Yahoo! JAPAN

ご当地体験ができるお取り寄せランキング!実際に取り寄せてみた

ひろしまリード

(C)HOME

グルメやスイーツなどお取り寄せ人気が高まる中、自宅で楽しめる「ご当地体験」のお取り寄せに、『関西・中国・四国じゃらん』がアンケート調査を実施。
今回、食べ物作りや陶芸など人気のトップ5の中から、ユニークなご当地体験キットをご紹介しました。

◇ご当地体験お取り寄せランキング発表◇

『関西・中国・四国じゃらん』編集部調べ、自宅で「ご当地体験」ができるお取り寄せランキングの結果がこちら。

【じゃらんインターネットアンケート調査】 調査期間:2021年6/18~21/ 対象者:1058名(47都道府県在住20~50代) (C)HOME

「ご当地体験」のお取り寄せでは、必要な道具が一式揃い、箱を開けた瞬間からすぐにチャレンジできる手軽さが人気のポイントみたいです。
このランキングから、気になるものをお取り寄せしてみました。

【第5位 滋賀県】
第5位に選ばれたのは、滋賀県の「お家で陶芸 信楽焼手びねりキット」。

お家で陶芸 信楽焼手びねりキット(5280円・返送用送料別) (C)HOME

滋賀県のたぬきの焼き物で有名な信楽焼(しがらきやき)。

たぬきの焼き物で有名な信楽焼 (C)HOME

その信楽焼の陶芸を、自宅で体験できるキット。
説明書や動画があるので初心者でも安心して体験できます。

早速お取り寄せして、『5up!』のロゴマーク入りの器作りにチャレンジすることに。
先ずはろくろ台に粘土を置き、作りたい作品の形にしていきます。

粘土と粘土のつなぎ目は指でなじませて、消すようにします (C)HOME

竹べらを使って土台となる形に整えたら、次にひも状にした粘土をその上にのせて器の形にしました。
そして、器の中に「5up!」の文字を作って完成です。

小嶋沙耶香アナウンサー (C)HOME

おうちでの作業はここまで。
後は、ろくろ台と一緒に作品を包み、送られてきた発泡ケースに入れて返送します。
約1カ月~2か月後に完成予定。
陶芸教室に来たような体験を味わうことができる体験キットです。

===
信楽陶苑 たぬき村
Tel:0748-83-0126
「たぬき村 おうちで陶芸」で検索
===

【第3位 埼玉県】
続いて3位に輝いたのは、埼玉県の「手焼き煎餅キット 職人気分DX」。

手焼き煎餅キット 職人気分DX(2000円・送料別) (C)HOME

プレーン、青さのり、胡麻の3種類のお煎餅をおうちで手焼きして楽しめるキット。
秘伝の醬油たれが付いており、職人気分で本格的なお煎餅を焼くことができるんです。

(C)HOME

===
せんべいラボ
Tel:0120-676-220
「せんべいラボ」で検索
===

【第1位 宮城県】
第1位に輝いた宮城県のお取り寄せ。その名も「おうちで手作りウインナーキット」。

おうちで手作りウインナーキット(5500円・送料別) (C)HOME

宮城県産の豚肉を使い、こねる・つめる・ねじる・ゆでるの簡単4ステップで、ウインナーを作ることができるキット。

製造元の「伊豆沼農産」に上手に作るコツを聞いてみました。
「しぼり袋を絞る力加減が重要。力を入れないとお肉が前に進んでいかないのですが、力を入れながらも焦らずに、お肉を進めていくのがポイント。」
とのこと。

このアドバイスを胸に、早速ウインナー作りに挑戦しました。
まず、4等分した羊の腸を絞り袋の金具に取り付け、こねた肉を袋に入れます。そして、絞り出します。

綺麗にお肉を絞れました!(小嶋沙耶香アナウンサー) (C)HOME

お肉を絞ったら、好きな本数・食べやすい長さにねじります。

(C)HOME

ウインナーの形ができたら、70~75℃をキープしたお湯で20分じっくり茹でて、おいしい脂がじわっと流れてくる手作りウインナーの完成です。

(C)HOME

===
伊豆沼農産
Tel:0120-77-2986
「伊豆沼農産 オンラインショップ」で検索
===

その他ランキング以外にも、ユニークな「ご当地体験」キットがまだまだありそうです。
初心者からファミリーまで楽しく体験できるものが多くあり、コロナ禍で気軽に旅行しにくい今、「ご当地体験」のお取り寄せでご当地気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

広島ホームテレビ『5up!』(2021年9月21日放送)
ライター:神原知里
※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください。

【関連記事】

おすすめの記事