Yahoo! JAPAN

ロックゲームでカサゴ好捕 ロッドの破損乗り越えアカハタも手中

TSURINEWS

良型カサゴのWヒット(提供:週刊つりニュース関東版・木内瑶子)

今回はロックフィッシュをターゲットに、5月29日(日)、南房乙浜の有希丸さんでチャレンジしてきました。フリーリグにエビエサの組み合わせでカサゴがクーラーいっぱいになった釣行の模様をリポートします。

有希丸でロックフィッシュ釣行

「ロックフィッシュ」その名前の通り、海底の岩や海藻の隙間に泳いでいる魚のこと。海底の起伏を想像しながら、根のある底にオモリを当てたり浮かせたりしてアタリを待つ。竿先に感じる振動が、根なのか魚なのかドキドキしながらアワせます。この時、根掛かりだとガッカリしますが、魚の引きなら水面に上がってくるまでどんな魚種が登場してくれるのか分からない、それがロックフィッシュゲームの魅力です!

船長と記念撮影(提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

この日は釣り仲間のみぽりんに誘われてお邪魔した仕立船。5時集合で港に集まりごあいさつ。初めましての人もいて緊張しますが、船長さんが気さくに声をかけて盛り上げてくれるので、あっと言う間に船内は和やかムード。

開始早々良型カサゴ登場

最初は港からすぐの水深20m前後の岩礁帯エリアからスタート。仲間内の仕立船と言うことで、釣り方に決まりがなく、仕掛けは人によってさまざま。私は自作のフリーリグを用意。フリーリグとはリーダーにウキスイベルを通してその先のフックにエサを付ける、とてもシンプルな仕掛け。スイベルに付けるオモリは水深や海の状態によって変えますが、今回は15号を使用。

エビエサを付けて落としたら仕掛けを海底でふわふわさせて誘います。この日は魚の活性が高く、常に誰かの竿がしなって船内はにぎわっていました。

良型カサゴヒット(提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

私にも開始早々にアタリ。根に潜られないようすぐに巻き上げて、良型カサゴをゲット。

根掛かりで悲劇が……

幸先のいいスタートに「きょうはたくさん釣れる気がする!」とテンションが上がりますが、この釣りにつきものなのが根掛かり。アタリを多くだすために海底を攻めると、高確率で根掛かりします。そしてとうとう恐れていたことが……。

こちらもビッグなカサゴ(提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

根掛かりを外そうとイトをフリーにして竿を浮かせた瞬間ガイドにイトが掛かってしまい、その状態で竿先に負荷がかかってミシッと嫌な音が。私の竿先は海の中へと沈んでいきました。ええーっと思わず声が漏れましたが、竿が折れても心は折れません(笑)。

アカハタもヒット

もう一本の竿にチェンジ。そんなアクシデントを乗り越えた先には、クーラーボックスいっぱいのカサゴが待っていました。カサゴはお刺身でも火を通しても美味しく食べられるお魚なので嬉しい釣果です!

終盤、「青物の反応が出てるよ!」と船長のアナウンスに、素早く対応してジグを落とした男性の竿にワラサがヒット。それを見て、私もすかさず仕掛けを替えますが釣れたのはベラです(笑)。

フリーリグでアカハタゲット(提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

テンヤをしていたリサちゃんはカワハギをゲット。羨ましいゲストでした。そして、なかなか姿を見せてくれなかったアカハタを、私の隣でシッカリ釣り上げたみぽりん。さすがです!

楽しみながら多彩な魚種を確保

他にもウマヅラ、コブダイなども釣れていて魚種多彩。そんなポテンシャルの高い根魚釣りが楽しめる有希丸さんでの釣行は、船長の人柄のよさも含めてオススメです。

タイラバでアカハタ(提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

これから夏に向けてが本格的なシーズンのロックフィッシュゲーム。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!

<週刊つりニュース関東版 木内瑶子/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年6月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。The postロックゲームでカサゴ好捕 ロッドの破損乗り越えアカハタも手中first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事