Yahoo! JAPAN

手が止まらなくなるやつだ...じゃがりこファンが最も食べたい味が商品化されたよ~!

東京バーゲンマニア

カルビーの「じゃがりこ」ブランドから2021年5月10日、ファンとの共同開発商品「じゃがりこ ガリバタ醤油味」がコンビニエンスストアで先行販売されます。

コンビニエンスストア以外の店舗では2021年5月24日から販売されます。

約1年かけて完成

「ガリバタ醤油味」は、じゃがりこの会員制ファンサイト「あつまれ!とびだせ!じゃがり校」(2021年3月末で終了)の新商品開発プロジェクトから生まれたフレーバーです。

同プロジェクトでは、「じゃがり校」の会員であるファンと一緒に、新しい味の「じゃがりこ」を開発。これまで「カルボナーラ味」や「フライドチキン味」、「はちみつバター味」、「炙り明太子味」などを期間限定で発売してきました。ガリバタ醤油味は共同開発の13品目です。

商品開発にあたっては、ウェブサイトを通して「じゃがりこ」で食べたい味を募集。集まった2922案の中から10案に絞り込み、投票の結果、最も多く支持を集めた「ガリバタ醤油味」に決まりました。

試作品をじゃがり校生に試食してもらい、約300人の意見を反映して改良し、ガーリック、バター、醤油の味のバランスが良く、食べ続けても飽きがこない味わいに仕上げたといいます。

スティックにフライドガーリックチップを練り込み、ガーリックの香りとまろやかなバターの風味、醤油の味わいのバランスが程よく、ジャガイモの美味しさを引き立てるコクのある味わいが魅力。"はじめカリッとあとからサクサク"の心地よい食感も楽しめます。

パッケージデザインやダジャレのキャッチコピー、キリンのキャラクターの名前や設定、イラストも全てファンが作り、約1年かけて完成したそうです。

想定価格は税込150円前後。2021年8月中旬終売予定です。

【関連記事】

おすすめの記事