Yahoo! JAPAN

「ゾゾタウン」が横田ひかる等各界著名人が手がけた「リーバイス」のデニムを限定販売

SEVENTIE

ゾゾ(ZOZO)は9月15日から、各界の著名人がデザイン・プロデュースした「リーバイス(Levi's)」の「マルチサイズ」デニム全5型を「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」限定で販売すると発表した。スキニーやダッドジーンズ等の多様なシェイプがあり、カラーもそれぞれ異なるなどそれぞれの個性が顕著に表れている。

「マルチサイズ」は商品画面から自分の身長と体重を選択するだけで、自分にあった最適なサイズで購入することができるサービス。試着ができないオンラインショッピングでも、サイズの心配や裾上げ要らずでアイテムを購入することができる。今回はそんなマルチサイズで展開するアイテムの中でも人気の「リーバイス」のデニムが各界著名人5人とコラボして登場する。

「リーバイス」のデニムをベースに、アート界で注目を集めるグラフィックアーティストのバックサイドワークス(Backside works.)やファッション作家やユーチューバーとして活躍するMB、ファッションモデルで自身もファッションブランドを手がける横田ひかる、ストリートフォトグラファーのシトウレイ、ヘア&メイクアップアーティストの奈良裕也の5人がデザイン・プロデュースした。バックサイドワークスのプロデュースデニムは100着限定で抽選販売になる。今回のデニムは全て受注生産での販売のため、注文後工場にて一本一本製造されるという。そのため発送は2022年1月上旬になる見込みだという。

【関連記事】

おすすめの記事