Yahoo! JAPAN

BLUE ENCOUNT、新曲「囮囚」がドラマ『ボイスⅡ 110緊急指令室』の主題歌に決定 主演・唐沢寿明らからコメントも

SPICE

BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNTが、7月10日よりスタートする日本テレビ系土曜ドラマ『ボイスⅡ 110緊急指令室』の主題歌を担当することが発表された。新アーティスト写真も公開となった。

2019年にファースト・シーズンがオンエアされ、主演を務める唐沢寿明が勘と行動力で突き進む凄腕刑事・樋口彰吾を演じ、さらに緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかりを演じる真木よう子と初共演を果たすタイムリミットサスペンスとして話題を読んだドラマの第二弾。BLUE ENCOUNTは前作でも「バッドパラドックス」を担当したが、前回に引き続き今回も新曲「囮囚」(読み:ばけもの)を書き下ろし。

さらに、主演を務める唐沢寿明、そしてドラマのプロデューサーを務める尾上貴洋、そしてブルエンの田邊駿一(Vo/Gt)からコメントも届いている。

日本テレビ系土曜ドラマ『ボイスⅡ 110 緊急指令室』


唐沢寿明コメント

BLUE ENCOUNTと楽曲でタッグを組むのはこれが4回目となりますが、今回もドラマに良い意味での緊張感を与え、そしてもちろん盛り上げてくれる、彼ららしい楽曲になっていると感じました。
今回の『ボイスII』も正義と悪が隣合わせで、いつどちらに転がるかわからない、そんな世界観がこの曲からも伝わってくると思います。

尾上貴洋コメント

期待感が上がる不穏なイントロから、疾走感溢れるサビ、一筋の希望を感じさせるラストに向けて一気に駆け抜けるので、ドラマ同様とても起伏が激しいダイナミックな構成になっていると思いました。
主題歌制作にあたり、「ボイス」が大事にしているテイストや、「2」のテーマを事前にブルエンさんにお伝えさせていただいたのですが、今回も見事に表現してくださったと思っています。
歌詞にもこの世界を象徴する深遠なワードがいくつも出てきますので、そこにも注目して、この夏、ドラマと共に楽しんで聴いていただきたく思っています。

田邊駿一(BLUE ENCOUNT)コメント

待ってました。おかえりなさい。
そして、再び僕らの音楽をこの物語の一部にしてくれて本当にありがとうございます。
前作から2年。あの頃から世界はガラッと顔色を変えてしまいました。
解せないことや理不尽なことばかり。こんな事態と時代だからこそ変わらずに巨悪に立向かうECUチームの姿は今まで以上に心を熱くしてくれる存在になると思います。
同じチームとして、僕らも変わらずに一切の妥協なく制作に挑みました。
あなたと、あなたの裏側にいる本当のあなたに贈ります。

【関連記事】

おすすめの記事