Yahoo! JAPAN

【夫婦円満】言うこと聞かない夫が変わる!シーン別「即効ワード」

ウレぴあ総研

旦那のひとつひとつの行動にイライラしてしまう…という妻は少なくありません。

例えば、無断で飲み会に行ったり、家ではゲームばかりしていて子どもたちを見てくれないなど、不満に感じることは多いでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないのは「思ったことをそのまま言ってはいけない」です。

この記事では、ギクシャクすることなく、夫が行動を改めるようになる「効果的な一言」をご紹介します。

夫にストレートに不満を伝えると夫婦喧嘩に…

「なんで無断で飲み会に行くの!?連絡くらいできるでしょ!」

「自分の子どもでしょ!たまには一緒に遊んであげてよ」

など、夫の行動にやきもきして、ついついストレートに不満を伝えてしまう妻は多いです。

しかし、ストレートに言ってしまうと、夫も意固地になってしまうもの。

「たまに息抜きするくらいいだろう!」「連絡を忘れていたんだ!」と開き直ったり、「休みの日ぐらいゆっくりさせてくれ」と取り付く島もなくなってしまうこともあります。

そのため、夫の行動に不満を感じたら、慎重に言葉を選んで伝えることが大切です。

夫がみるみる変わる!シーン別「効く一言」

ちょっと注意したつもりが、夫と大喧嘩になってしまったという妻は多いもの。

ギクシャクせずに、夫に注意を促せる一言をシーン別にご紹介します。

ゲームばかりの夫に「パパってゲーム好きなのに子どもの面倒も見てくれるよね」

家ではいつもゲームばかり…という夫に対して、意外にも効果的なのが「褒めること」です。

「パパってゲーム好きなのに、子どもの面倒も見てくれるよね」

「職場にもゲーム好きのお父さんいるけど、子どもの面倒全然見ないらしいよ。パパって珍しいタイプかもね」

など、あえて“子どもの面倒を見てくれている”という前提で褒めることで、夫が子どもに意識を向けやすくなります。

「確かに、俺は結構子どもの面倒を見ているんだよな」と思ってもらえたら、妻の作戦は成功です。

無断で飲み会に行く夫に「連絡だけ入れて、家のことは気にせず楽しんできて」

飲み会に行くことに理解を示すと、夫が「飲み会に行ってくる」と連絡を入れることに抵抗がなくなります。

無断飲み会を決行する夫の多くは「妻に小言を言われるのが面倒」と感じています。最初から「飲みに行ってきて」というスタンスでいれば、夫の無断飲み会はぐっと減ります。

「パパだって息抜きしたいよね。家のことは気にしないで飲みに行ってきて!でも、連絡だけは入れておいてね」と、やさしく声をかけてみてください。

喧嘩しそうになったときは「怒らずに最後まで私の話を聞いて」

夫婦であれば、喧嘩に発展してしまうことは珍しくありません。しかし、なるべくなら喧嘩を回避したい…というのが正直なところでしょう。

そんなときには、お互いの意見に耳を傾け合うことが大切です。

「パパの言い分も分かる。でも、怒らずに最後まで私の話を聞いて」と一言添えるだけでも、状況は大きく変わります。

また、話の途中で夫が口を挟むことも少なくなるため、話し合いが進みやすくなるのです。

やりっぱなしの夫に「さすがにパパでも○○をやるのは無理だよね、疲れてるもんね」

「服を脱ぎっぱなし」「トイレットペーパーを使い切ったまま放置」「電気をつけっぱなし」など、夫の“やりっぱなし”にイライラする妻は非常に多いです。

そんなときは、夫のプライドを刺激する方法で状況を探っていくことがおすすめ。

「さすがにパパでも○○をやるのは無理だよね」

「毎日忙しそうだし、○○できないのは仕方ないか」

と、やんわりとプライドを刺激してみるだけでも意識は変わりやすくなります。

ただし、「パパってこんなこともできないんだね~」と、神経を逆なでしてしまうような言い方はNG。

かえってやる気が減ってしまうため、あくまでも「忙しいもんね」「疲れてるよね」と、いたわる一言を添えることが大切です。

隠し事をしている夫に「後でバレるほうが大変だと思わない?今なら大丈夫だと思うよ」

妻の勘は意外に当たるもの。「夫が何か隠し事をしていそう…」と感じることってありますよね。

そんなときに「何か隠してるでしょ」と詰め寄るのは、あまり良い判断ではありません。

夫も「妻はどこまで知っているのか」を探ろうとするため、腹の探り合いとなってしまい、結果的に真相が見えにくくなってしまいます。

そのため、「白状しやすい雰囲気づくり」を意識することがおすすめです。

「後でバレるほうが大変だと思わない?」「今白状すれば大丈夫だよ」と、漠然とでいいので安心感を与えつつ、夫の隠し事に迫っていきましょう。

「夫のあの行動が本当にイヤ!」「パパのせいでイライラが増える!」など、妻の多くが少なからず夫に対してイライラしているもの。

しかし、イライラをそのままぶつけると、泥沼化してしまうことが多いため好ましくありません。

そんなときには、今回ご紹介したことを参考にしながら、夫をコントロールするくらいの気持ちで接してみてくださいね。

(ハピママ*/粕谷 麻衣)

【関連記事】

おすすめの記事