Yahoo! JAPAN

バスフィッシングで本命バラシもニゴイにナマズ【愛知・新川ワンド】

TSURINEWS

水場川でキャッチしたナマズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

3月上旬、愛知県名古屋市北区の新川ワンドへバスフィッシングに出かけた。ポイントを新地蔵川から水場川へ移動して、ニゴイとナマズをキャッチした釣行をレポートする。

新川ワンドの状況

愛知県名古屋市北区の新川ワンドには、午後12時半ごろに到着。ここは1km南を流れる庄内川が豪雨であふれたときに、川の水を新川へ流すための場所で、スロープ下のワンドがポイントだ。

新川ワンドのポイント風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

ポイントを見渡すと、先行者がスロープ下に1人、新地蔵川合流部に1人入っている。取りあえず偏光グラスで水中の様子をのぞいてみると、普段通りでウィードやブロック、水中に沈んだゴミが確認できた。

また水位も悪くなくマッディで、ストラクチャーが絡む場所は最高だろう。ただ先行者でしばらく入れないので、スティンな岸際とウィード周りを探ることにした。

当日のタックル

フラッシュ‐Jのジグヘッドリグ(ナチュラル系)をウィードの中、岸際のすき間へフリッピングしていく。着水したらロッドをシェイクしてローリングさせながら引いてくる。しかし、ギルがチェイスしてくるだけで反応はない。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

バスは痛恨のバラシ

次に新地蔵川合流部に移動。ここは流れが速く、ボトムにはウィードがびっしりと生えていて、ベイトフィッシュも多く魚影は濃い。新地蔵川からクリアな水が新川に流入しているため、その境界にはバスが潜んでいる。

その境界を探ってみると、境界を引いていたルアーが一瞬消えた。ロッドには反応はないが、ラインが横に走る。すかさずフッキングすると、濁りの中から40cmくらいのバスが姿を現した。しかし、足場が高かったため、突然のエラ洗いに反応できず痛恨のバラシ。

ガーグリングに65cmニゴイ

次に新地蔵川へ移動。ここはウィードやブッシュ、橋下のシェードや水路の流入が主なストラクチャー。ここで狙いめになるのは雨で濁りが入ったときが狙いめだ。

さてポイントを見渡すと、ウィードが繁茂しており、何か釣れそうな雰囲気。自作のスピナー(アピール系)を水面直下でガーグリングさせると、何かがルアーを引ったくり、そのままファイト開始。足元まで寄せてくると、65cmのニゴイだった。

自作スピナーのガーグリングにニゴイがヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

水場川でナマズ狙い

その後は反応がなく、北名古屋市の水場川に移動してナマズを狙うことにした。水質はマッディで、水場橋上流は減水傾向。フラッシュ‐J(アピール系)を、水路の流入部と岸際のシェードへピッチング。ルアーが着水したらシェイクさせてローリングで誘う。

北名古屋市を流れる水場川(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

フラッシュ‐Jに60cmナマズ

するとボトムからユラ~ッとナマズが現れ、ルアーを丸のみに。スイープフッキングすると、ロッドが弧を描いた。強引にゴリ巻きして、そのままハンドランディング。キャッチしたのは60cmのナマズ君。

フラッシュ‐Jにヒットしたナマズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

口を開けると、ザリガニがコンニチハしていた。その後は風が出てきたので、午後4時ごろに納竿とした。

ナマズの口の中からザリガニがコンニチハ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

新川ワンドは足場も良く、気軽にバスフィッシングが楽しめる。プレッシャーは庄内川より高めだが、ポイントは広いのでテンポよく探るといい。ただ、足場が高い所もあり、雨の後は足元が滑りやすいので、ライフジャケットは必須だ。

<週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年4月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postバスフィッシングで本命バラシもニゴイにナマズ【愛知・新川ワンド】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事