Yahoo! JAPAN

平塚産「はるみ」一面に 市内各地で田植えピーク〈平塚市〉

タウンニュース

平塚産「はるみ」一面に

神奈川県内トップの米生産量を誇る平塚市で田植えシーズンが到来し、現在ピークを迎えている。真田にある古屋忠文さん(72)の水田でも6月2日、平塚産まれのブランド米「はるみ」の田植えが行われ、苗が風に揺れていた(=写真)。

古屋さんによると、今年は5月下旬の寒暖差と雨の影響で苗が伸びすぎたため、一部の苗の上をカットして植えたという。「今年も品質の高いお米ができるように、と思いを込めて植えました。平塚の子どもたちにも、はるみが平塚のお米だということを伝えていきたい」と話す。

「はるみ」は1995年から開発が始まり、2014年に品種登録。「湘南の晴れた海」を由来に名づけられた。つやがあり強い甘みが特徴で、冷めても食味が良い品種とされている。16年と17年には「米の食味ランキング」で最高評価の特Aを受賞している。

市内の田植え作業は6月中旬まで続き、9月下旬から10月上旬に収穫の最盛期を迎える。JA湘南によると、2022年度米の集荷量は1350トンで、前年は「はるみ」の占める割合が8割を超えたという。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 身体張りすぎ!心配になっちゃうジャニーズランキング

    ランキングー!
  2. 今江大地(関西ジャニーズJr.)主演、林一敬(ジャニーズJr.)・河相我聞・酒井敏也ら共演 子母澤寛原作の舞台『新選組始末記』を上演

    SPICE
  3. <愚痴が止まらない義母>夫の苦痛……「聞きたくない」義父の不倫について話さないで【まんが】

    ママスタセレクト
  4. 乃木坂46 齋藤飛鳥、大回顧展<アンディ・ウォーホル・キョウト>展覧会ナレーターに就任!【コメントあり】

    Pop’n’Roll
  5. 中学受験は算数が得意だと有利なのは本当?5年生、夏以降の勉強方法

    エデュナビ
  6. 男性が初めて行った「彼女の部屋」でついチェックしちゃうところ #2「俺は気にするタイプで…」

    ウレぴあ総研
  7. こんなこともできるの?iPhone純正アプリ「メモ」が便利すぎ

    特選街web
  8. コスプレ写真大公開 声優・井上喜久子初の自叙伝エッセイ『井上喜久子17才です「おいおい!」』表紙&特典カード画像解禁

    SPICE
  9. 【クイズ】今月の一枚謎―2022年8月

    ちいき新聞
  10. 幼児の突然のギャン泣きには「無」が有効?現役保育士が描いた漫画に反響

    おたくま経済新聞