Yahoo! JAPAN

コスプレイヤー・すみれおじさん、声優学校に入学!「驚くくらいに演技の質が変わりました」

Pop’n’Roll

コスプレイヤー・すみれおじさん、声優学校に入学!「驚くくらいに演技の質が変わりました」

コスプレイヤー・すみれおじさんが、声優学校に入学したことを発表した。

彼女が入学したのは、東京・秋葉原の『AAAS(秋葉原・アクトレス&アクターズ・スクール)』。アニメ『天地無用!』シリーズや『超時空要塞マクロスII』などを手掛けるアニメ制作会社や『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』や『ヒプノシスマイク』『ソードアート・オンライン』シリーズのCG制作会社などのグループが2018年に創設した声優学校である。

同校は、現役声優らが現場に近い実践形式で的確な演技指導を行ない、テレビアニメのオーディション情報の提供や相談などのサポートも充実している。

初回のレッスンで、すみれおじさんの講師を務めたのは岡本麻弥。『機動戦士Ζガンダム』のエマ・シーン役や『機動戦士ガンダムZZ』のリィナ・アーシタ役で知られる声優だ。

役者としての演技力にも定評のあるすみれおじさんは、岡本のアドバイスを通じて声の表現力も向上。ガンダム声優の指導によって、自身の声優スキルにも確かな手応えを感じたようだ。

岡本らからは“勘がいい”“ヒロイン声もいけそう”という評価を受けた。

すみれおじさんが、自身が声優を務めるキャラクターのコスプレをする姿にも期待したい。

すみれおじさん コメント
声優学校に通い始めたのは、MCスキルというかトーク技術を学びたかったからなんです。私が今コスプレを担当させていただいているネクソンの新作ゲーム『カウンターサイド』で定期的に生配信番組があるんですけど、そこでマフィア梶田さんのアシスタントとしてサブMCをやらせていただいているんです。

ゲームの情報をきちんと視聴者のみなさんにお伝えするためには、私は素人すぎるなと感じたのできちんと勉強をしようと思ったんです。

レッスンは本当に実践を想定していて、OKカットが出るように細かく指導してくださいます。岡本麻弥さんの指導はすごく的確で、短時間で周りの人が驚くくらいに演技の質が変わりました。それに、私の話し方から分析して、私の性格や普段から抱いている悩みや感情を言い当てたんです。まるで魔法使いみたいでした!

これからお勉強しっかり頑張ります!

【関連記事】

おすすめの記事