Yahoo! JAPAN

「山本太郎」の好釣果へのターニングポイント:チヌの乗っ込み攻略法#2

TSURINEWS

シーズン佳境を迎える乗っ込みチヌ(週刊つりニュース中部版・編集部)

名手・山本太郎氏が実釣を通して当日の模様を詳しく解説していく『チヌ釣り伝道師!山本太郎の好釣果へのターニングポイント』。今回は、乗っ込み期の狙い方について紹介しよう。

参考タックル

イオカダザオ最高峰のイカダリミテッド(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ロッドはイカダリミテッド、リールはセイハコウリミテッドRC83、ラインはチヌ筏かかり参1.5~2.5号、ハリは勝負ちぬ筏2~5号、オモリはゴム張ガン玉各種。

セイハコウリミテッドRC83(提供:SHIMANO)

入門者向けとしてお勧めのタックルは、ロッドはアドバンスイカダ1.5~1.6m、リールはセイハコウSPRC83。

セイハコウSPRC83(提供:SHIMANO)

ラインとハリの大きさがキモ

私が乗っ込み期に最も気にするのが、ラインの号数とハリの大きさだ。ベタ底にしっかりナジませたり、周囲をオモリ装着で探ったり、深場では宙層を落とし込んだりと、ラインの柔軟性を重要視する。

従って、ラインは細いに越したことはないが、不意の大物にも備えるということで1.7号と2号の出番が多い。春チヌはシーズン中で最もパワーがないので特に支障を感じたことはないが、そこは自分の好みと諸条件を踏まえて臨機応変に対応しよう。

愛用のライン(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ラインとハリのバランスにも気を配りたい。例えば、1.5号のラインにチヌバリ5号ではラインが負けるし、ライン3号にチヌバリ2号ではハリが負けてしまう。バランスは大いに重要なので注意したい。

もう1つ、オモリの使い分けも好釣果に結びつく必須のアイテムだ。非装置で攻めたり、ちょっと大きなオモリで周囲を探ったり。トントン状態であっても、オモリによってさしエサをベタ底に置いた姿勢か、それとも底を漂わせる姿勢にするか。いろいろと試さなければならない仕掛け姿勢は、全てオモリの使い分けにかかっている。ジンタンオモリG3くらいから1号くらいまで豊富にそろえておくことをお勧めする。

愛用のゴム張りガン玉類とハリ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

なお、オモリ各種は多少高くてもゴム張りが絶対にいい。種類を多くそろえるとなると、どうしても金額がかさみ、非ゴム張りにも目がいってしまうが、ゴムが施されていないオモリは、そのままでは必ずラインにダメージを与えてしまう。

さらには1回きりの使用で使い捨てになってしまうので、結果、効率もよくない。ゴム張りを歯でかみ付けたり、ペンチで圧着する釣り人も時折見かけるが、指先で軽く圧着するだけで問題なく固定できている。それに交換も容易だし、金属疲労を起こさない限り何度でも使用することが可能だ。

ダンゴ&さしエサ

つい先日、ある番組で運良く専門家の学者さんと対談する機会があり、かなり興味深い話を教えていただいた。なかでもエサやダンゴに関する話は、チヌ釣り師なら聞き逃すことができない重要な事項だった。

それらを少し紹介すると、チヌは視覚が弱く、換算すると0.07程度。いわゆるド近眼。ハリスなどはほぼ見えていないし、さしエサも同様のようだ。だが嗅覚は相当優れていて、水を張った25mプールに数滴の匂いのある液体を垂らしただけでも軽く嗅ぎ分けるらしい。となれば、濁りを過度にするより、嗅覚に強く刺激する匂いを優先すべきだろう。

一年中欠かせない活さなぎミンチ激荒(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

さて、チヌが嗅覚で強く刺激を受けるのは、われわれ人間を含む全ての生物にとって切り離すことのできないアミノ酸が筆頭だとか。

アミノ酸は、われわれ素人にはあまりよく分からないが、二十数種類あってタンパク質の元になる成分。体内で合成できない必須アミノ酸と合成できる非必須アミノ酸に分類されるそうだが、今のところ、チヌにどのアミノ酸の効果が高いのかという絞り込みは厳しいとのこと。その点は残念だが、市販のカカリ釣り用ダンゴは酵母やウルトラバイト(発酵成分、フェロモン)は、やはり高い効果が期待できる。

