯を食べに行くということは僕の判断だし、自分の責任だと思うんですけど。

ミュージシャンは、それとはちがうなと思っていて。3月の半ばくらいからは出演が決まっていたイベントについても、いろいろと考えるようにはなりましたね。

そこから先は、イベント側ができないと判断することも多かったんですけどね。ただそういうときに、イベントの主催から申し訳ないと言われることはすごく心苦しくて。

関わっている人達がこれまで積み上げてきた努力を思うと。そこは自分たちとしても同じ気持ちだし、でもファンを危険に晒すのは避けたいなというのはありました。

──そういうことはバンド内でも話しました?

バンド内で話すときは大体ふざけているので(笑)。深刻な話には、あまりならなかったですね。

でもスタジオに入ったり何かで集まったときに、ニュースを見ながら話したりはしていたので。段々と厳しくなってきたねとかは話していました。最初のうちは、“なんか車みたいな名前のウイルスだね”とか話していたのに(笑)。

──その後、ホリエさん自身はライブハウスの支援企画であるとか、弾き語りで参加をしたりと、個人でいろんな動きはしていましたね。当時は積極的にそういった活動をしようという感じだったんですか。

それは、声をかけてもらって賛同したからという形なんですけど。積極的に出ようというよりは、自分の知ってる人たちが困っていたり、あとはどう考えてもライブハウスが存続していくのが相当難しいという状況だったので。そこはなんとかしたいという思いでしたね。

自分たちとしても音楽の活動の場を失いたくないし、これから出てくるバンドやミュージシャンが成長したり、自分たちの存在を知らしめる場がライブハウスだと思うので。

他にもいろんな媒体があるにせよ、僕はライブハウスは音楽という文化にとって大事な場所だと思っているから。なくなってほしくないなという思いがいちばんにありました。

──思うようなライブ活動ができない上に、家にとどまっていないといけない時間も長かったですが、その時間は音楽制作などに気持ちをシフトできた感じですか。

僕はそうですね。音楽を作るのはライフワークで、発表の場がなくても作ってしまうようなタイプなので(笑)。バンドでスタジオに入るのも自粛する期間もあったので、そのときはひとりで制作したりしていましたね。

──そういうひとりの作業が続いたところから、久々にスタジオに入ってみんなで合わせると、やっぱりちがうなっていう感触もあるんですか。

そうですね。でもそんなに長い期間ではなかったんですよ。4月中までアレンジ作業をやって、5月は丸々1ヶ月間休んで、6月からまたレコーディングを再開してという感じで。

同時にライブのスケジュールがどんどん中止になっていったので、落ち込んでばかりもいられないので、切り替えてレコーディングの日程にあてたりしたんです。だから制作面でいうと、普段よりも時間をかけた制作にはなったんですよね。

──ああ、却って集中して制作できてよかったと声もたしかに多いですね。

期限がないし、やり直せる機会があったので。せっかく時間ができたから、ということで有意義に使いたいなというのは思いましたね。

──ということでは自分の日常としては、あまり変えることなく過ごせた時間ですかね。

ライブをやっていないと、表に出ない分、自分を甘やかしてしまうところはあるので。いかに自分を律するかという闘いはありましたけどね(笑)。と言っても、生活がダレないようにというくらいですかね。

あとはどうしても、歌っていないとどんどん声が弱っていくので。そこは気にかけながら、これまではあまり自宅でがっつり歌い込んだりはしない方だったんですけど、そういうのはやるようになりました。

普通だったらスタジオに入ると思うんですけど、一時期は街のスタジオも営業できていなかったので。

──この自粛期間にもいろんなバンド、アーティストが配信でライブをやろうという動きもありました。そういう配信ライブは何か見たりしましたか

いくつかバンド側から配信のアドレスを送ってもらって、観たりしてましたね。それぞれが試行錯誤していて、演出から何からこだわっていて、見せ方が全然ちがうので、自分たちが配信ライブをやるに当たっての参考にもなりますね。

初の配信ライブで2ndアルバム『TITLE』全曲ライブをやる意義

──ストレイテナーとしてはいつ頃から、配信ライブに向けて動き出したんですか。

いつ頃からだったんだろう。とにかくコロナとの長い闘いになるだろうなかで、どこかでやらなきゃなというのは思っていたんです。

でも、すぐに動かなきゃというのは、僕にはなくて。というのはやっぱり、“ライブ”というものは目の前にいるお客さんに直に届けることだと思うんです。それができないとなったときに、じゃあどうやるのがいちばんいいのかっていう。

これまでもライブ映像をストリーミングしたりはやってきてはいるんですけど。それは目の前にお客さんがいて、お客さんと一緒に作り上げた空間をパッケージしたものだから、またちがったものなので。

無観客でのライブや、スタジオライブはなかなか積極的になれていないというのが正直なところなんです。なので、いろんなバンドのやり方を参考にしつつ、ストレイテナーだったらどういう方法で、どういうコンセプトでやろうかというのはみんなで話し合って今回に至るというものでしたね。

