Yahoo! JAPAN

ニューアーティストが競演する音楽イベント『CLAPPERBOARD -Enjoy the weekend!- vol.9』 ねぐせ。、ヤングスキニーら出演決定

SPICE

『CLAPPERBOARD -Enjoy the weekend!- vol.9』

次の音楽シーンを作りだすニューアーティストが競演するイベント『CLAPPERBOARD -Enjoy the weekend!-』が、8月9日(火)に渋谷クラブクアトロにて開催される。

2021年10月に「Vol.1」がスタート。過去に出演したアーティストは、asmi、Omoinotake、Cody・Lee(李)、小林私、崎山蒼志、竹内アンナ、CHAI、Dios、BREIMEN、PELICAN FANCLUB、マハラージャンなど総勢23組。そして、今回の「vol.9」に出演するのは、クレナズム、ねぐせ。、ヤングスキニー、yutoriの4組となっている。

クレナズムは、‘18年、福岡で結成の大学の同級生4人組。萌映の透明感溢れるエモーショナルな歌に轟音のギター、リズムセクションが融合した、シューゲイザーとJ-POPの邂逅とでも言うべき新しいサウンドを奏でる。TikTokでは#クレナズムで770万回を突破。クボタカイをフィーチャーした初のコラボ曲「解けない駆け引き」はサブスクリプションで200万再生を超え、同曲収録ミニアルバム『Touch the figure』を引っ提げた全国ツアーは全公演SOLD OUT。‘22年1月テレビ朝日『BREAK OUT』で2022年注目バンドとして紹介される。

ねぐせ。は、‘20年8月結成。名古屋発、笑顔がモットーの4ピースバンド。‘21年にリリースしたミニアルバム収録曲「スーパー愛したい」のMVが180万再生を突破。‘22年6月7月と2ヵ月連続新曲リリースが決定し、6月8日配信リリースの新曲「ベイベイベイビー!」は、夏のライブにぴったりの拳を突き上げて歌いたくなる疾走感溢れる軽快元気なロックチューンとなっている。大型夏フェス『OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2022」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』への出演も決定。

ヤングスキニーは、シンガーソングライターとして活動していた「かやゆー。」を中心に、SNSでバンドメンバーを募集し ‘20年8月結成。‘21年にDemo音源を通販すると1分で完売。「世界が僕を嫌いになっても」のMVがTikTokで80万回突破。7 月に新メンバーを迎え新体制にとなり、‘22年2月の初ワンマンライブがSOLD OUT。素直でストレートな言葉で思いや視点を危ういほどにありのまま切り取った純粋で等身大の歌詞と耳に残るメロディーを、かやゆー。(Gt/Vo)、しおん (Dr)、ゴンザレス(Gt)、りょうと(Ba)が物寂しげで中性的な声で歌い上げ、ティーンズの共感と支持を受ける。

yutoriは、声にならない言葉を歌う、関東出身平均18.5歳4人組バンド。2020年12月7日始動。日常に潜む想いや愁いを、古都子(Vo)の激しくも儚い歌声で伝える楽曲が同世代を中心に話題を呼び、4曲のみの配信で楽曲総再生数は500万回を突破。出演イベントは軒並みソールドアウトし、活動開始から1年ながら大型夏フェスのメインステージに出演が決定するなど、急速に頭角を現してきている。

また、本公演より、昨年11月から新代田FEVERにて隔月開催しているニューカマーイベント『BIRTH』との連動企画がスタート。今回、『BIRTH』の第1回目に出演したyutoriが、さらに大きな会場となる渋谷クラブクアトロのステージへとステップアップする。

【関連記事】

おすすめの記事