Yahoo! JAPAN

常磐『小突きカレイ』釣りで本命21匹 好ゲストにマダコ【つれたか丸】

TSURINEWS

小突きカレイで本命ゲット(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

那珂湊沖にてカレイ釣りがスタート。早速つれたか丸へ出かけてきました。本命のマコガレイは船中1匹でしたが、その分良型のムシガレイが好調だった釣行をレポートします。

常磐地方の小突きカレイ釣り

東京湾での2~3本の竿を準備した「置き竿中心」の釣り方とは対照的に、1本竿にて底を終始小突き続ける、いわゆる「攻め」の釣りが常磐スタイル。砂煙を巻き上げやすいよう、オモリの形状は釣鐘タイプが一般的です(ナス型でも可)。また、カレイは派手なものに興味を示すため、仕掛けはもちろん、オモリや天秤も専用の派手めなものを使用すると良いです。

東京湾、常磐沖ともに肉厚のマコガレイが本命ではあるのですが、常磐沖では近年ムシガレイが多く釣れるようになってきました。この魚も良型なら肉厚でマコガレイに負けず劣らず(やや負けるかな)、食味も抜群です。

また、東京湾では比較的暖かい水温に強いマコガレイ一択なのに対し、常磐沖では色々な種類のカレイが釣れるのも魅力の1つ。私自身、マコガレイ、ムシガレイの他、イシガレイやナメタガレイ、ヌマガレイも釣った経験がある他、まだ釣ったことはありませんが、ホシガレイやマツカワガレイといった幻級のカレイも稀に交じるようです。

またカレイ以外でもアイナメやショウサイフグ、ホウボウ、ハナダイ、マダコなどが良く釣れる点も、この海域でのカレイ釣りを面白くしています。

タックル&仕掛け

基本的なタックルについて紹介します。

竿

やはり専用の竿が使いやすいです(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

竿は160~180cmの、オモリ負荷30~40号で8:2調子のもの。基本一日手持ちで誘うので、リール含めて軽いものが良いです。各メーカーから専用の竿も出ていますが、代用できるものとしてはフグやカワハギ竿。経験上、オモリ負荷30号、7:3調子のLT竿まではギリギリ可能だと思います。もし不安なら船宿にレンタル竿があるので、借りてみると良いでしょう。

リール

リールは小型両軸リールにPEライン2~3号を100m程度巻いたもの。カレイのポイントには良型のマダコもいるので、あまり細いPEラインはお勧めできません。

仕掛け

仕掛けは吹き流しの2~3本針でハリス3~4号、針14~15号と、東京湾仕様より大きめが基本。以前はイシガレイ狙いでは派手め、マコガレイ狙いではシンプルなものとされていましたが、近年は派手め一択。わからなければ船宿での購入が良いでしょう。

朝イチはタチウオ狙う

前日に電話で出船確認をすると「タチウオの仕掛けも持ってきて」とのこと。ここ最近、那珂湊周辺ではタチウオが爆発していたのは知っていたのですが、どうやらつれたか丸さんもカレイとリレー方式でやるそう。タックルはカレイのもので代用できなくはないと思っていたので、タチウオ用として30cmの天秤(ビシアジ用)とオモリ(50号)、仕掛けのみを準備することにしました。

当日、改めて船長にこの日のスケジュールを確認すると「ポイントはタチウオもカレイもマダコも一緒なので何やっても良いっぺよ」とのこと。

私は初心者なのでエサ釣りを選択(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

出港し15分程度でポイントに着き、カレイ釣りの準備をしていると「タチウオの反応が出ているっぺよ」とすかさず船長の指導。気づけば周りにはタチウオ狙いの船団が形成されていました。どうやら朝イチはタチウオ狙いで反応を追っているようです。

急いでサバエサをハサミで整形し、仕掛けを準備し投入します。因みに釣り方はエサでもメタルジグでもどちらでもOKとのことでした。

しっかり形を整えて真っすぐ縫い刺しにするのがキモ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

そして常連さんはタチウオ専用のタックルを準備。船長も「できれば専用の竿持ってきた方が良いっぺよ」とのこと。想定内ではあったのですが、今回は横着してしまいました。もしタチウオ用、もしくはタチウオ向きの竿(食い込みが良い7:3のものにPEライン0.8~1号を巻いたリール)を持っていれば、持ち込むようにした方が良いと思います。是非私の例を反面教師にしてください。

73cmタチウオ登場

タチウオ釣りがスタートし、仕掛け分(2m)巻いてシャクり始めるも、反応は底付近にあるようですが一向にアタらず。何時だったかのテレビ番組で得た知識を思い出し、誘うスピードを変えながらシャクり続けます。たまにフォールで触ったような感覚はあるものの、この日の当たりのスピード、テンポを見つけるには至りません。

やがて船長もぼやきはじめ、ネガティブな内容の無線も聞こえるようになってきました。そんな中、頑張ってシャクっていると待望のアタリ!1時間頑張ってようやく3本指73cmの本命が釣れました。

値千金のタチウオとなりました!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

実はこの1匹、左横の友人に指導を受けながら釣った私の人生初タチウオ。そしてこの日の船中1匹というとても貴重なものでした。

前日は2時間でトップ11匹とのことでしたが……別名「幽霊魚」とはよく言ったものです。船長、1時間半程度で見切りをつけ「今日のタチウオは口使ってくれないのでカレイ、タコやっていいっぺよ」とアナウンス。ミヨシの1名はタコ(餌木)を、私を含む残りの3名はカレイの仕掛けを準備しました。

