Yahoo! JAPAN

【選ばれし者】猫を飼うのに最適な人の特徴4つ

ねこちゃんホンポ

1. 猫の生活に合わせられる人

猫は気ままなところがあると言われていますが、猫によってマイペースだったり甘えん坊だったりと、性格も様々です。飼い主さんが愛猫ちゃんのことを理解してあげる必要性があります。

愛猫ちゃんが甘えたい気分のときにしっかり甘えさせてあげたり、遊びたい気分のときに遊んだりすることができる人が、猫を飼うのに向いていると言えるでしょう。

甘えたい・遊びたい気分がどのくらい持続するかも愛猫ちゃんの性格次第ですし、1匹で飼うか、複数飼うかでもまた違います。1匹だけのつもりが、ひょんなことからもう1匹お迎えする事態に…ということもあるでしょう。

猫が何匹になっても、1匹1匹にきちんと向き合っていかないといけませんよね。遊ぶペースも違うため、2匹なら猫同士で遊んでくれるだろうと放置してはいけませんよ。それでも飼い主さんと遊びたい子もいますから。

2. 猫を選り好みしない人

猫を飼う人は猫好きな人が多いでしょう。でも、中には「写真映り」で猫を選んだり、ファッションやアクセサリー感覚だったりで飼う人も世の中にはいるようです。こういった人は猫を飼うのに向いていません。猫も生きています。歳も取れば、病気などになってしまうこともあります。そんなときでも猫を受け入れてあげられる人が向いているでしょう。

また、写真を撮るために猫を飼おうとする人は「この子は顔が好みじゃない」など、猫を選り好みする傾向があります。

ある日突然猫をお迎えすることになるときは、顔や柄・年齢を選べないのはもちろん、持病があるかどうかも分かりません。それでも、どんな猫でも受け入れることができる人こそが、飼い主になるのに向いている人ではないかと思います。

3. 優しくおおらかな人

猫は飼い主さんの気を引くために思わぬイタズラをしたり、「しつけ」をしても言うことを聞かなかったりする場合も多々あります。もちろん「危険なイタズラ」は叱る必要がありますが、叱るときも「何で分からないの!」と大声を出したり叩いたりしない人が向いているでしょう。

また、猫は色んなところで爪とぎをしたり、高いところへ行きたがったりします。そんな猫の行動の一つ一つにイライラしたりしない人が、猫を飼うのに向いていると言えるでしょう。

猫の方も、いつも怒っていたり、神経質にしたりしている人にはあまり近づきません。猫の特性を理解し、危険なことには怒らず対策をする方が良いですね。

4. 猫の生涯に責任を持てる人

猫を飼うということは、「命を預かる」ということです。子猫だって年老いていきますし、健康だった子が病気にかかることもあります。病気になれば治療のためにお金もかかります。

金銭面も環境面も、最後まで飼い主さんが面倒を見ることになります。病気になったから、成猫になったから、お金がかかる、旅行に行けない…などの理由で猫を捨てる人もいるのが現実です。

もちろん、普段の生活でも猫のご飯の準備やトイレ掃除など、してあげなければいけないことはたくさんあります。「今日は面倒だから明日やろう!」というわけにはいきません。

猫を最後まで責任を持ってお世話できる人こそが、猫を飼うのに最適な人でしょう。

まとめ

猫を飼うのにも、最適な人とそうでない人がいます。基本的に猫好きであればお世話なども苦にならないはずですが、いざ飼ってみてから「思っていたのと違う」と無責任に猫を手放そうとするのだけはやめましょう。

やむを得ない事情で、猫を手放さなければいけなくなった場合でも、次の飼い主さんを見つけるまでは責任を持たないといけません。

愛猫ちゃんが幸せに暮らせるかどうかは、飼い主さんにかかっています。猫は生きものですが、「物」ではありません。命を預かるからには愛情と責任を持たないといけません。その覚悟で飼うことが必要です。

【関連記事】

おすすめの記事