Yahoo! JAPAN

期待の大型新人・奥平大兼、長澤まさみの息子役に大抜擢で、演技の楽しさ学ぶ

ドワンゴジェイピー

期待の大型新人・奥平大兼、長澤まさみの息子役に大抜擢で、演技の楽しさ学ぶ

「すごく緊張しましたし、演技経験もなくて不安でどうしようもない。もう体当たりで頑張るしかない、という気持ち一つでした」。


人生初のオーディションで見事大役を掴み、映画初出演&初演技で長澤まさみの息子役を演じた16歳。7月3日公開の映画『MOTHER マザー』に出演する奥平大兼は、久々の大型新人と呼べる逸材かもしれない。

2014年実際に起きた殺害事件をベースに、自堕落なシングルマザー・秋子(長澤まさみ)とその息子・周平の歪んだ親子の絆を描く。翻弄されながらも秋子の望みに応えようとした周平のいじらしさを、奥平は初演技ならではのひたむきさで表現している。


オーディション当時は中学生だった。「朝からオーディションがあることを意識しながら行動していたので、その日最後の授業の6時間目は全然頭に入ってきませんでした。これからオーディションがあるんだ…と思うとソワソワしてしまって」と緊張感が高まる。



オーディションに際して、自分に課した課題「セリフを忘れない、セリフを噛まない」をクリアしたものの「緊張のあまり自分をアピールするようなこともできず、自己紹介程度で終わりました。今後の経験としていい勉強になったなと。まさか受かるとは思いませんでした」といまだに信じられない様子。

合格の一報は自宅で対戦ゲームをしている最中に母親からもたらされた。「お母さんがもの凄い勢いで僕のところにやって来て教えてくれました。『なんの話?』という感じで、コントローラーを持っていた手を動かすことすら忘れるほど驚きました。ゲームは負けてしまいましたけど」と笑う。


映画出演に家族や友人も大喜びだったそう。


母親役の長澤まさみの印象は「すごくきれいでした」と目を丸くしながら「学校に通っている時は、男友達とつるむことが多く、家族以外で女性とあまり話す機会がなかったんです。それなのに久々に話した異性が長澤まさみさんって…。最初はどう会話していいのかわからず、長澤さんの言う事に対して『そうです』くらいしか答えられませんでした(笑)」と思春期ならではのリアクション。

そんな奥平が忘れられないシーンは、長澤演じる秋子から頬を思い切り打たれる場面。全国武道空手道交流大会「形」で優勝経験のある奥平だが「急に視界の外側から手が来たので、まったく見えませんでした。本番前のテストではビンタをするふりだったので、叩かれた時は10秒くらい何が起こったのか理解できないくらい驚きました」と女優魂の洗礼を浴びた。


「その瞬間に長澤さんの凄まじい演技から秋子の置かれている状況をリアルに感じ取ることができました。その悲惨さを周平に置き換えたときに気持ちが溢れて、自然と涙が出てきて・・・」と振り返る。


大森立嗣監督が撮影前におこなったワークショップで学んだものの、初めての演技とは思えない自然な立ち振る舞い。本番に強いのは、小学校時代の空手経験が大きい。「撮影に入る前は、空手の試合と同じように目を閉じて深呼吸をしながら軽く体を動かします。空手で培われた集中力のお陰で、スイッチがすぐにはいります」と話す。



インタビューの最後に俳優デビュー作を振り返ってもらうと、「反省点ばかりで自分としては納得できていないですが、演技の楽しさを知りました」と手応えを感じている様子。「友達からは、『おい、周平!』と役名で呼ばれたり茶化されます。友達にも作品は観てもらいたいような。いや、でも恥ずかしかも。うーん…すごく複雑な感覚ですね(笑)」。スクリーンに映る影を背負った少年とは違う、初々しく無邪気で爽やかな16歳がいた。


取材・文・写真:石井隼人


『MOTHER マザー』 

7月3日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

出演:長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花 

監督:大森立嗣 脚本:大森立嗣/港岳彦


【関連記事】

おすすめの記事