Yahoo! JAPAN

パルマワラビーを展示 金沢動物園で3頭〈横浜市金沢区・横浜市磯子区〉

タウンニュース

パルマワラビーの「サト」

金沢動物園(金沢区釜利谷東)で現在、3頭のパルマワラビーが展示されている。

パルマワラビーはオーストラリアに生息する小型のワラビー。単独で暮らすことが多く、夕方になると活発に動き出すのが特徴だ。同園には昨年6月、静岡の動物園から「グラ」と「スジコ」の2頭が来園。今年1月には「グラ」の袋から赤ちゃんが出てきて、「サト」と名付けられた。

展示場所の柵の改修などを経て、3月からオセアニア区で一般公開を始めた。同園担当者は「子どものサトは小屋の近くにいることが多いです。当園としてパルマワラビーを展示するのは初めてですので、ぜひご覧いただければ」と話す。

絶滅危惧種の企画も

同園では本日4月29日(木)から5月5日(水)まで、「Savetheanimal〜あなたの知らない絶滅危惧種〜」と題した展示を実施。園内各所に世界の絶滅危惧種に関する展示やクイズが登場する。

問い合わせは金沢動物園【電話】045・783・9100、イベントなどの最新情報はホームページを参照。

【関連記事】

おすすめの記事