鉄板ダンゴ類(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

私がカカリ釣りを始めた40年前は、さしエサといえばアケミ貝、春はボケ、秋は生きエビと相場が決まっていたが、アミノ酸の宝庫といえるオキアミ、サナギ、コーンの威力は絶大。近年の好釣果もうなづける。オキアミも生よりも、加工してアミノ酸が多く含まれるくわせオキアミは効果が高い。

参考のダンゴを挙げると、パワーダンゴチヌ1袋+大チヌスペシャルハイパー+速戦爆寄せダンゴ。これに状況を加味して生オキアミ3kgを全て加えて仕上げるが、水分が足りないと感じるなら海水を適宜。このブレンドは、水分が多少多くても割れのタイミングは取りやすい。

乗っ込み期のさしエサ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

さしエサは、くわせオキアミを軸にボケ少々、エサ取り対策とまきエサも兼ねられる激荒が1袋あれば役立つ場面は多い。今春の鳥羽方面はカイズ(チンタ)も多く、小型から大型までターゲットになる。この他に生きエビも2~3杯あると面白い釣りが展開できそうだ。

モーニングは狙うべきか?

モーニングとは、前日の釣り人がまいたエサを早朝、徘徊して「残りエサ」をあさりにきたチヌをダイレクトに狙うというもの。ダンゴにエサを包まず、さしエサだけを落とし込んで直下や周囲を探るのだが、チヌが居れば、ほぼ一発で乗ってくる。居れば一発なので実に手っ取り早い狙い方だが、警戒させてあとが続かなくなる、いわゆる「スミ1」になるのではないか、というウワサも少なくない。

真相はどうなのか。私にもそれは分からないが、これまでの経験からスミ1で終わったこともあるし、モーニングで釣れてダンゴ釣りに切り替えてもちゃんと釣れたこともある。

それどころか、モーニングだけで釣れ続いたこともあり、最高7匹の良型を仕留めてしまい完全にヤル気が失せて早上がりしたこともある。

これまでの経験からして、あの「早朝の徘徊組」は、いわゆるアウトサイダー。はぐれ者の性質を持っていて、まきエサを打つとかえって散ってしまったりしやすい。

まきエサに寄ってくるのは「ヤル気のあるチヌ」、早朝徘徊するのは「ヤル気のないチヌ」で、一時的にだが性質が異なると考えている。特に乗っ込み期のこの時季は、ナーバスなゆえにアウトサイダーになる個体も少なくないようだ。

モーニングをやる、やらないはそれぞれの自由。どちらかといえばやっておいた方がいいと私はお勧めする。効果があるのはボケ。必要最小限のオモリでチヌに見せながらゆっくり落とし込むのが効く。直下と周囲を丹念に、深追いはせず20~30分程度探りを入れてみよう。

ダンゴ釣りの基本

モーニングが終われば、いよいよダンゴ釣りにスイッチ。スタートはオキアミだけを刺し、やや強めにダンゴを握り込んで確実に着底させる。

チェックしたいのは、ダンゴに何者かがつっついてこないかどうか。着底後すぐに割れてしまうダンゴでは分からなくなるので、しっかり握り20~30秒は見届けること。

三重県下の釣り場は、ボラが方程式になるパターンが多い。とはいえ乗っ込み期はまだまだボラも少なく、いきなりダンゴにアタックしてくることは期待できない。また、ボラが居ないからといってチヌが絶対釣れない時季でもない。

ただ、ボラが居ると居ないとでは攻め方や組み立て方、さらには海況も大きく変わり、チヌが釣れる確率も格段に上がる。ダンゴアタリが全くないなら、まずこのボラを寄せてやる気持ちで、自分のリズムを作りながら打ち返しを続ける。

リズムを崩さず時合いをまとう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

釣り場にもよるが、この時季はまだエサ取りは少なく、さしエサもそのまま戻ってくることが多い。2~3時間はひたすらそんな状況が続くことを覚悟しなければならないが、その間、突然チヌが入ってくることもある。特に仕掛け回収時には細心の注意が必要だ。

チヌがエサをくわえた後、ほとんど動かない「居食い」だが、乗っ込み期はこの居食いが頻繁に見られるので気をつけよう。

チャンスが訪れたら

ボラの気配がなかったのに突然ダンゴアタリが出だした。あるいはエサが残らなくなったり、取られていたさしエサが残りだして急に海況が変わってきた。これらの現象は全てチヌが寄ってきたチャンスと見ていい。

時合いを察知することは重要で、次の一手、またチャンスを逃してしまうことも回避できる。チャンスと感じたら、われわれ釣り人側が最優先ですることは、ダンゴの割れるタイミングの微調整と、割れてからのさしエサを見せるインターバルの微調整だ。

