Yahoo! JAPAN

落語×ミュージカル 劇的茶屋の新作『謳うお見立て』が11月開幕&前二作品の”お見逃し配信”も決定

SPICE

『謳うお見立て』

ほとり企画が企画・製作の指揮をとる、落語をベースにしたミュージカルをリモート生配信する『劇的茶屋』。2020年11月19日(木)より三席目として新作『謳うお見立て』が開幕する。また、合わせて前二作品が見逃し配信されることが決定した。

『劇的茶屋』は、美味しいものを食べながら落語ミュージカルを観る「体験型エンターテインメント」で、選べるお菓子とお茶のセット付きチケットを販売している。7月に一席目の『謳う芝浜』を上演、8月からは二席目『謳う死神』を上演した。

今回開催が発表された三席目『謳うお見立て』は、代表的な廓噺(遊廓を舞台にした落語)『お見立て』を物語の基盤としたオリジナルミュージカル。今回作詞・脚本・演出を手掛けるのは『H12』、『ツクリバナシ』など数々のオリジナルミュージカルを生み出してきた永野拓也。作曲を担当するのは津軽三味線奏者、作編曲家、歌手など、幅広く音楽活動中の川嶋志乃舞。『謳う芝浜』に引き続く楽曲を提供だ。

また、『謳うお見立て』開幕までの間、前二作品のアーカイブを配信することが決定。10月30日(金)から三日間限定で配信される。配信が決まったのは開幕メンバーである高橋卓士、和田清香、宮島朋宏が出演した回の『謳う芝浜』と小林遼介、宮島朋宏、可知寛子が出演した回の『謳う死神』。さらに、今回の“お見逃し配信”は、公演中なかなか語られることのなかったリモート生配信の裏話や、作品の見どころについて出演者が語るコメンタリー映像付き。数量限定のお菓子付きチケットは2800円(送料別)、配信のみのチケットは2200円。さらに、二作品どちらも一気に楽しめるセットチケットも用意されている。

予告動画

おすすめの記事

新着記事

  1. 【洗濯モノの山】毎日うんざり…片付けのポイントは「干す・たたむ・収納」の動線を短くすること

    特選街web
  2. 【セブン限定】パピコのピスタチオ味が再登場!濃厚クリーミーで最高に美味しい。

    東京バーゲンマニア
  3. 伊藤美来3rdアルバム『Rhythmic Flavor』ジャケ写公開 リリースイベント開催に本人絵柄のTカード発行&グッズ発売も決定

    SPICE
  4. ジャニーズ大みそか「ネット重視」の戦略と商魂 NHK紅白歌合戦など眼中なし

    日刊ゲンダイDIGITAL
  5. バービーは成功し高い支持が 女性芸人“脱ブス”の背景に「いじり」の難しさ

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. チャンバラトリオ山根伸介は巨人が試合に負けるとラジオをゴミ箱に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 渋谷バス停・ホームレス殺人事件 時代と社会の歪みの中で不幸にも交差してしまった2つの人生…【ラサール石井 東憤西笑】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 犬を飼う前に知っておきたい! 「オス・メスに見られる違い」を獣医師が解説

    いぬのきもちWEB MAGAZINE
  9. ゾロ目は幸運の知らせ!?数字が教える運気パターン8つ

    つやプラ
  10. 【後編】義母が娘に「遅くまで保育園でかわいそう」と言う。フルタイムで働くママの葛藤……

    ママスタセレクト