Yahoo! JAPAN

猫が『ストロー』を噛みたがるワケ4つ

ねこちゃんホンポ

1.歯が痒い

猫は生後1ヵ月ほどで乳歯が生え揃い、3ヵ月~6ヵ月で永久歯に生え変わります。

歯が生えてきたり、生え変わる時期は歯や歯茎が痒くなり、身近にあるものを噛むようになります。

子猫にとってストローは、大きさや固さがちょうど良いのかもしれません。噛み心地が良いのでしょう。

しかし、噛んでいるうちに誤飲してしまったり、ストローの端で口の中を切ってしまう可能性があるので注意が必要です。

2.獲物だと思っている

猫は根っからハンターです。家の中で飼い主さんと暮らすようになってからも、狩猟本能は根強く残っています。

そのため、あらゆる物に興味を示し、捕獲の対象としているのでしょう。

触ると奇妙な動きをするストローを、猫は「獲物」だと思っているのかもしれませんね。

3.オモチャだと思っている

猫にとって「オモチャ=獲物」。オモチャで遊ぶことは狩猟本能を刺激するだけではなく、ストレス発散にもなり、大切な日課です。

そんな猫は身近にある物をオモチャにしてしまう名人でもあります。

気づくと置いてある物を噛んだり、転がして遊んでいることがありますよね。

ストローもその1つなのでしょう。オモチャだと思い、思わず噛んでしまうのかもしれませんね。

4.癖だから

猫にとって、ストローを噛む行為が習慣になってしまっている可能性もあります。

誤飲やケガに繋がる恐れがあるため、できるなら止めさせたいですよね。

方法としては、代替えになるオモチャを用意するのが良いでしょう。

猫が好むオモチャは、猫によって様々。いくつか用意し、猫が夢中になれるものを見つけてあげましょう。

まとめ

猫がストローを噛みたがる理由についてまとめてみました。

猫は好奇心がとても強い動物。そんな猫がストローに興味を持つのは、自然のことなのかもしれませんね。

しかし、噛む行為が習慣化してしまうのも困りものです。

余りにも噛む場合には、止めさせてあげましょうね。

【関連記事】

おすすめの記事