Yahoo! JAPAN

斉藤和義、NHK『The Covers』で2週連続特集 坂本 九、ジョン・レノンらの名曲カバーや新曲「シグナル」をTV初パフォーマンス

SPICE

『The Covers』

番組MCをリリー・フランキーと水原希子が務め、アーティストが思い出深い名曲を独自のアレンジで届けるNHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』(日曜・夜10:50)。この春から8年目を迎えた同番組の特別企画が発表され、4月25日・5月2日放送回は2週連続で斉藤和義が出演するスペシャル企画『斉藤和義ナイト!』のオンエアが決定した。

『The Covers』には、番組がレギュラー化する前のパイロット版(2013年)に初回ゲストとして登場した斉藤和義。以降、中村達也とのユニット・MANNISH BOYS含めこれまでに4回出演、今回が5回目という番組に縁の深いゲストとなっている。

第1夜では「坂本 九&井上陽水 歌い継がれる名曲を歌う」と題し、世界的な大ヒットナンバー「上を向いて歩こう」、井上陽水 不朽の名曲「東へ西へ」をいずれも痛快なロックアレンジでカバーするという。さらに、浦沢直樹とのコラボレーションによるMusic Videoも話題の新曲「Boy」も届けられる。第2夜は、歌謡界に燦然と輝く「洋楽ヒット曲の日本語詞カバー」を特集。斉藤はデル・シャノンの名曲「悲しき街角」(訳詞:漣 健児)、そしてジョン・レノンの名曲に斉藤和義が日本語詞をつけた「ジェラス・ガイ」を弾き語りで披露。さらに、斉藤和義流のシティポップともいえる新曲「シグナル」もテレビ初パフォーマンス。

4月からMCを務める水原希子は、斉藤との収録を終えて「とても素敵でした。斉藤さんの音楽が大好きですが、知らなかった一面も知ることができて、リラックスもできて楽しい時間でした」と語った。

【関連記事】

おすすめの記事