Yahoo! JAPAN

満開のコスモス畑を見ていたら、空に虹が!【木津川市・恭仁京】

ALCO宇治・城陽

2021年10月17日(日)、恭仁京(木津川市)のコスモス畑を訪れたところ、満開になっていました。「きれいだな~」と思って眺めていると、空に虹が!とっても素敵な光景でした。

この日最初に訪れたのはこちら、「史跡 山城国分寺跡」(京都府木津川市加茂町例幣)です。

まるで昔話のような、古き良き日本の風景。

そして近くには…

満開のコスモス畑が!

お花がいっぱい!きれい過ぎる~!

お子さん連れのご家族も来られていて、とっても楽しそうにされてました。

そして、ここから少し歩いて…

コスモス畑からコスモス畑へ!

太陽の光をあびて、ゆらゆら風に揺れるお花たち。

は~、癒される~。

…と!

来られていた方から「虹が出てる!」という声が。

それがこちらです。

「コスモス畑と虹を一緒に見られるなんて贅沢ですね~」なんて話しながら写真撮影。

皆さん楽しそうに写真を撮っておられました!

楽しかったな~。

【恭仁京(くにきょう)】
740年、聖武天皇が瓶原(みかのはら)に遷都し、「恭仁宮(くにのみや)」が首都となりました。都であった年数は短かったものの、その間に日本各国での「国分寺」建立を命じたり、人々の生活に大きな影響を与えた「墾田永年私財法」を発布するなど、歴史上重要な時期でした。また、大伴家持の歌にも詠まれた万葉集ゆかりの地でもあります。~今造る 久邇の都は山川の さやけき見れば うべ知らすらし~

【関連記事】

おすすめの記事