エビエサ使いカレイ狙い

まずは3本針の仕掛けを準備しエサを付けるのですが、つれたか丸ではイソメ以外にエビエサも支給。常磐でのカレイ釣りは過去に多く経験していたのですが、エビエサは初めての経験でした。

テンヤマダイで使うような中くらいのサイズ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

エサの付け方は尻尾を切り落としてエビがまっすぐになるようにし、針先が出るようにする、といった感じ。感想としては、イソメよりエサ持ちは悪いもののアタリはイソメより出やすいと思いました。「エサ持ちが悪い」ということで、エビエサ使う場合は3本針が断然オススメ。船長の指示も「エビ、イソメ、エビの順につけてみな」とのこと。恐らくイソメは保険の意味もあってのことだと思います。

3本針にエビ・イソメ・エビが船長おすすめ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

順調にカレイゲット

3本針ということで慎重に投入。どの釣りでも同じなのですが、ハリスが絡んでしまっては釣りになりません。吹き流しの仕掛けは特に絡みやすいので慎重に。そして着底後、この日は波高1m位であったのでその範囲で小突きつつ、かつ底をしっかり捉えることができるよう竿先の位置を調整。準備が整ったところで小突き(15~20回)開始です。

出だしの数投は小突きを2~3回繰り返し聞きアワセをしてもアタリが出なかったのですが、30分位するとポツポツアタリが出はじめ、順調に釣れはじめました。

ダブルもありました(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

エビはマダイ釣りのオキアミと同じくエビが真っすぐになるように付ければ良いのですが、イソメの付け方は5~6cmに切って2~3本チョン掛けがカレイ釣りの基本となります。その他、時に特エサとなるアオヤギやアサリ等の貝エサを持ち込む場合は縫い刺しが良いでしょう。

小突き続けてマダコ登場

カレイ釣りに切り替えてからはアタリ多く、船中賑わっていました。ミヨシのマダコ狙いの方はアタリが出なかったらしく、途中からカレイ狙いにシフト。するとこの日船中1匹と、近年ではレアな魚となってしまったマコガレイを上げ、盛り上がりを見せてくれました。

しかし、日が昇って潮が緩んできたところでカレイの活性もひと段落。船中置き竿が目立つように。それでもしっかり仕掛けが底を這うように調整していればアタリは出せるようで、ここでも明暗が分かれているようでした。

そんな中私はというと、がめつく数を稼ぐべく小突き続ける。もう、翌日確実に腕が筋肉痛になるレベルです。すると、そんな頑張りに答えてくれたかの如く……タチウオに続いて値千金の根掛り!

0.7kgの小型ではありますが最高のゲストでした(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

「しめた!」と思い、慎重に緩急つけて仕掛けを底からはがし、ゆっくり巻きはじめると、思惑通りずっしりとした重量感。間違いなくタコです!

タコ用ネットを持ち込んで良かったです(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

本命&嬉しいゲストに満足

朝方タチウオを狙ったということでその分カレイ釣りの時間が取られてしまいましたが、それでもカレイ(ムシガレイ)21匹にタコ1匹はまずまずの釣果。置き竿タイムが比較的長かった友人もカレイ(ムシガレイ)16匹にホウボウ、ハナダイとお土産十分な釣果をあげることができていました。

船長、帰港後に「タチウオもカレイも渋かった」と言っていましたが、タチウオは幽霊?として、カレイはそれだけポテンシャルがある証拠。今後も楽しめそうです。

20Lクーラーがそこそこ埋まりました(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

今回はカレイ釣り中心と考え、20Lのクーラーを持ち込みましたが、常連さんはタチウオを想定し30Lのものを持ち込んでいました。この日はタチウオ不発で問題はありませんでしたが、次回はドラゴン級たくさん釣ることを想定し、しっかり準備しようと思います。良い勉強になりました。

船宿のHPによると4月以降はタチウオも復活し、カレイも日によって高低差はあるものの、そこそこ数がでている様子。例年では6月いっぱいまで楽しめ、終盤は型も良くなっていきます。

マニアックなようで近年はムシガレイの登場によりお手軽になりつつある常磐カレイ釣り。タチウオとあわせるとゲーム性はより満点です。

豪華料理に舌鼓

タコ、ムシガレイ、タチウオ、炙りタチウオ。豪華なお刺身盛り合わせです。

刺し身の盛り合わせ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

塩焼きは脂が乗っていて美味しかったです!

タチウオの塩焼き(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

骨等はカリカリに揚げました。

骨はカリカリに揚げた(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

タコは家族のリクエストで酢ダコに。酢:すし酢を1:1で一晩!

酢ダコ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

ムシガレイ25~30cmのアベレージサイズは揚げみぞれ煮がおすすめ。ヒレも美味しく食べられ、かつ大根おろしがさっぱり感を演出してくれます

ムシガレイの揚げみぞれ煮(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

<尾崎大祐/TSURINEWSライター>



The post常磐『小突きカレイ』釣りで本命21匹 好ゲストにマダコ【つれたか丸】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事