Yahoo! JAPAN

川崎新田ジム会長 ドイツ人学生と交流 「袴田事件」 聞き取りに対応〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

ドウヘンさん(中央)、古橋岳也選手(左)と一力ジムの栗原慶太選手=新田ジム提供

1966年に起きた強盗殺人事件の犯人とされ、死刑判決を受けた元プロボクサーの袴田巖(いわお)さんの無罪を主張し、活動を続けている日本プロボクシング協会。同会で昨年末まで事務局長を務め、活動を引っ張ってきた川崎新田ジム(登戸)の新田渉世会長のもとを、ドイツ人学生のジェニク・ドウヘンさんが先月21日、面会に訪れた。

ゲーテ大学(フランクフルト市)博士課程の大学院生でもあるドウヘンさんは、事件に興味を持ち、同ジムを訪問。新田会長と対話し、古橋岳也選手のスパーリングを見学した。新田会長は「協会の袴田巖支援委員会では事件を解説した漫画を作り、英語版をネットで公開している。国内外を問わず、関心の輪が広がってほしい」と願いを込めた。

【関連記事】

おすすめの記事