──やっぱりスタジオライブを、通常の“ライブ”と同じようにやるだけでは映像上面白くないぞという。

自分のモチベーションとしてはもちろん、カメラの向こう側で観てくれている人たちのことを思っているけど。それを実際に自分の目で見られない分、そこは嘘はつきたくないなという感じで。

どちらかというと、演奏とか内面に対してとか、自分の中にあるものをいかに表現できるかという方法だったらできるのかなという思いですかね。

──さっきもおっしゃったように長い闘いになっていくだろうし、こうした配信ライブという手法も、ライブのひとつの形になりそうな状況でもありますね。そのことはどう思っていますか。

そうですね。まだね、個人的には完全にシフトできてないんですけど。もっともっと模索していっていちばん音楽ファンが喜ぶ形っていうのが、どこかで見つかればいいなと思っていますね。

──今回は2005年の2ndアルバム『TITLE』の再現となるスタジオライブですが、この案が出たのはどの段階ですか。

これは、最初からでしたね。配信ライブをやりましょうとなったときに出たアイディアでした。

こういう作品縛りのライブをやろうという話は、じつは過去にも何度か出たことがあったんですけど。その都度、なんだかんだで頓挫してきたというか(笑)。

僕のわがままではあるんですけど、やっぱり新しい曲を演奏したいし、古い曲だけでっていうのはモチベーションを保つのが難しいというのがあって。

だから、コンセプトとしてはありだなというのはあったんですけど、そんなに軽々しくやるものじゃないなと思っていたんです。で、ここにきて配信ライブをするということで、自分たちなりに他にはないものにしたいなと考えたときに、めちゃくちゃいいコンセプトだなと思ったんですよね。

ちょうど今年は、アルバム『TITLE』が発売から15周年というのもあるし。前回ベスト・アルバム『BEST of U』(2018年)でのファン投票、楽曲の人気投票をしたときも『TITLE』の曲が軒並みランクインするという(笑)。

──ファンにとってかなり思い入れが深いアルバムなんですね。

こんなにも!?っていうくらいだったので。重要な作品なんだなというのは、そのときに実感もしていたんです。だから『TITLE』の全曲ライブをやるということには、このタイミングだからこそ即うなずけたというのはありましたね。

ストレイテナー「TITLE」再現ライブ「TITLE COMEBACK SHOW」uP!!!独占配信

auスマートパスプレミアム会員限定でお得な割引も!

<配信日時>
2020年9月5日(土) OPEN 20:00 / START 21:00 (予定)
視聴チケットのご購入者を対象とした期間限定の事後配信を予定しております。
※期間限定事後配信: 9月5日(土)初回配信直後~9月14日(月)12:00(予定)

<販売期間>
事前割引視聴チケット:8月17日(月)12:00~9月4日(金)23:59
視聴チケット:9月5日(土)0:00~9月14日(月)10:00

<料金>
事前割引視聴チケット:2800円(税込) (税抜:2545円)
視聴チケット:3300円(税込) (税抜:3000円)
※auスマートパスプレミアム会員の方は上記価格より1000円引きでお求めいただけます。
※auスマートパスプレミアム会員はau以外をご利用の方でもご入会いただけます。(月額499円(税抜)/初回30日間無料)
詳細はuP!!! ストレイテナー「TITLE」再現ライブ「TITLE COMEBACK SHOW」をご覧ください。

(ぴあWEB/吉羽 さおり)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 仙台駅前で食べる老舗の味を初体験 ~番丁ラーメン 名掛丁店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  2. NMB48[配信レポート]吉田朱里のアイデアで実現した歌番組 『MY PLAYLIST 7』配信スタート! 白間「あかりんが作ってくれた道は大きいです。私も最後の1期生として頑張りたい」

    Pop’n’Roll
  3. 生後4か月の子犬、新しいベッドがお気に入り(動画)

    らばQ
  4. AKB48[イベントレポート]初のe運動会で深めた揺るぎなき絆「AKB48は進化し続けているのだということを、もっと世の中に示したい」

    Pop’n’Roll
  5. おうちカフェのすすめ①仙台で豆を買うならここ!その1

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  6. SKE48、松井珠理奈卒業シングルのタイトル&発売日発表! 表題曲には全員参加「最後なのでみんなで歌いたい」

    Pop’n’Roll
  7. 10万本売れた!全国の名産をつかった「お取り寄せできるご当地調味料」

    anna(アンナ)
  8. 県赤十字血液センター 子連れ献血 サポート開始  ルフロンで見守りサービス〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

    タウンニュース
  9. ジャズでクリスマス 12月にチェチリア工房で〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース
  10. ポスターで防災呼びかけ 茅ケ崎小で表彰式〈横浜市都筑区〉

    タウンニュース