Yahoo! JAPAN

NEXT DELIVERY、ドローン運航における複数機運航体制の実運用を年内に実現へ。1対5機を目指す

DRONE

NEXT DELIVERYは、2024年度から1人のリモートパイロットが複数機体の運航・監視できる体制(複数機運航)の試験運航も始めており、今年12月までに1対5機を目指し、実運用すると発表

NEXT DELIVERYは、現在主にレベル3.5にて物流ドローンの運航を行っており、その運航においては、二等無人航空機操縦士(目視内限定解除)以上である「リモートパイロット」が、日本各地の物流ドローンの運航・監視を実施している。

複数機運航の実施をした物流専用ドローンAirTruckを前に河野デジタル大臣と竹中貢上士幌町長

2023年度には、NEXT DELIVERYの本拠地である山梨県小菅村にリモートパイロットが集結し、1人のリモートパイロットが1機体の遠隔運航・遠隔監視という体制で、新スマート物流SkyHub社会実装地域の9拠点での物流ドローン運航を行ってきた。現在までの総飛行回数は1960回、そのうちレベル3.5飛行252回の実績だ。(2024年5月17日時点)

今回、2024年5月19日(日)に、北海道上士幌町において、1人のリモートパイロットが2機の運航・監視をする体制で物流専用ドローンAirTruckによるドローン配送デモフライトを実施した。当日は、河野太郎デジタル大臣も視察に来て、複数機運航について説明も実施したという。

NEXT DELIVERYによるレベル3.5、 複数機運航の説明の様子

河野大臣は実際の複数機運航の様子を視察後、次のようにコメントした。

レベル3.5の運航が実用化されていることを間近で確認した。人口が減っている地域は、今の時点で既に、ドローン配送の技術が必要になっている

この複数機運航が日常的に実現することで、運航がより効率化できると同時に、運用コストの削減が可能となり、ドローン配送の事業化を加速させるという。

NEXT DELIVERY

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 僕が見たかった青空、清涼感あふれる青春グラビアをお届け! 『ヤングガンガン』表紙&巻頭グラビア登場

    Pop’n’Roll
  2. 上西怜(NMB48)、『翠花は少子化担当』の世界を再現! 『ヤングガンガン』巻中グラビア登場

    Pop’n’Roll
  3. 中村舞(STU48)、圧巻の美しさを解き放つドレス姿を披露! 『ヤングガンガン』巻中グラビア登場

    Pop’n’Roll
  4. 会社の敷地でYouTuberが撮影していたので恐怖のドッキリを仕掛けてみた

    ロケットニュース24
  5. 経産省、令和6年能登半島地震の復旧対応等に貢献したドローン企業・団体等に対して感謝状を授与

    DRONE
  6. 東京、6月22・23日に開催される古着イベント3選

    タイムアウト東京
  7. 大竹まこと「パーティーの利益率って98%とかだって」

    文化放送
  8. 【New 電波人間のRPG FREE!】公開されている最新情報まとめ|マルチプレイや新要素の解禁も?

    攻略大百科
  9. すき家がタコライス開始したけど、松屋フーズにもタコライスあるの知ってた? 幻の「ロースかつタコライス」を食べてみた

    ロケットニュース24
  10. 【かまいたちの夜×3(トリプル)】事前情報まとめ|発売日・収録シナリオや追加システム紹介【Switch版】

    攻略大百科