Yahoo! JAPAN

猫が『身をゆだねてくる』心理5選!安心してるの?それとも構ってほしい?

ねこちゃんホンポ

1. 安心しきっている

警戒心の強い猫が大切な身をゆだねるのですから、相当安心していると思って間違いありません。何をされるか分からない落ち着かない状況だったら、決してそのようなことはしないでしょう。

もし身をゆだねたまま寝てしまったら、警戒心が全くない状態です。それどころか飼い主さんに触れられていることに安心しきっているのです。ここまで信頼されてしまったら、もう裏切れません!

2. 母猫だと思っている

飼い主さんのことを母猫だと思っているが為に、身をゆだねている場合も。きっと甘えているのでしょう。不妊手術を受けた猫は性格が子猫のままになるといいます。

ですから自分を保護してくれる存在である飼い主さんを母猫だと思っても不思議ではありません。そして身をゆだねることも自然の流れだと考えられます。

普段の様子から飼い主さんに向かって鳴く、モミモミするなどの仕草が見えたら母猫だと思われている可能性は高いです。頼り切っている状態ですので、しっかりとお母さんをしてあげてください。

3. 信頼がある

信頼があるからこそ、身をゆだねてきます。もし信頼関係がなければ猫は近づきもしないでしょう。きっと飼い主さんとくっつくことで安心を得ているのです。お互いの体温を感じることでほっとするひと時を過ごすことができるでしょう。

信頼関係で結ばれているのはとても心地が良いのではないでしょうか。猫に信じてもらっていると一緒に暮らすのがとても楽しくなります。ぜひラブラブな時間を過ごしてください。

4. 構って欲しい

構って欲しいというアピールで身をゆだねてくることもあるようです。ドスッと体を投げ出し、分かりやすくその気持ちを伝えてきます。そんな時はナデナデしてあげると喜んでくれるでしょう。

猫から近づいてきてくれた時が絶好のイチャイチャタイムです。思う存分楽しんでください。

5. クッションだと思っている

飼い主さんのことを心地の良いクッションだと思っている可能性もあります。ふわふわの肉布団の感触がたまらにゃい!と身をゆだねてくるのです。これも安心感と信頼感があるから成せる業なのでしょう。

猫のことをクッションにする猫もいるようですので、飼い主さんのことを仲間だと思っている可能性も。気のおけない相手だと感じているからこその行動です。クッション代わりにしても怒らない、そう思っているのかもしれません。

まとめ

今日のねこちゃんより:もも♀ / アメリカンショートヘア / 4.2kg

猫がなぜ身をゆだねてくるのか。そこには飼い主さんとの深い絆がありました。ゆだねられた以上は大切にしてあげないといけません。ここぞとばかりイタズラをすると、呆れられてしまうかも…?

猫が身をゆだねるのはあなただからです。その事実を大切にして行きましょう!

【関連記事】

おすすめの記事