一概には言いにくいが、それまでエサ取りが活発だった後、急にさしエサが残りだしたのならダンゴの割れを10~20秒単位で遅く、ボラがいい感じでダンゴにアタックするようならやや早めにダンゴが割れるようにといった具合で、そのときの状況を加味しながら臨機応変にいろいろと試してみよう。

インターバルについても、ダンゴが割れてから2~5分程度、30秒単位でいろいろ微調整してみると答えはきっと見えてくるはずだ。

悩ましい質問

「朝からダンゴを打ち続けても状況が全く変わらない、エサ取りすら寄らない場合、ダンゴをまとめてドカ打ちするとチヌが寄らないか?海況が好転して魚の活性が高まらないか?」という質問をよく受ける。

大変難しく、悩ましい問題だ。この問題も人それぞれ考え方に相違があるが、私は「ノー」と答えている。状況が悪いときにドカ打ちをしても、それが好転につながるとは思えないし、ダンゴの煙幕や匂いはすぐに消えてしまうだろう。やはりコツコツとリズムを崩さずに!「継続は力なり!」である。

試行錯誤して本命を手にしよう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

状況が悪いとき、これといった決め手はなく、私もひたすらコツコツと打ち返しを続ける派だが、もしそんな事態になってドカ打ちしたい感情に駆られたら、思い切ってサオを置き、30分程度の時間をかけてダンゴの空打ちをしてみよう。

リズムは先に打ったダンゴの煙幕が海底に沈み切ったころに次のダンゴを打って、という具合だ。あるいはダンゴも入れず完全に場を休ませることで変化を呼び込めるかもしれない。昼を回って午後へと折り返してくると気持ちも焦るが、最大のチャンスである「夕マヅメ」を虎視眈々(たんたん)と待とう。焦りと諦めは禁物だ。

3つの釣り方

ダンゴ釣りの3つの釣り方を紹介しよう。

トントン(オモリG3~2B程度、なし)

底トントン(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

まずはこれから。オモリはハリから30~40cmに固定し、ダンゴが割れた状態でオモリが底から10~20cm程度浮くイメージ。オモリの重さを穂先に乗せる。オモリなしの場合は、潮流を考慮して余分にプラスする。

タナ調整のやり方は、ダンゴが着底したら穂先と水面との距離をおおよそで計測し、ダンゴが割れたら穂先を下げる(潮流でラインが押されるのでプラスα)。

ベタ底(オモリ3B~1.5号程度)

ベタ底(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

直下でも使用するが、主に周囲を探るときに多用。ゴム張りなら固定になるが、タングステンの中通しでもよく飛んで食い込みもいい。

オモリとオモリ下のハリス分は完全に底に置く状態で、若干のオモリ重を穂先に乗せる。この場合、いずれもオモリが重い分、先行して沈むので絡みやすい。従ってハリスの長さは15~20cmと短めにする。

プラスα(オモリなしが基本)

プラスα(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

インターバルを長く取り、さしエサをしっかり見せたいときやボラアタリが激しいときにも有効。ダンゴが着底したらすぐにラインを1~3m程度出し、ダンゴの割れを確認しないで穂先を定位置に下げてしまう。しばらくするとラインは潮流に押され、穂先にテンションが乗ってくる。ラインは湾曲した状態で、アタリは糸電話の原理でキッチリ出るが、アワセは効きにくくなるので大アワセが必要になる。

なお、釣り人の落とし物や岩礁帯など海底の状態が悪い所では根掛かりが多発するので注意してほしい。

山本太郎プロフィール

1957年生まれ。三重県津市在住。カカリ釣りをはじめ、波止の落とし込み釣り、ウキダンゴ釣り(紀州釣り)、ウキフカセ釣りなど、多彩なクロダイ釣りをオールマイティーにこなすエキスパート。現在、初心者育成のため指導にあたっている。

4月からシマノのユーチューブ公式チャンネルで「黒鯛流儀」が復活。今回は「春の乗っ込みの大型クロダイ攻略」と題し、三重県・志摩半島御座にある大伸丸渡船のカセで挑戦。今まで以上にハイクオリティーな撮影アングルなど、カカリ釣りファン必見だ。

<!--lead_ng-->『「山本太郎」の好釣果へのターニングポイント:チヌの乗っ込み攻略法#1』を読む。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年5月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post「山本太郎」の好釣果へのターニングポイント:チヌの乗っ込み攻略法#2first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事