Yahoo! JAPAN

そのモテテクもう古いかも…!? モテる女性が絶対にやらない“6つのこと”

ウレぴあ総研

数々のモテテクニックが発信されている昨今。「マネしたい」「やってみたい」と感じる情報は多いですよね。

しかし、その一方で「モテる女性がやらないこと」はあまり知られていません。

男性にモテるためには、モテる行動だけではなく、モテるためにやらないほうが良い行動を理解することも重要です。

そこで、今回は男性が放っておかないようなモテる女性が、「絶対にやらないこと」について詳しくご紹介していきます。

モテる女性はコレをやらない! 知っておきたい意外な6つの行動

1: 過去の恋愛エピソードや経験を話すこと

「前に付き合ってた元彼は~」「1年付き合ってた人がいたんだけど~」など、やたらと過去の恋愛エピソードを話す女性は珍しくありません。

しかし、男性にモテる女性は、絶対に自分の過去の恋愛話をしません。

女性の恋愛エピソードは男性にとって、「男性がいた」という現実を感じる話題。恋愛対象として見ていたのに、恋愛エピソードがきっかけで心の距離が離れてしまった…というケースは少なくありません。

また、あえて過去の恋愛を話さないことで、ちょっぴりミステリアスな印象も与えられるでしょう。

モテるための基本は「男性の影を見せないこと」なので、普段から過去の恋愛話を話題にすることが多い場合は注意してください。

2: 朝帰りや深夜の帰宅

友人との飲み会や会社の宴会などでは、遅くまで飲まないのがモテる女性の基本です。

楽しい時間であれば、2次会3次会……と参加したくなってしまうのが本音。しかし、あえて早めに自分だけでも切り上げ、不完全燃焼な雰囲気を残していくことで、男性のなかには楽しかった記憶だけが残ります。

実際、モテる女性ほど飲み会は最後までいないのが事実。また、「終電までに帰る」を徹底すれば、「真面目な女性」「遊んでいなさそうな女性」といったイメージにも繋がります。

男性が求める女性像に近い女性ほど、モテることは当たり前なので、朝帰りや深夜の帰宅はNGといえます。

3: 服装や髪型の定番化

モテる女性は、服装や髪型を定番化させてしまうことがありません。さまざまな系統の服を楽しみ、いろいろな髪型を取り入れるので、男性がいつ会っても新鮮な気持ちになります。

印象をマンネリ化させないことは、男性を飽きさせないことでもあるもの。

「今日は可愛らしい感じだな」「昨日よりも大人っぽい雰囲気だな」など、男性の心をほんの少しでも動かすきっかけを作れれば、男性が放っておかないようなモテ女へと一歩前進です。

4: あえてLINEの返事を遅らせる行為

モテテクニックとして定番になりつつある「LINEの返事をあえて遅らせる」という行為。実は、モテる女性ほどそんな行動はとりません。「メッセージに気が付いた時点で返信する」というスタンスがほとんどです。

あまり知られていませんが、男性は意外にも相手がメッセージの返信をあえて遅らせていることに薄々感づいています。とくに、返事がいつも10~20分遅れるようであれば、「わざとだな」と確信するもの。

戦略的な行動をとっていることは、あっという間にバレてしまうでしょう。また、普段から返事が遅いと、徐々に男性の興味が薄れてしまうといった難点もあります。

一方、モテる女性は即レスが基本。無駄な駆け引きをしていないことに男性が好感を持つだけでなく、男性の興味が薄れてしまうのを防ぐことができるのです。

5: 無理なサバサバキャラ

意外と男受けが良いとして注目を集めているサバサバ系の女性。しかし、モテる女性は自分の性格や個性をよく理解しているので、無理なサバサバキャラを演じることはありません。

モテる女性は「モテるから」という理由でキャラを変更することはありませんし、むしろ自然体でいることがほとんど。

飾らず、カッコつけることもない、ナチュラルな雰囲気が男性を引き付けるのです。

6: 欠点や失敗をひた隠しにする

「モテたい!」という理由で、自分の欠点や失敗をひた隠しにする女性は少なくありません。しかし、実はモテる女性ほど、自分の難点は隠さずにいることが多いです。

たとえば、「仕事のミス」「メンタルの弱さ」「そそっかしい性格」などは、言わずに隠しておきたい部分。しかし、あえて開けっぴろげにしたほうが男性が親近感を抱くことも多いです。

モテる女性は、自分のダメな部分をきちんと受け入れて隠さないことが多いので、親近感を抱いた男性が集まってきます。

「できれば知られたくない」という自分のダメな部分は、思いがけず男性を引き付けることになるのです。

「男性にモテたい」という女性ほど、モテる女性がやらない行動をしていることが少なくありません。

モテるためには、モテテクニックを実践することも大切ですが、「やらないほうが良い行動」を知っておくことも重要です。

気になる男性がいる方や、たくさんの男性にモテたい!という願望がある女性は、本ページを参考にしながら、モテる女性をマネしてみてはいかがでしょうか。

(mimot.(ミモット)/粕谷 麻衣)

【関連記事】

おすすめの記事