Yahoo! JAPAN

松山英樹プロの優勝に感動…ゴルフ歴47年の私もがんばろう【山田邦子 人生いろいろ】

日刊ゲンダイDIGITAL

優勝した松山英樹と早藤将太キャディー(C)ロイター

【山田邦子 人生いろいろ】#50

マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

 松山英樹プロ、マスターズ優勝おめでとうございました。29歳、日本人初、アジア人史上初、素晴らしい。素晴らし過ぎる。松山出身の松山。ジャイアンツファンでB型は私と同じでうれしい。ボウリングもうまいらしい。

 もともと松山選手は19歳の時に日本人最年少マスターズ予選通過者となり、アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズトーナメントの出場権を獲得しているから、最初から凄かったのだ。そこから10年。長かったのか? 満を持してか?念願の優勝。本当にうれしいニュースだ。

 コースを回っている時もグリーンジャケットを着る優勝セレモニーでも小柄に見えたが調べたら身長181センチ。周りがデカいのだ。ちなみにタイガー・ウッズは185センチ。注目は今回1打差で2位だったウィル・ザラトリスは188センチ! なんとマスターズ初出場で24歳、しかもかなりイケメンで父や祖父はパイロットって、プロフィルもカッコ良過ぎ……話を戻そう。3位のジョーダン・スピースも185センチ。昨今の選手は皆さん大きいのだ。

 凄いパワーでドライバーの平均飛距離は300ヤード超えが当たり前。比べちゃダメだが、私(山田邦子・60歳・アマチュアゴルフ歴47年)などロングホールだと打っても打ってもグリーンに到着しないので“長旅”と呼ぶ。ミドルだって2オンした時は小躍りして記念写真。万が一それが入ってバーディーなら赤飯を炊き、いつまでも自慢するという、恥ずかしいぐらいの下手っPだけど、これでもゴルフは好きで、こんなゴルフファンもいるのでお許しを。時折ぜいたくにもプロと回らせていただくこともあり、ため息が出るようなプレーを間近で見るにつけ、自分とは異次元の人々と思っていたが、今回の松山選手のプレーは凄いんだけど、池ぽちゃやバンカー、木に当たったり、親近感があった。

 プレッシャーで最終ホールで9も叩いたこともある私はテレビの前で手に汗握り応援した。芸能人もゴルフファンは多く、みんな寝不足になりながら今回の快挙を喜んだ。そして極めつきは最後に27歳のキャディーさんが脱帽して一礼。コースに、グリーンに、今日という日に、大会全てに感謝とお礼を。おそらくいつもしているのだろう。自然で、感動的だった。私も道具のせいにしたり文句ばっかり言ってないで、がんばろう。

【関連記事】

おすすめの記事